新八犬伝 起 (角川文庫)

  • 21人登録
  • 3.75評価
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 石山透
  • KADOKAWA (2017年3月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041047446

新八犬伝 起 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 良い点:サクサク読めて面白い
    悪い点:あらすじをたどってる感じで、心にあまり残らない

  • 昔見たNHKの人形劇が懐かしくて、思わず買ってしまった。

全3件中 1 - 3件を表示

石山透の作品

新八犬伝 起 (角川文庫)に関連する談話室の質問

新八犬伝 起 (角川文庫)はこんな本です

新八犬伝 起 (角川文庫)の作品紹介

時は室町時代、安房の国は里見城で打ち首となった玉梓(たまずさ)の祟りに立ち向かうため、伏姫(ふせひめ)は犬の八房(やつふさ)とともに己の胎内から八つの珠を持つ八犬士を生み出す。十数年後、「孝」の珠を持つ犬塚信乃(いぬづかしの)は、父の形見の名刀村雨を、さもしい浪人網乾左母二郎(あぼしさもじろう)にだまし取られ、恋人浜路とも離れ離れになるが、それはすべて、玉梓が怨霊の仕業だった。『南総里見八犬伝』の大胆な解釈のもと大人気を博した人形劇を、脚本家石山透自らが書き下ろした、完全小説版!

新八犬伝 起 (角川文庫)のKindle版

ツイートする