幽落町おばけ駄菓子屋 夕涼みの蝉時雨 (角川ホラー文庫)

  • 72人登録
  • 3.25評価
    • (1)
    • (6)
    • (6)
    • (2)
    • (1)
  • 8レビュー
著者 : 蒼月海里
  • KADOKAWA/角川書店 (2016年8月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041046036

幽落町おばけ駄菓子屋 夕涼みの蝉時雨 (角川ホラー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大学生の御城彼方は、あの世とこの世の境界に存在する幽落町に下宿し、駄菓子屋“水無月堂”の店主で大家でもある水脈さんとアヤカシたちの憂いを解決する日々。ある日、駄菓子屋の用心棒、猫目さんと大掃除をする中、見慣れぬ瀬戸物を見つける。その正体は付喪神だった。「まだ使えるのに捨てられた」ため人間への強い恨みを抱えている彼らに水脈さんは〈金継ぎ〉を提案する。大人気!ほっこり、謎ときミステリー、第7弾!

  • (収録作品)あめのひに/いなずまのこども/もどるものたち/うみからきたもの

  • 猫目さんが大量にお買い物をするお金はいったいどこから来るのかが地味な疑問
    雷獣の話は都築さんが出てきてくれて嬉しい
    子狸と都築さんとかミスマッチさが堪らない

    新しい登場人物の朱詩さん、きっと海の話でしか出て来ない予感・・
    幽落町までは無理か

    最後に深海カフェとのコラボ、これは深海が倫太郎と出会う前の話なのかな・・?

    続巻が楽しみ

  • 東北の震災のことに触れている松島のお話と、うみの杜水族館の話が出てきます。
    松島にあった水族館の娘さんとういう発想がほっこりします。地元民としては嬉しいお話でした。

  • いつかもっとおじいちゃんの話を読みたい。
    2017/3/9

  • シリーズ第7作目。
    今回は、東京案内だけでなく、彼方君のお墓参りで、宮城県の松島案内があります。作者の生まれ故郷でもありますね。
    また、余話には、仙台の新しくオープンしたうみの杜水族館を舞台にした話が出てきます。
    仙台、松島行きたくなりました。

  • 【収録作品】あめのひに/いなずまのこども/もどるものたち/うみからきたもの 
     付喪神となった道具たちの物を大事にしない人間たちへの怒りを鎮める話、天から落ちた雷獣の子どもを天に帰す話、東北の被災地を訪れる話。
     心温まる話なのだが、説教臭さと説明口調が残念。

  • 水族館は、深海カフェと繋がることもある。

全8件中 1 - 8件を表示

幽落町おばけ駄菓子屋 夕涼みの蝉時雨 (角川ホラー文庫)のその他の作品

蒼月海里の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

幽落町おばけ駄菓子屋 夕涼みの蝉時雨 (角川ホラー文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

幽落町おばけ駄菓子屋 夕涼みの蝉時雨 (角川ホラー文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

幽落町おばけ駄菓子屋 夕涼みの蝉時雨 (角川ホラー文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

幽落町おばけ駄菓子屋 夕涼みの蝉時雨 (角川ホラー文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

幽落町おばけ駄菓子屋 夕涼みの蝉時雨 (角川ホラー文庫)の作品紹介

大学生の僕・御城彼方(みじょうかなた)の下宿先は、あの世とこの世の間に存在する幽落(ゆうらく)町のアパート。すっかり町に馴染んだ僕は、駄菓子屋「水無月堂(みなづきどう)」の店主で大家さんでもある水脈(みお)さんとともに、幽霊や妖怪から持ち込まれる悩み事やトラブルを解決する日々だ。ある日、駄菓子屋の用心棒猫目さんと大掃除の中、見慣れる瀬戸物を見つける。その正体は付喪神だった。「まだ使えるのに捨てられてしまった」ために人間を恨むようになり、それが彼らをアヤカシにしてしまったことに気付いた水脈は、ヒビや割れを修復する<金継ぎ>を提案する。ほっこり、謎ときミステリー、第7弾!

ツイートする