ずうのめ人形

  • 146人登録
  • 3.97評価
    • (14)
    • (31)
    • (16)
    • (0)
    • (0)
  • 37レビュー
著者 : 澤村伊智
  • KADOKAWA/角川書店 (2016年7月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (398ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041043554

ずうのめ人形の感想・レビュー・書評

  • おもしろかったー。

    最初はリングのとか残穢のくだりがあったので、親近感がわいた。映画化するとしたら、やっぱりリングみたいな感じになるんだろうか?

    澤村伊智さんの作品は初めて読みました。長編?ですがすらすら読めて、物語に引き込まれますね。
    すらすら読み過ぎて、最後の叙述トリックを見破れず。ずいぶんと考えずに読んできたんだなと思い知らされました。

    りぃさんが実は、いーくんはゆかりちゃんに〇〇してたとか。覚えていないからたちが悪いですね。

  • 都市伝説と「リング」を掛け合わせたエンタメ要素の強いホラー。
    作中にある小説をはさみながら物語は進んでいく。
    その謎の小説の先をもっと読みたい…と思うところでパッと現実の時間に戻される。
    あぁ、もどかしい…けどそこがいい!
    後半はしっかりホラーだけど、途中までその作中の小説と死との関係性を探るあたりはミステリーっぽい。
    助かる方法は見つかるのか。
    後半ふいに登場してくるあのかたについては、叙述トリックですよね。
    騙された方は多いはず。思わずページを戻して確認してしまいました。
    綾辻さんの書くホラーのようなプロローグも良い。
    2作目まで読んで確信。私この人の作品好きです。

  • なんと「ぼぎわん」の彼らがまた活躍(?)してる。シリーズなのでしょうか、嬉しくなって高評価です。でも今回は霊障の本体が不可解で、イマイチ納得がいかない(のがホラーなんですね)。私はホラーが苦手なのでオカルトの世界に造詣はないのですが、澤村伊智さんの作品は帯でも書かれていますがホラーというよりエンタメなので楽しめます。本当のホラー好きさんには物足りないかもしれません。登場人物たちが魅力的で、そうきたか!という過去との繋がりも意外性があって面白かった。キリカも手元にあるので頑張ります。

  • 冒頭の部分の「?」が、読んでいくにつれて分かってくる。二度読むと、さらに戦慄がはしる不思議な作品。
    前作『ぼぎわんが、くる』に出てくる人が登場していて、前作のファンも楽しめる内容だった。

  • 自分の思い描くホラー小説とはかなり違うけど、エンタメとして読めば、面白い。気がつけば100人以上死んでた。そんな人が死ぬ小説って清涼院さんかこの人しか思い出せないわ。

  • ひたひたと忍び寄る 市松人形を想像しちゃうと 夜中に読んでしまうと 怖くて べそをかきそうになります 読んでるこちらが どんどん先読みして怖くなるので そこをうまく使って 最後の どんでん返しがくると ええええ とびっくりして 読み返すことになります

  • ポイントを外さない上手さがあるというか、
    読み手の期待を裏切らないところが魅力だと思う。

    都市伝説、不幸の手紙的拡散の恐怖、
    リングという読み手が必ず読んでいるであろう作品の
    をうまく本歌取りする手法。

    ホラーとしての怖さというより、
    小説としての伏線回収やストーリー展開をとったというか、
    怖がらせることに特化していないところはあるので
    そこは評価が分かれるところかも。

  • 当り。キリカも読みたいです。

  • ぼぎわんの作者、澤村先生の書き下ろし二作目。
    ぼぎわんから引き続き野崎さんや琴音さんも出演。
    ずうのめ人形の怖さは勿論のこと、人間の恐ろしさがとても表現されていたな~と感じた。
    次の作品も期待大♪

  • ぼぎわんが、民俗的怪異なのに対し、本作は都市伝説と呪いによる怪異。先入観のまま読み進めて、作者の思惑にキレイに引っかかったと思う。

  • 読了、80点

    ***
    不審死を遂げたライターが遺した原稿。オカルト雑誌で働く藤間は、作中に登場する「ずうのめ人形」という都市伝説に惹かれていく。読み進めるごとに現実に現れる喪服の人形。迫り来る怪異を防ぐため、藤間は先輩である野崎に助けを求めるが―はたしてこの物語は「ホンモノ」か。
    BOOK」データベースより
    ***

    『ぼぎわんが来る』を読みその流れで続きも読んでみました。
    作中作で語られる小説に出てくる都市伝説が呪いを発揮し登場人物を襲う、話が進むにつれて作中作の小説の中身が明らかになり、その結果登場人物たちを惑わすという展開が非常に上手い。
    やや冗長ではありますが、それもきっちり伏線になっているので読み終われば納得の構成でしょう。
    また前作と比較して、理不尽なものに襲われる恐怖や都市伝説の解説などは同じように面白いですが、
    解決のプロセスが非常にすっきりしていました。

    気に留めておきたい部分としては叙述トリックを使っている点で、使い方自体は十分上手いのですが、
    これしか書けない作家さんにならないだろうか、そして今後同じ方向で文体が上手くなっていくならこれよりも後の作品を読んだ方がいいのではと不安になる点でした。

  • 今度の怪異はあなたの手の中に――嗤い声が聞こえたら、もう逃げられない。

    オカルト雑誌で働く藤間は、同僚から都市伝説にまつわる原稿を託される。それは一週間前に不審死を遂げたライターが遺したものらしい。原稿を読み進め「ずうのめ人形」という都市伝説に触れた時――怪異が、始まる。

    怪異よりも人間の怖さの方が中心だったし、前半はメタっぽくオカルトについて話してたからわりと全体的に冷静に読めた。里穂可哀想に、幸せになってって思いながら読んでいたのに!違和感はあったけど気がつかなかった。野崎くんはめちゃめちゃ仕事してた。今回は琴子さんの出番なし。これほど被害出た怪異なのに大元が死ねばそれでオッケーっていうのはちょっとあっさりしすぎていたような。それにしても藤間くんは……。あと公式サイト!!!

  • 最後まで、怖面白かった。呪いの怖さはもちろんのこと、前作同様、人の心の闇も恐ろしいね。けど、関係のない人がいっぱい亡くなるのは、なんとも・・・です。

  • 『ぼぎわんが、来る』で日本ホラー小説大賞を受賞した澤村伊智さんの2作目。
    〝ぼぎわん〟といい〝ずうのめ〟といい、なんて凄い言語感覚なんだ。オノマトペ的に何かを象徴していそうな、また民俗学的な謂れさえ語れそうな、絶妙な〝音〟の並び。
    脳の表面をザラリと撫でられたような不快感を醸す、この濁音混じりの四文字造語! もう不吉な予感しかない!!

    タイトルへの期待通り、物語の運び方も不気味でスリリング。作られた都市伝説であるはずの〝ずうのめ人形〟が、徐々に近付いてくる恐ろしさはワクワクもの。
    非常に文章力が高く、空気のように自然なので、まったくストーリーを遮らない。これも凄い才能だと思う。
    強いて言うならラストかなぁ。ちょっとオチが付きすぎた気もする。

  • 前作「ぼぎわんが、くる」の反転具合が好きだった。
    この人の作家性はホラーというより
    扱ってる素材がホラーの
    ミステリーと捉えている。

    今回もホラーと言うジャンルを「メタ」的に扱っている。

    ホラーが世の中にどう認知されているか
    ホラーが好きじゃない人の愛のない感じ
    オタクの傷の舐め合いなど

    客観的なホラーの立ち位置を示した上で【呪怨】が[オールドスタイルの呪い]きたらどうなるかという命題にキチンと答えている。

  • 前作「ぼぎわんが、くる」と同じく「やってくるモノ」に、チェーンレター的な「不幸の伝染」を加えた、作者二作目の作品。

    オカルト雑誌編集部、そのライターなど、オカルトの達人らを登場させ(それにも仕掛けがあるのがニクイ)、彼らに語らせて都市伝説について考察してみたり、有名ホラー作品のガイド的部分も盛り込んでみたり、ちょっと三津田信三っぽい手触りもあり。
    が、その中では「リング」という他者作品をかなり濃いめに利用していてちょっと邪道感も感じます。
    口裂け女ほどには貞子は浸透していない気がするので、「貞子!貞子!」と揶揄われることのひどさも、「リング」を知らない人には入り込めない点かも。

    とはいえ、ラストで今までの思い込みをひっくり返されるような展開は面白かったし、比嘉姉妹の設定もシリーズならではの楽しみがあったし、人間の屑も屑要素が高くて良かったです。
    決着は派手。それゆえか、作品全体が映画の脚本っぽいなとも思いました。

  • 此の手の話は終わりをどうするかが非常に難しいと思うのだけど、個人的にはスッキリできて良かった。
    物語かなり後半でえ!?となって読み終わってすぐにまた最初から読んでしまった。
    色んな伏線が張られていて、気付いたもの読み飛ばしてたものが後半になってぐわっとまとまったのが面白かった。

  • 2017.1月 再読 
    やはり面白い!
    私は本は「図書館派」ですが、もゥ澤村ファンを名乗って、2冊購入(これとデビュー作の2冊です)しちゃおうかと思うほど気に入りました。(単行本でないかな?)
    もしかしたら、暇な長期休暇とかに、図書館でまた借りて読んじゃうかも。

    でも、昔のベストセラーホラー「リング」を知らない人は楽しめないかな・・・、
    あと、澤村氏の前作でデビュー作「ぼぎわんが、来る」を読んでから読むのがおススメです。
    あー面白かった♪
    この方のホラーのイイところは、怖くて怖くて面白いけど、引きずらないところ。
    実話怪談系は「もしかしたら自分の身のまわりにも・・・」とか思っちゃったら夜中にトイレに行けなくなっちゃうけど、澤村さんの本は、怖くて面白いけど、ちゃんと夜中にトイレに行けます(/ω\)
    おススメよ~♪
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ぼぎわんが、くる。を読んでから、ずっと次回作を楽しみに待ってました♪
    なかなか図書館に入らなくて、購入しようか迷いつつ・・・。
    ようやく、図書館の蔵書になったので、予約して借りました。

    うんうん、好き♪
    ・・・予約していた本がいっぺに来てしまい、ざざっと読んだあと、
    もう一度読みたいなあ。と思い。
    返却して、もう一度予約しました。

    再読したら、改めて感想かきます。

  • 後半久々一気読みした。どうして?って思うところもあるけどそうだったか!で色々やられた。

  • ぼぎわんほど怖くはなかったけどサクサク読めて面白かった。

  • ぼぎわんの作者。
    ぼぎわんが非常に面白かったので、新作も図書館にて。
    怖さに関してはぼぎわんのほうが怖かったと思うのだが、バケモノニたいする絶望感はコッチの方が断トツかな。
    何しろ結局なすすべがなかったわけですから。
    ホラーというよりもミステリー色が強い感じでなかなかに面白かった。
    野崎&真琴コンビはシリーズ化していくのかな?
    次回作も非常に楽しみである。

  • 長尺で、怖さがなくなっていった。もっと簡潔に。

  • これでもかというほどの、鉄板都市伝説ホラー。こういうの大好きなので、もうたまりません! としか。ホラーに関するネタがいっぱい出てくるのも、ホラー好きには楽しいポイントです。
    不気味な都市伝説「ずうのめ人形」の呪い。タイムリミットが迫る中、呪いの正体に立ち向かう、というお約束な図式だけど、これにはらはらさせられっぱなし。じわじわ迫りくる人形、というのも怖いし、それでも呪いの正体がはっきりしない、そして制御不能、という状況もまた輪をかけて怖くて。
    作中作の原稿にも引き込まれます。そしてラストで明かされる、原稿に隠された真実はある程度分かったのだけれど。まさかあの人が……という驚き。そして引き起こされたとんでもない惨劇に絶句。よりにもよって五十二階って……!

全37件中 1 - 25件を表示

ずうのめ人形を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ずうのめ人形を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする