異世界居酒屋「のぶ」 (3) (角川コミックス・エース)

  • 136人登録
  • 3.86評価
    • (7)
    • (16)
    • (12)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
制作 : 蝉川 夏哉  転 
  • KADOKAWA (2017年2月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041044261

異世界居酒屋「のぶ」 (3) (角川コミックス・エース)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ある不人気な魚を日本風に調理することで、お昼の名物を手に入れた「のぶ」。そんなある日、店に市参事会の議長でもある商人・バッケスホーフが現れた。彼は、店を丸ごと手に入れようと様々な画策し始め…!?(Amazon紹介より)

  • 原作が小説で、コミカライズされて作品です。異世界に繋がっちゃうっていう設定がすごく面白い!昔のドイツあたりが舞台なのかな?出てくるお料理もすごく美味しそうでお腹がなりますw日本料理が魔法の料理みたいに毎回驚いているのがちょっとほっこりする。ウナギの話だとかビールの話が個人的には好きです。

  • 友達より。

    ラガーの件でどうなるかと思ったけど、色んな人の影での働きがあったりして心がほっこりした。食べ物ものかと思いきや、意外と人情もの。
    面白いな~。
    今回はナポリタン!が食べたくなった。

  • 異世界に通じる居酒屋のぶで、エールじゃなくラガーが出されていることが違法だと発覚する。のぶを守るために色々な人が動いてくれるが…
    うなぎやサラダなど今回も面白かった。

  • 今回も相変わらず美味しそうなお料理、ビール!!
    うなぎが食べたくなってきましたよ。そのほかにも串揚げや鮭茶漬け、どれもお馴染みの料理なのにどうしてこんなに美味しそうに見えるんだろう(笑)

    「のぶ」の危機に、常連さんたちが必死で店を守ろうとしてくれる姿に思わずウルッと。
    大将としのぶちゃんはそういう関係性だったんだ。
    今後2人も何かしら進展がありそうですね。

  • うなぎはよいぞ。おいしいものは国を救う。のぶ始まって以来の大ピンチも常連さんたちのチカラで無事乗り越えられたのがうれしい。ゲーアノートが夢にまでみた厚切りベーコンのナポリタンいいなー。どんどんのぶが影響力の大きなお店になっていくね。

  • 絵の巧さも料理とストーリーの絡め方もピカイチ。また料理がうまそうでなあ。

  • コーヒーブレイク本。

    異世界にある居酒屋「ノブ」の料理に舌鼓を打つ異世界の客と料理を描くグルメファンタジーComic第3巻(2017/02/04発行)。

    お客に出すのも失礼だと言う賄いが鰻の蒲焼きに鰻重とは...
    それにしても、異世界の先帝にも認められる居酒屋「ノブ」のタイショウの料理、恐るべしと云うところでしょうか;

全8件中 1 - 8件を表示

ヴァージニア二等兵の作品

異世界居酒屋「のぶ」 (3) (角川コミックス・エース)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

異世界居酒屋「のぶ」 (3) (角川コミックス・エース)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

異世界居酒屋「のぶ」 (3) (角川コミックス・エース)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

異世界居酒屋「のぶ」 (3) (角川コミックス・エース)の作品紹介

ある不人気な魚を日本風に調理することで、お昼の名物を手に入れた「のぶ」。そんなある日、店に市参事会の議長でもある商人・バッケスホーフが現れた。彼は、店を丸ごと手に入れようと様々な画策し始め…!?

異世界居酒屋「のぶ」 (3) (角川コミックス・エース)のKindle版

ツイートする