光降る丘 (角川文庫)

  • 13人登録
  • 3.75評価
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 熊谷達也
  • KADOKAWA/角川書店 (2016年5月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (450ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041043585

光降る丘 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 宮城県にある実在する市をモデルに描かれた一冊。
    戦後、地区を開拓した祖父、
    二代目 三代目と続く父親、息子の話。

    開拓一世になる祖父たちのなんと力強いことか。
    東京生まれ東京育ちの私には想像もつかないけれど、
    自らの手で生活を築き上げてきた主人公たちは
    想像以上に、一日一日を丁寧に生きていってるのだろうな。

    震災を受け、遭難した祖父を救出しにいくシーンでは思わずウルっときてしまった。

    やはり日本に住んでいる以上は、地震や其の外の災害は避けられないのだな、と再確認。

  • 2008年6月14日に発生した岩手・宮城内陸地震で大きな被害を受けた栗原市耕英地区を舞台にした祖父と父親と息子の三世代を描いた物語。

    岩手・宮城内陸地震の翌年から東日本大震災を挟んで連載された物語は、多くの被災者に希望の光と生きることへの勇気を与えてくれる内容だった。直下型の地震に見舞われ、苦闘する父親と息子の現在と、祖父の開拓民としての苦難に満ちた過去が交互に描かれる。

    開拓移民団として満州に渡った大友耕一は苦難の中、日本に引き揚げ、栗原市の共英地区に新たな開拓の地を求めるが…

    ここからは蛇足。

    あの日は土曜日だった。下から突き上げるような大きな地震にベッドから飛び起きたのを覚えている。自分の被害の大きかった栗駒山から離れていたので停電にはならなかったが、新幹線が止まり、高架橋から乗客が避難するのを目撃した。次第に明らかになる地震被害の大きさ、馴染みのある厳美渓から栗駒山に向かう道路の橋が落橋した姿に驚いた。その3年後にまさかあのような東日本大震災が起きるとは全く思っていなかったのだが、岩手・宮城内陸地震をきっかけに水や食糧などを家に備蓄したことを覚えている。

  • 本作の単行本刊行年月から東日本大震災の話と思っていたら、モチーフになっていたのはその3年前に発生した宮城県内陸地震の模様。

    その後の震災(東日本と熊本)の印象が強くてすっかり記憶から抜けていましたが、本作を読んであのときのニュース映像などを思い出しました。

    そうした現代の地震を題材にした話と思って読んでいたら、第二章で唐突に昭和初期、満州開拓の話になったので、少々戸惑いました。

    智志とその祖父耕一が、それぞれ現代パートと昭和初期パートの主人公として交互に話が展開されるのですが、地震の話が軸と思っていたので、祖父の宮城県での開拓の話は必要?と思いながら読んでいました。

    しかし、読み進めていくと祖父のパートは救助対象者の個性深堀の為にあるのではなくて、被災した人たちがいかにその土地に根ざして生きているかを表したかったのでは、と思うようになりました。

    最終章で智志が地元で生きていく決意を新たにするところ。耕一にいたってはさもそれが当たり前のように山に戻る話をする場面を読んで、特にそう感じました。

    あとがきの最後に、それを書いている最中に熊本で地震が発生したことが記されていますが、タイムリーなことに熊本でのボランティア活動の帰りに本作を読了しました。熊本の町で倒壊した家屋を見るたびに、ここに住んでいた人たちも智志や耕一と同じ気持ちなのだろうかと考えてしまい、胸が苦しくなりました。

    宮城県在住の作者としては様々な対策において、地元に住まう人たちの気持ちを優先してほしいということを訴えたいのかな、とふと思いました。

全3件中 1 - 3件を表示

光降る丘 (角川文庫)のその他の作品

光降る丘 (角川文庫)の詳細を見る Kindle版 光降る丘 (角川文庫) 熊谷達也
光降る丘の詳細を見る 単行本 光降る丘 熊谷達也

熊谷達也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湊 かなえ
有効な右矢印 無効な右矢印

光降る丘 (角川文庫)の作品紹介

「汗と土が生んだ、こいつが俺らの宝石だ!」2008年6月14日、栗駒山中腹の共英村は凄まじい揺れに呑み込まれた。崩れる山、倒壊する家々、故郷の危機に胸引き裂かれる智志。そして祖父・耕一が行方不明に……。いつ終わるともしれない捜索活動の中、智志を奮い立たせたのは、かつて祖父が話してくれた、戦後開拓時代の物語--シベリアからの帰還、開拓初期の苦難、仲間の死、はじめて電気が灯った日、起死回生のイチゴ栽培……土と汗と涙と、笑いに満ちた「あのころ」のパワーが「いま」を明るく照らす、あたらしい日本の成長物語!執筆途中に3.11を体験した著者が世に問う、現地にいたからこそ描ける、復興にかけた人々の汗の結晶の物語。

ツイートする