星をつける女

  • 124人登録
  • 3.66評価
    • (6)
    • (28)
    • (19)
    • (3)
    • (0)
  • 25レビュー
著者 : 原宏一
  • KADOKAWA (2017年1月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041046456

星をつける女の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 原宏一の『食』は面白い。

    食品偽装、ブラック会社、世襲問題など
    現代の食の問題点を
    企業側だけを悪者にするのではなく暴いてくれる。

    主人公の牧村紗英は言う

    1人の人間として真っ当に生きていくためには、星は星、情は情 と割り切らなければバランスが取れない。

    美味しいやキレイだけでは語れない食の世界を堪能して星い(ほしい)

  • 食材偽装(キックバック)による詐欺と脱税、店員のやる気と自己犠牲の精神をいいように利用するブラック企業・・・、外食産業は、料理を提供する側だけでなく、料理をチェックする側も必要なのか~~~! 「ヤッさん」「佳代のキッチン」などの原宏一さんの「星をつける女」、2017.1発行です。メゾン・ド・カミキ、麺屋勝秀、白浜温泉紀州の庵の連作3話。シリーズ化の予感がします(^-^)

  • 飲食店などの覆面調査員である牧村紗英が活躍する物語が3篇.相棒の真山幸太郎との掛け合いが楽しめた.ラーメン店を展開する鯖江勝秀社長と梶原専務の話である「麺屋勝秀」が面白かった.門倉七海の奮闘も良く,前作で登場した五十嵐智也も絡んでくる.最後に紗英,幸太郎,智也に七海が加わって新たなチームが出来たが,このメンバーでの次作を読んでみたいものだ.

  • 借りたい本がなくピンチヒッターだったこれ。大ヒット!星ってそれだったのね、と思った次の瞬間には次の展開で。話の前半はリアル感満載。あそこのことかしらん、と思わず。結局は物語なんだけどね。差し引いても☆三つw

  • ドタバタギャグ漫画のような展開。サラッと読めるが、特に感じるものもない。
    続編があっても、読まないかな。
    食べ物は、とても美味しそうに描かれてる。

  • いい意味でも悪い意味でも軽くさっと読めた。ごまかしとかブラックとか外食産業の一面を見れました。紗英や人物の深いところとか、見てみたい。智也だって三作目は目立った出番がないし。続編とかで期待かな。
    原さんは食に関するものを書く人?

  • 覆面を大事にしてほしい。

  • (2017/7/1読了)
    原さんの本は、シリーズで佳代のキッチンの1、2作目は読んでいて、最新作は図書館の予約順番待ち。
    佳代のキッチンと同じく料理に関係する話だけど、今作は料理を作る側ではなく食べる側で、食べるだけではなく評価することを職業としている。
    覆面調査=演技をしているところはドラマチックで読者を飽きさせない。調査対象に立ち入りしすぎることや、仲間や娘との和みのシーンなどは、まるでちょっとやり過ぎの2時間ドラマを観ているよう。
    面白おかしく、さらっと読めた。
    これもきっとシリーズ化するんだろうな。

    (内容)
    世界的な「食の格付け本」の「格付け人」、牧村紗英。会社を辞めて独立し、シングルマザーとして働く彼女は、先輩で相棒の真山幸太郎と、人気店の覆面調査を開始する。絶対的な味覚と調査能力で、彼女がつける「星」の数は…?彼女の舌が見抜く「嘘」

    (目次)
    第1話 メゾン・ド・カミキ
    第2話 麺屋勝秀
    第3話 白浜温泉 紀州ノ庵

  • お得意の「食」をテーマにしたお仕事小説。
    いつもの原さん。大きな破たんも無くサクサク読めましたが、でもそれだけという気もします。
    最近、結構立て続けに読んだのでそのせいかな。しばらく離れてみましょう。

  • 主人公の紗英は食の覆面調査員。とは言っても、格付本などの調査ではなく、投資筋などからの依頼で店を調査する「イート&リサーチ」を経営している。店に赴き食事をして、その味から店が抱えている問題点を見つけ出す、鋭い味覚の持ち主。食いしん坊の私は仕事で食べ歩きができるなんて羨ましいけど、そこは仕事ならではの苦労もある。昨今話題の産地偽装問題や、チェーン展開している店の味の劣化など、変わった切り口で楽しめた。炊飯添加剤なんて知らなかったよ……。面白かったけど、紗英のキャラがちょっと薄く感じるのが残念。

全25件中 1 - 10件を表示

原宏一の作品

星をつける女を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

星をつける女を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

星をつける女を本棚に「積読」で登録しているひと

星をつける女の作品紹介

「私は、ただ星をつけるだけの女です。
もしあなたが、あなたの人生を「星つき」にしたいと願っているなら、
四の五の言わずにあなたの行動で示すしかないじゃないですか」
牧村紗英 (30代 「牧村イート&リサーチ」代表)

世界的な「食の格付け本」の「格付け人」、牧村紗英。
会社を辞めて独立し、シングルマザーとして働く彼女は、
先輩で相棒の真山幸太郎と、人気店の覆面調査を開始する。
絶対的な味覚と調査能力で、彼女がつける「星」の数は……?

(本日の調査対象)
1 有名人も常連の高級フレンチ「メゾン・ド・カミキ」
2 行列のできるラーメン店 「麺屋勝秀」
3 今もっとも泊まりたいお宿「白浜温泉 紀州ノ庵」

ツイートする