心霊探偵八雲 ANOTHER FILES 亡霊の願い (角川文庫)

  • 231人登録
  • 3.47評価
    • (4)
    • (21)
    • (21)
    • (5)
    • (0)
  • 24レビュー
著者 : 神永学
  • KADOKAWA (2017年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041042366

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

心霊探偵八雲 ANOTHER FILES 亡霊の願い (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 後藤さんがまだ刑事をしていた頃設定の短編三集。
    八雲と晴香の関係性もそんなに深まってなくて、イチャイチャ成分が少なめ。
    あと晴香ちゃん、こんなに頭の悪そうなこだっけ?という印象を受けた。

  • 基本 晴香ちゃんと八雲くんの二人で進む短編

  • はぁ…良かったw
    ため息出るくらいよかったな。
    八雲シリーズはやっぱ一番好きだな。心霊×推理なんてほんと最高。
    八雲と晴香の恋の行方も見てて楽しいしね。
    今回は短編だったので三つも事件を読めて満足。
    最近、本編の10巻が出たのでそっちも早く読みたいですね。

  • ここまで読んで思うのが、文章上達しない。物語の設定とかキャラがかわいいけど、しみじみ思った。ちなみに他のシリーズや作品(山猫と御子柴)のほうが文章はよく感じるから、そっちは今後も気にかけてみる。

  • 短編で読みやすかったです☆
    当たり前のように、心霊事件を解決しているメンバーの日常が、刑事ドラマのような感じもしますが・・
    本編に戻る前の平和な一時でしょうか?

  • 学祭前の短期間に晴香が心霊現象の相談を次々持ちかけられる。八雲にしてもタイミングが合わなければ霊を見ることができないから、簡単に解決できそうで回り道が多い。にしても晴香を危険にさらしすぎ。さらりと読める連作短編。

  • なんだか本編全然進みませんが、
    いつもの、ちょいちょいお助け八雲さんが心地よいです
    そろそろ、ディープでオドロオドロしい本筋の方も進めてもらえると緩急ついてなおいいんですけどねぇ~

  • このころが1番良かったな。

  • 久しぶりの短編。短編連作だった。サクサクと読めて良かった。でもANOTHERを読むとますます本編が読みたくなる。
    ANOTHERでいつか八雲視点の話も読んでみたい。

  • 短編連作。
    久しぶりの八雲シリーズ、楽しみにしていたのだけど、八雲と晴香ちゃんのいつもの掛け合いが目につきすぎて、もういいよって感じ。
    本編、進まないかな。

  • 学園祭を控えたキャンバスで起こる3つの怪奇現象。
    晴香を通じて持ち込まれる謎を渋々ながら調査する八雲の姿を描いた短編集。

    2017年3月16日読了。
    本編が最終章にかかっている中なので、肩の力を抜いて読める短編集がとても新鮮に感じました。
    本編では、苦悩の多い八雲ですが、こちらでは年相応の青年らしき表情が描かれていて、楽しかったです。
    本編が終わっても、こういう形で続いたら嬉しいですね。

  • 相変わらずのみんなの姿が嬉しい。
    お約束のやりとりの安定感にほっとするというか。
    事件は、切なくも温かい真相だったり、ヒトの身勝手さが際立つものだったりと、様々。
    短編集ということもあってか、全体にあっさりした展開ではあるけど、こめられた思いは浅くはない。
    1作目の「劇場の亡霊」の羽美が好き。

  • 劇場の亡霊/背後霊の呪い/魂の願い/その後

    学園祭間近の大学に現れる霊たち。心残りが解消されただろうか?

  • 「劇場の亡霊」
    呪われたシナリオの謎。
    演出家の性とはいえ、代役を務めた彼女が不憫で仕方ないな…。
    そしてシナリオを書いたという彼は、何故彼女に憑いてしまったのだろう。
    ただその一言を伝えたかったとしても、もう少し何か方法があったのでは。

    「背後霊の呪い」
    彼女に関わると呪われるのは。
    心配だから見守っていたいというのは分からなくもないが、流石にこれはやりすぎだろう。
    彼女を守る為の行動は親だなと思うが、それ以外はな…。
    それだけ彼女の事を想っていたと考えても、ちょっと過保護すぎかな。

    「魂の願い」
    映像に込められた想いは。
    自分たちのやった事を覚えていないというのは、なんだかイジメと似ているな。
    せめて少しでも彼女の事を覚えていて自分たちのした事を悔やんでいたら、彼らも行動に移さなかっただろうに…。

全24件中 1 - 24件を表示

心霊探偵八雲 ANOTHER FILES 亡霊の願い (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

心霊探偵八雲 ANOTHER FILES 亡霊の願い (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

心霊探偵八雲 ANOTHER FILES 亡霊の願い (角川文庫)の作品紹介

その赤い左眼で霊を見て、会話ができる不思議な力を持つ大学生・斉藤八雲。大学の学園祭が間近な季節、晴香は彼に心霊事件の依頼を持ち込む。劇場に現れる霊、背後につきまとう亡霊、呪いのビデオ。その真相とは!?

心霊探偵八雲 ANOTHER FILES 亡霊の願い (角川文庫)はこんな本です

心霊探偵八雲 ANOTHER FILES 亡霊の願い (角川文庫)のKindle版

ツイートする