砂上

  • 155人登録
  • 3.60評価
    • (6)
    • (20)
    • (14)
    • (5)
    • (0)
  • 21レビュー
著者 : 桜木紫乃
  • KADOKAWA (2017年9月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041046005

砂上の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 作家志望の中年女性のお話。優秀な女性編集者に出会い物語を創っていく過程がリアルに描かれて楽しめた。自分の過去に向き合いながら小説という虚構を創造する過酷さと醍醐味。主人公と母娘とのお話も良かった。

  • 柊令央は、ビストロでのバイト代と元夫からの慰謝料を生活費にし、母の残した家でぎりぎりの生活を送っていた。ある日、令央のもとに投稿作品を読んだ女性編集者が訪ねてくる。主体性なく生きてきた令央だったが、何度駄目だしをされても小説を書き続けるように。。。
    令央が小説を書きつつ、自らの人生を見直す過程が面白かった。桜木さんは、女性の情念のようなものを描くのが本当にうまい。ミステリーにもなりそうなネタではあったかな。

  • 今まで同様、北海道の痛いほど冷えた空気、薄暗い景色が思い浮かぶ情景の中、女の人たちのそれぞれの生き方が描かれている。

    最後がストンと落ちなかったけれど…

  • 図書館で借りた本。小説家になりたい中年女性が作家デビューするまでの話で、女性編集者のアドバイスを通じて自分の生き様、母や妹との関係を題材にして小説を書き上げる。心には響かない話だった。

  • ちょっと暗いけど、表現のうまくて難しい、桜木さんらしい本でした。

  • 柊令央は、ビストロ勤務で得る数万円の月収と、元夫から振り込まれる慰謝料で細々と暮らしていた。
    いつか作家になりたい。そう思ってきたものの、夢に近づく日はこないまま、気づけば四十代に突入していた。

    ある日、令央の前に一人の編集者が現れる。
    「あなた今後、なにがしたいんですか」
    責めるように問う小川乙三との出会いは、他人任せだった令央のこれまでを直視する日々の始まりとなる。

    今は亡き母ミオ、戸籍上は妹だけど実は娘の実利、小説を書き始めたことで変わっていく人間関係の行方はー?

  • ジャンルにもよるかもしれないけど
    作家って本当に壮絶な職業なのね
    改めて身を削るってことが分かる。

    これは私には無理、神経がもたないわ。

  • 作家志望の中年女性が、やり手の編集者に見いだされ一冊の小説を書き上げる過程で、自分と家族との関係に向きあい人間としても一皮むけていく姿を描く。

    目の前の出来事を淡々と受け止め、他人と深く関わろうとしない主人公は、自分の母親とも娘とも本気で向き合おうとしない。当然、そんな彼女の書く作品には深みがない。
    編集者の厳しい指摘で自分の内面にメスを入れるようにして書く姿は痛々しく、息苦しいほど。が、真剣に家族と向き合い自身を見つめることによって、主人公をおおっていた幕のようなものが剥がれ落ち、終わってみればむしろ軽やかになっていることが救いだ。

    様々なタイプの作家がいるけれど、作者自身が彼女のように身を削って作品を生み出すタイプに思え、作家稼業の厳しさを思い知る。
    年末を締めくくった一冊。

  • 作家になるために、自らの生活を素材にして、
    それまでの母や妹との関係を振り返っていく。

    作家の世界の見方と、自分の過去と現実を見る目が変わっていく様が興味深かった。

    母親のことを認められない
    主体性がない
    元夫に対しても冷静で情が一切沸かない

    そんな指摘を受けるような主人公が、本を1冊出すまでに少しは自分を肯定して行く

    気持ちの変化がとてもリアルで、途中から作品に入り込んでしまった。

全21件中 1 - 10件を表示

桜木紫乃の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

砂上を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

砂上を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

砂上の作品紹介

空が色をなくした冬の北海道・江別。柊令央は、ビストロ勤務で得る数万円の月収と、元夫から振り込まれる慰謝料で細々と暮らしていた。いつか作家になりたい。そう思ってきたものの、夢に近づく日はこないまま、気づけば四十代に突入していた。ある日、令央の前に一人の編集者が現れる。「あなた今後、なにがしたいんですか」。責めるように問う小川乙三との出会いを機に、令央は母が墓場へと持っていったある秘密を書く決心をする。だがそれは、母親との暮らしを、そして他人任せだった自分のこれまでを直視する日々の始まりだった。自分は母親の人生を肯定できるのか。そして小説を書き始めたことで変わっていく人間関係。書くことに取り憑かれた女はどこへ向かうのか。

ツイートする