ハリネズミ乙女、はじめての恋

  • 130人登録
  • 3.73評価
    • (12)
    • (13)
    • (15)
    • (3)
    • (1)
  • 18レビュー
著者 : 令丈ヒロ子
  • KADOKAWA (2016年12月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041042359

ハリネズミ乙女、はじめての恋の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これはすごくいい!もうもったいぶったオススメの言葉や小難しい評価や、そんなあれこれすっとばして、とにかくいい!
    白ハリくんのかわいらしさ、コノカちゃんのいじらしさ、2人のヒミツ、そしてそして星野くんの不器用さ、周りの大人たちのやさしさ。もうどこをどう切り取ってもピュアな愛しか見えない。
    これから大人になる10代に読んで欲しいとも思うけど、それよりも最近あれこれをこじらせがちなオトナたちへ、とにかく読んでみ!といいたい。これ読んで白ハリくんと暮らしたいって思わない人はちょっとそこに正座してもらうからね。

  • ちょっと内気なコノカちゃん
    東京に来て、ペットショップで働いて、大好きなお友だち(ハリネズミだけど)が出来た!
    少しずつどんどん明るくなって 自分の針もなくなって、、、、

    ハリネズミの白ハリくんが かわいくて・・笑ってる顔してるところや、がくっと寝落ちしたところ、自分のイマジネーションで かわいいかわいい白ハリくんを思い浮かべたら楽しかった

    ただ、
    こういう動物と話せる系のお話は大好きだけど現実を考えると少し切なくなる

  • 近年読んだ中で、一番面白かった物語。

    令丈ヒロ子先生の代表作と言えば『若おかみは小学生!』シリーズがあるが、あちらが児童文学的であるのに対し(もちろん、大人が読んでも面白いが)本作は、100%大人向け作品である。

    芸能一家の中で屈折した少女「コノカ」が、相方の白ハリ君(ハリネズミ)と出会い、ひょんなことから舞台に立ち、快進撃を続けて行く。

    笑いあり、涙あり、衝撃のアクシデントもあり、見事な結末まで、コノカの成長が、まっすぐ丁寧に描かれている。

    読後「なんて、いい話なんだ…」と、しばし表紙をじっくり見返した後「なんて、いい話なんだ…」と再び呟いてしまうような、心が満たされる作品。

    『陽だまりの彼女』『魔女の宅急便』『ねこねこ幻想曲』などの作品が好きな方は、間違いなく楽しめる作品なので、是非に。

  • なんだか久しぶりにピュアな心に触れた気がする…。
    ちょっと不器用で変則的だけど、なんだかとても純粋な成長…そう!羽化する感じ。

  • 大阪の芸人一家に生まれたコノカ。でも、性格は地味でおとなしい。家から出たくて、高校卒業したのを待って、東京で一人暮らしをはじめた。
    預金もつき、居酒屋のバイトをクビになり、途方に暮れていた時に出会った白ハリネズミ。
    お金がないコノカにはハリネズミは買えないけど、そのペットショップでのバイトが決まった。

    一生懸命仕事をおぼえて、少しづつ、自信を持てるようになり、生活も少しづつ改善していった。楽しみは、閉店後にハリネズミの白ハリとおしゃべりする事。そう、コノカは白ハリとおしゃべり出来るのだ!頭に響いてくる白ハリの声を、コノカが同じように話すので、腹話術のようになるのだが、白ハリとのおしゃべりは、コノカの秘密だ。

    けれど、コノカが白ハリとしゃべっている所を、盗み撮りされ、勝手にネットに配信されてしまった。そしてそれは、「ハリネズミ乙女」として人気になってしまい…!?



    令丈さんならではの設定。そして、成長物語。

  • 関西というか大阪の芸人一家に生まれた主人公。
    それが、嫌で嫌で、私からみればひねくれた主人公は
    ペットショップのハリネズミと言葉と心を通わせる。

    で、このハリネズミ、白ハリさんは絶妙な関西弁を喋る。
    段々と心をいろんなところに開く主人公は
    やがて芸人に・・・

    で、私の感想は「結局やるんかい!!!」でした。

    もう、なんか、自己顕示欲強いくせに
    振り回されてるフリして
    やることやるんかい!!!という感じで
    ちょっとイライラいたしました。

  • うーんなんか…感想も書けないくらい自分には合いませんでした。すみません…((+_+))

  • 初めて読む作家さんだったけどすごく良かった。子供にも大人にも読んで欲しい。素敵な初恋話。ハリネズミ飼いたいなあ。

  • 大阪の芸人一家に育った嶋本コノカ

    実家にも芸の世界にもなじめず東京に出て一人ぐらしをはじめるが
    人とうまくつきあうことができずにアルバイトをやめ、傷心のなか
    立ち寄ったペットショップで白いハリネズミにくぎづけになる

    コノカにはそのハリネズミの声が聞こえるのだった

    白いハリネズミ=白ハリくんとの出会いがコノカの運命を変えていく

    シャイで不器用な19歳女子が自分をとりもどし自立していく物語
    『若おかみ』シリーズで児童書人気抜群の著者による青春小説、佳品

  • 10代向けの小説なのかな。いやいや、仕事に疲れた大人こそ読むと良い!主人公があまりに健気で途中涙が止まらなかった。

全18件中 1 - 10件を表示

令丈ヒロ子の作品

ハリネズミ乙女、はじめての恋を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ハリネズミ乙女、はじめての恋を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ハリネズミ乙女、はじめての恋の作品紹介

嶋本好花(シマモトコノカ)19才。コノカが大阪にうまく適応できなかった原因は、おばあちゃんの代から続く芸人一家だということ。
関西中の人に、嶋本一家は知られており、そのため「なんかおもろいこと、やってみてや」攻撃にあうことしょっちゅう。その上5つ上のお兄ちゃんが人気漫才師になったことでさらに面倒に。
すっかり誰も寄せ付けない精神的引きこもり高校生になったコノカの夢は、東京に出て、だれも自分と自分の家族のことを知らない中での生活……「匿名生活」をおくることだった。
ドジでお世間知らずのコノカは、居酒屋のバイトもクビ。生活に困っているというのに、ふわふわと夢見ている乙女気質は直らない。
そんな中、通りかかったペットショップで1匹の白いハリネズミに心惹かれる。なぜか、そのハリネズミ……ハリくんの言葉がわかる! しかも大阪弁! 
優しくてピュアなハリくんとは、親友になった。そのペットショップで働き、毎日ハリくんとおしゃべりできる、不思議に充実したハッピーライフだったが……。
ハリくんとの会話を客に目撃され、ツイッターに動画をあげられ、「ハリ乙女」というあだ名が付き、一躍、時の人に。
勢いでハリくんと腹話術師としてデビューすることに! 最初はとまどっていたが、やってみると、芸人一家のDNAが開花。
大好きなハリくんといつも一緒にいられる、大勢の人に喜んでもらえる。いつのまにか暗い女の子でなくなり「かわいいものにかこまれたキラキラした生活をする」という夢もかなった。
満ちたりた生活の中でハリくんとの関係はまるで恋人のように。
しかしハリくんに異変が。病気? 超常現象? ハリ乙女の人気をねたんだだれかの嫌がらせ? 
だがしかし、それはコノカが幼少時代に大切にしていたある絵本と深く関係していた――。
過去の暗い自分から続いている覚めない夢……。
シャイで不器用、傷つくことが怖くてたまらない女の子が、やがて生きることの温かさを知る、涙なしには読めない恋と友情の物語。

ハリネズミ乙女、はじめての恋はこんな本です

ハリネズミ乙女、はじめての恋のKindle版

ツイートする