純情ロマンチカ (21) (あすかコミックスCL-DX)

  • 192人登録
  • 3.44評価
    • (2)
    • (10)
    • (20)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 中村春菊
  • KADOKAWA/角川書店 (2016年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (162ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041042724

純情ロマンチカ (21) (あすかコミックスCL-DX)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【別置/請求記号】 C/726.1/ナ/21 
    【資料ID】 1001012807 

  •  こっちも相変わらずです。

     うさぎさんが、ああなのは、それはそれで面白いんだけど、ちょっと無理があるなぁって思う。
     
     うーん。
     そろそろこういう世界に飽きてきたのか、自分。
     って、こういう世界の長く続いている作品って実際滅茶苦茶難しいのだと思う。
     リアリティは望まれていないのだろうけど、あまりにもリアルからかけ離れてくると、おいおいってなるしね。そのさじ加減が難しい。

     で、ちょっと無理してるように感じます。
     出版社の大人の事情でしょうかね。
     
     ああ、あと変に合本出すのはやめてくれ。
     間違えて買いそうに…つか、買ってしまったのがあるのだ。
     やれやれ。

     出版業界、苦しいのはわかるけど、目先をだますようなことをやってては、結局は衰退のベクトルから外れることはできないんじゃないかなぁ。

  • アニメイト限定ペンケース付
    色鉛筆付

  • ウサギさんとウサギ兄、小さい頃が可愛かったです。2人とも大人に振り回されて切ない子供時代だったんだね。ウサギ兄にも幸せがくるといいのにと思った。うーん、ラスボスはやっぱりウサギ父なのかな… と。美咲とウサギさんは相変わらずで展開的には進んでいませんがw 今回の純情ミックスは『誕生日』私はやっぱり野分とヒロさんが好き♪ クマパークで美咲にウサギさんの事を頼むと言ったヒロさんにはグッと来たよ。

  • ★3.6
    エゴイスト組と遭遇して、美咲と上條が初めて会話してたのが、やっときた!って思った(笑)リンク作ならではな感じで良かった!もっとこういうのやってほしいー。お義姉さん2人の関係気づいてるっぽいな〜今後の伏線かな。最後のミックス、色んなカプ読めて面白かった〜。

  • 大ベストセラー作家『宇佐見秋彦』と、その親友の弟『美咲』がカップルでなんやかんやの大騒動。

    CD付きの番外編もアリ
    (ちなみに10巻限定版は『DVD』つき)
    大笑いのBLです。
    中で『ロマンチカ』『エゴイスト』『テロリスト』と3カップルが出てきます。
    誰が良いとか…もぉ、メチャ笑えます。
    でも、11巻では『エゴイスト』が在りません…悲しい。
    ウサギさんと美咲の間に水樹割り込みです。
    12巻でも『エゴイスト』メインは一作。ミニマムで『エゴイスト』過去編載ってます。この巻Lastエロいです…。
    13巻、ついに美咲キチンと気持ちを伝え始めてます。
     新たに伊集院という漫画家登場でウサギさんちょっと嫉妬。
     #23話に、美咲が大学一年の時のウサギさんの誕生日という思い出。
    『エゴイスト』の忍の想い、宮城にストレートに伝わって、Lastは嬉しかった。
     美咲も大学4年になって就活してます。とりあえず 編集バイト→就活 始めました。
     就活問題終了の14巻、無事美咲は第一志望へ入社決定。
     これから波乱?
     そして『世界一初恋』とリンク。
     なんだかラブラブ度が高いんですけど・・・。
     エゴイストも1話載ってます。激甘な展開。
    15巻で美咲ウサギさんに『しっとして欲しい宣言』してるし・・・
     なんかもぉ、このまま波瀾万丈ではなくて落ち着いて欲しいのは私だけ?
     ま、ちょっかい出して来る人は二人程増えたけど・・・
    16巻で、ついにウサギさんにライバル登場。
     美咲がファンな漫画家伊集院先生なんだけど、どうにも美咲が欲しいらしい。
    17巻、美咲の誕生日とウサギの授賞式。式の後で美咲と鎌倉デート。
     鎌倉で取材に来てた伊集院。美咲に告白の結果を聞き出す。
     美咲はNOと突きつける。
     が、何故か逆に気に入られてしまった…
     最大の難関がやってきた。
     美咲一人暮らし計画。
     ウサギも美咲も離れて暮らしたくないのに。
     『ミステイク』入ってます。可愛過ぎ♪
    18巻、いきなり夏祭りから始まります。
     ウサギさんの気合いの入り方がハンパない…
     美咲、ようやく理解したらしい。男にしかモテないと。
     そして一人暮らし計画を伊集院に聞かれ。
     兄にも心配され。
     それでも、美咲はウサギさんと離れたくない。
     ウサギさんの言動、行動がドンドンハッキリして。
     美咲はそれを受け入れてるんだけどねー。
     薫子さん帰国。伊集院と直接対決。
     オマケ的にテロリスト載ってます。
     なんで周りは美咲にちょっかい出すのだか…
    19巻で美咲グルグル。相変わらずの美咲。ブレない。
     薫子に『冬彦おじさまに負ける』と言われ戸惑う美咲。
     一人で悩んで…。ウサギ宅に伊坂登場。
     伊坂に話を打ち明けるが、伊集院とウサギの直接対決第二弾。
     相変わらずド直球のウサギの言葉、行動。
     素直になれれば美咲も救われるんだろうけどなぁ。
     テロリスト載ってます。マグカップ編。
     忍のいじらしさを可愛く思う…。
    遂に20巻。
     美咲の就職内定、卒業間近な中での決断。結論。
     ウサギの『俺を置いてけぼりにするな』は秀逸。
     純情ミックス〜エゴイスト・テロリスト・ミステイク・ロマンチカ〜
     の短編が載っています。
    21巻。
     ウサギの幼少時代の話がチラホラ。
     美咲的にウサギの過去を上書きしたいと思っている。
     純情ミックスで全ての短編あり。
     美咲、一人暮らしはしたくないんだろうな…
     


    最終的にどーするつもりだ?
    勿論ハッピーエンドだよねぇ?
    だけど…ちょいと長すぎやしませんか??

  • 20巻で、おそらく最大の敵であろうウサギ父が登場したので何かしらの目立った展開を迎えるのかと思ったが、今回は父が出てこず大きな進展は特にない。その代わり、本巻ではウサギ兄やウサギの幼馴染である上條が登場し、二人の味方がいることを本人たちに認識させた。二人の今後がハッピーエンドだと信じたい一方で、ウサギ父や美咲兄という障害をどう乗り越えていくかが気になる。

  • 相っ変わらず進展がねえ〜〜!!!!!

    びっくりするほど進展がなかった。本当になかった。伏線のようなものはいくつか出てきたけど前々から引っ張ってきた伏線をさらに引っ張った感じ。

    上條がついに美咲を宇佐美の同居人と認識したのが1番の進展?(今更感は否めない)

    巻末の純情ミックスも良かったけどどのカップルの話も同じ話繰り返してるように思えてしまった。
    次こそ進展があるのではと毎巻楽しみに待つけど、もうそろそろ潮時かもしれない…

全8件中 1 - 8件を表示

中村春菊の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

純情ロマンチカ (21) (あすかコミックスCL-DX)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

純情ロマンチカ (21) (あすかコミックスCL-DX)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

純情ロマンチカ (21) (あすかコミックスCL-DX)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

純情ロマンチカ (21) (あすかコミックスCL-DX)を本棚に「積読」で登録しているひと

純情ロマンチカ (21) (あすかコミックスCL-DX)の作品紹介

卒論に追われる日々を送る美咲は、息抜きにと宇佐見の勧める酒を飲んで目が覚めると、宇佐見家別荘に拉致られていた…。そこに宇佐見兄・春彦が偶然訪れて…? 「純情ミックス」&描き下ろしも収録!!

ツイートする