孤篷のひと

  • 57人登録
  • 3.27評価
    • (1)
    • (8)
    • (10)
    • (2)
    • (1)
  • 6レビュー
著者 : 葉室麟
  • KADOKAWA (2016年9月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041046357

孤篷のひとの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • どうも説明口調なんだなー

  • 短編集10編
    小堀遠州と彼に交差した人々の出会いや別れを茶道具に託して切り取って,その人物がくっきり浮かび上がる仕掛け.石田三成や伊達政宗など心に残る.

  • 小堀遠州の話。正直、遠州のことをあまり知らなかったので、興味深く読みました。遠州は茶道だけではなく、普請奉行として宮廷作庭にも関わっていたのですね。
    派手ではないですが、しっかりと己の道を全うした人だと思いました。

  • 茶は戦

  • 2015〜16年に「本の旅人」に掲載された10章を単行本化

    江戸初期の作庭家として知られる小堀遠州の、幕府の作事奉行・桃山奉行としての働き、茶人としての生涯、理念を描いた作品。書名の「孤蓬」は遠州の号であり遠州が作り、葬られた庵の名で、章題は話中の茶道具の銘が充てられている。

    黒を愛した茶の師筋利休との違いを描いた「白炭」、師の古田織部や石田三成との係わりを描いた「肩衝」、師の古田織部との茶への理解の違いを描いた「投頭巾」、秀忠の娘の入内をめぐる後水尾天皇との係わりを描いた「此世」、交流のあった本阿弥光悦に関する「雨雲」、金地院崇伝と対比して描いた沢庵禅師とその臨終の書「夢」、古田織部の娘を救い出して手に入れた利休の遺品の茶杓「泪」、義父の藤堂高虎が後水尾天皇とその愛妾を説得した「埋火」、罪業の深さを自覚する伊達政宗が遠州の茶を「泰平の世の茶とは生き抜く茶」と評した「桜ちるの文」、のちに桂離宮となる別荘の造営に大阪の陣で死んだ庭師の遺族を使っていた八条宮の思い出と島原の乱以降の撫民策を語る「忘筌」(ぼうせん)。

  • 歴史上のそうそうたる有名人
    が登場してくる
    千利休、古田織部、藤堂高虎
    徳川家康、豊臣秀吉、伊達政宗
    ただ、それらは
    あくまでも脇役として描かれる
    むろん
    ここでの主は小堀遠州である
    なんとなく 造園の祖ぐらいの認識しかなかった…
    ところが
    葉室さんの筆にかかると
    それはそれは魅力的な「大茶人」として
    描かれていく

    お茶を喫するとき
    ちょっと 思い浮かべる
    一冊になりそうです

全6件中 1 - 6件を表示

葉室麟の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
葉室 麟
恩田 陸
池井戸 潤
葉室 麟
柚木 麻子
葉室 麟
葉室 麟
朝井 まかて
東野 圭吾
池井戸 潤
葉室 麟
青山 文平
葉室麟
葉室麟
桜木 紫乃
朝井 まかて
澤田 瞳子
葉室 麟
葉室 麟
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

孤篷のひとはこんな本です

孤篷のひとを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

孤篷のひとを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

孤篷のひとの作品紹介

千利休、古田織部、徳川家康、伊達政宗――。当代一の傑物たちと渡り合った茶人・小堀遠州の静かなる情熱、そして到達した"ひとの生きる道"とは。さわやかであたたかな遠州の心が胸を打つ、歴史時代小説。

孤篷のひとのKindle版

ツイートする