GOSICK RED (角川文庫)

  • 144人登録
  • 3.62評価
    • (5)
    • (5)
    • (9)
    • (2)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 桜庭一樹
  • KADOKAWA (2016年9月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041045954

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
桜庭 一樹
恩田 陸
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

GOSICK RED (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 舞台はニューヨーク! 超頭脳“知恵の泉"を持つヴィクトリカは探偵事務所を開くが、そこに闇社会のボスから危険な依頼が舞い込み――。新展開を迎えた、ダークでキュートな大人気ミステリシリーズ、待望の文庫化!

  • 前までのシリーズと舞台とかが違うので最初少し違和感がありましたが、2人の会話とか読んでると懐かしい感じがしたし、入り込んでいけました!

  • 普通。ちょっと未消化な感じ。
    新しい印象的なキャラはない。
    旧大陸編のゴシックな雰囲気と、学園ものの良さ・・・それは消え去った。

  • NYを舞台にギャング連続殺人事件の捜査を依頼され、そこから大きな嵐に巻き込まれていく。

    前作まで全く読んでいませんが、普通に話に入っていけました。
    ヴィクトリカと久城の関係性が見ていて微笑ましい。
    フーヴァーも二人の関係性もこれから楽しみ。
    前作も読もうかな。

  • 献本でいただいたので読了。
    以前のシリーズをまったく読んでいませんが、なんとなく関係性はわかりました。
    古き良きアメリカ、クラークケントがいそうな新聞社が舞台でした。
    クライマックスこそドキドキしましたが、殺人事件については推理するまでもないです。
    続きが気になるっちゃあ気になる・・・かもしれない。
    むしろ前作の方が気になるかもしれない。

  • 世界一キュートで博覧強記な名探偵、でも相棒の一弥に迷惑かけまくり・・・のヴィクトリカがニューヨークにやってきた!禁酒法下の街にはジャズの音色が響き、危険な銃声も轟く。ヴィクトリカはさっそく探偵事務所をオープンし、一弥は新聞記者に。だがある日、闇社会の男からギャング連続殺人事件の捜査を頼まれたことから、2人は全米を揺るがす大陰謀に巻きこまれて――!?

    ブクログ献本企画にていただきました。ありがとうございます!
    以前のシリーズは確か途中まで読んでアニメは最後まで見た気がするものの、今回の新大陸シリーズはまたがらりと場所が変わりNYが舞台となっています。前シリーズとは微妙に合わない部分もあるらしいのですが、うろ覚えの自分には分からなかった。もう一度読み直してみようかな。相変わらずつんつんヴィクトリカと彼女のそばにいるのが当たり前となった久城の掛け合いが楽しい。ミステリとしてもさくさく読めますが、今後はフーヴァーを絡めた大事件に巻き込まれていくのかなという予感。灰色狼を狙う輩は多いんだな・・・。でもまあ従者であり将来の伴侶である久城がついていれば2人はきっとこの先もこうして幸せに生きていける気がします。

  • Gosickの新シリーズ。
    ようやく文庫に。
    ヴィクトリカと一弥のコンビが相変わらず微笑ましい。女王様と従者感が存分に溢れてる(笑)
    ミステリ部分は正直先が読める展開。
    ただ、新大陸を舞台にまた大きな嵐に巻き込まれていきそうで、今後の二人の関係と共に気になるところ。

  • ブクログの献本にて読み始めました。この作品は、アニメのあとから気に入り、旧大陸編を読み、新大陸編は気になっていたものの値段が高く設定されていたので、いつか文庫本になったら読みたいと考えていた時にこの企画に巡り会えました。
    このREDは灰色狼であるヴィクトリカとその助手である久城の新たな活躍をニューヨークという土地で紐解かれていき、新たに登場するキャラもミステリアスなキャラが多くどうなるんだろうと読み進めることができました。
    RED以降の文庫本化を期待しつつ待っていようと思います。

  • 文庫になり、いつでもGosick Redが読めるようになったのがいいですね。 ストーリーは、時間軸ふぁかなり未来に行った感じで、旧大陸の影が見えて来た?ようなざわざわし始めた推理小説。 何よりビクトリカが可愛いいし、それを想う久城君が素敵です。

  • 文庫版待ってました!常に持ち歩いてじっくり読みたいと思います!

全11件中 1 - 10件を表示

GOSICK RED (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

GOSICK RED (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

GOSICK RED (角川文庫)の作品紹介

舞台はニューヨーク! 超頭脳“知恵の泉”を持つヴィクトリカは探偵事務所を開くが、そこに闇社会のボスから危険な依頼が舞い込み――。新展開を迎えた、ダークでキュートな大人気ミステリシリーズ、待望の文庫化!

GOSICK RED (角川文庫)はこんな本です

ツイートする