駅伝ランナー3 (角川文庫)

  • 19人登録
  • 3.63評価
    • (1)
    • (3)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 佐藤いつ子
制作 : 佐藤 真紀子 
  • KADOKAWA (2016年9月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041046029

駅伝ランナー3 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 駅伝の駆け引きなど知らなかったので新鮮。

  • 『駅伝ランナー2』には、駅伝の場面がなかったが、3では1500mや駅伝を走る。中学生の1500mは自分も走っていて、県大会では補欠だった。タイムも含めて親近感がわく。

全2件中 1 - 2件を表示

佐藤いつ子の作品

駅伝ランナー3 (角川文庫)はこんな本です

駅伝ランナー3 (角川文庫)の作品紹介

春になり、陸上部にも待望の新入部員がやってきた。走哉が走るきっかけを与えてくれた前コーチの「たっかん」高畑先生の実家で合宿が行われる。本来三年生は9月の市大会で引退となるが、部長の田村たちは人数がそろった今の陸上部で10月の駅伝大会に参加したいという。市大会で記録を伸ばした走哉はベスト8位に入り、県大会への切符を手にする。一年前では考えられない伸びだった。家族や親友の陸ともども喜びをかみしめる走哉だったが、救済措置で行われた試合で走哉の記録を上回る選手が繰り上がり、県大会出場は取り消されてしまう。落ち込んだ走哉は走る気力を無くし練習を休むようになる。その放課後、偶然小学校で一緒だったヒロシに遭うが、救済された選手とは彼だったことを知る。陸上の有名校にスポーツ推薦入学をしたヒロシは故障に泣かされていたが、これからも負けないと堂々と宣言し走哉の心に再び火をつける。翌日から再び部活に出るようになった走哉。そして10月、駅伝大会で走哉はアンカーを務めることに。第五区間走者の田村からアンカーの走哉に黄色いたすきが渡された。心のたすきをつなぐんだ! 感動の駅伝小説、ついにクライマックス!

駅伝ランナー3 (角川文庫)のKindle版

ツイートする