いまさら翼といわれても

  • 1063人登録
  • 3.99評価
    • (112)
    • (139)
    • (84)
    • (12)
    • (3)
  • 149レビュー
著者 : 米澤穂信
  • KADOKAWA (2016年11月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041047613

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
米澤 穂信
恩田 陸
米澤 穂信
伊坂 幸太郎
三浦 しをん
伊坂 幸太郎
宮下 奈都
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印

いまさら翼といわれてもの感想・レビュー・書評

  • 今までの、どの巻よりも面白かったと言える。奉太郎の過去が分かったり、摩耶花が己の道筋を決めたりなど。そして表題作は千反田えるの話。
    彼女は家を継がなくても良いと言われ、自由を謳えなかった。それを彼女が受け入れることに時間はかかるだろう。けれど、彼女は恐らく受け入れられるだろうと思う。そうやって道を切り開いていく子だからだ。「今更翼といわれても……困るんです」それは本音だろう。けれど、彼女は恐らく羽ばたき神山から出ていくであろう未来が見える。その隣に奉太郎は恐らく居ないだろうが。

  • 古典部シリーズ。学校生活の中でのちょっとした不思議を謎解きしていくと行ったいつもながらの話。今作は古典部のメンバーにまつわるそれぞれのストーリーが展開していく。どれも余韻を残す終わり方をしていて、爽快スッキリといった感じではない。
    ただ、どの話も不幸な感じはないので読みやすい。次作に期待。

  • 京アニ製作のアニメがとても好きだったので読んでみた。

    主人公の頭の中の言葉は、小説の文章から来ていたんだと初めて知る。
    ライトミステリー系の本が少し苦手だな、と思っていたけれど、アニメを観た前提で、すでに登場人物達が好きだったので、言い回しも含めて楽しめた。

    「いまさら翼といわれても」。真相を掴むのは、いつも主人公で、回答を述べている部分を読み進めているうちに、残り1ページになっていた。それが事の真相なのだと読み終わる前に言われたきがして、少し寂しくなりました。

  • 米澤氏の別な作品を読んでいたので、シリーズものだとは知らず最新刊として手に取った

    登場人物の今までについては全く知らなかったが、個性豊かな古典部メンバーのストーリーは面白かった

    青春まっただ中の彼らに降りかかる災難は、他人から見たらそんなに大きいものではないけれど、懸命に解決に向う姿は清々しい

    個人的には、密かに人を貶めようとした人物の悪巧みに気付き、誰にも言わずにしっかりと未然に防いで意趣返しをした奉太郎の話にはすっきりした

  • 摩耶花が漫研から戦略的撤退(少し違う)を決意した話が良かった。去年の文化祭の件がよく効いている。

    表題の「いまさら翼といわれても」の言葉があんなに重いものだとは思いものしなかった。奉太郎のバックボーンの話もそうだけど、なんだかいろいろ明らかにされはじめた?

  • 米澤さんということで手に取ったんだけれど、古典部シリーズらしいですね。青春の謎解き、熱くなく個性的な若さ。また古典部で出たら読むかと思うけれど、若くはない私としては、古典部でない作品が楽しめてるな〜。この作品について、特に強い印象はなし。

  • 今さら実写と言われても、それよりふたりの距離の概算の劇場アニメ化はまだですか?


    過去から未来へ向かうような構成で古典部4人の変化がテーマなのかな。前作から間があいていたのでシリーズを読み返すとまたじわじわ来るものが。
    「え、そこで終わり?」と何かモヤモヤした読後感とほろ苦さが残るラスト。とりあえず折木には某ハネテル君を見習って頂きたいと思います!

  • 古典部シリーズ6作目。
    「箱の中の欠落」「鏡には映らない」「連峰は晴れているか」「わたしたちの伝説の一冊」「長い休日」「いまさら翼といわれても」の6編を収録。

    久しぶりの古典シリーズ新作。
    いつものように「日常の謎」を解いていく短編集。
    読者に小さな驚きを投げかけて、登場人物たちの感情を丁寧にすくいとりながらゆっくり物語を収束させていく流れのお話が多かったです。

    今回は古典部メンバー4人のそれぞれの過去や新たな出発を描いていて、「変化」がテーマとなっています。
    奉太郎が省エネ体質になったきっかけ、摩耶花の『まんが道』の模索、里志のデータベース型思考からの脱却、千反田のある変化。
    奉太郎も初期のころに比べると、人を傷付けないために推理し、他人を気遣いながらそれを伝えていることに成長を感じさせます。

    「わたしたちの伝説の一冊」は摩耶花メインのお話ですが、ほろ苦い読後感が多い米澤作品にしては前向きでさわやかな読後感がとてもよかったです。
    より広い世界へ飛び出すことを、苦しみながらも決断した彼女の強い意志は尊い!
    彼女の新たなスタートに、拍手喝采して見送りたいですねー。

    一番印象的なのは表題作の「いまさら翼といわれても」。

    ここではある古典部メンバーの突然の状況の変化について語られています。
    高校生とはいえ、彼らはまだ社会に出ていないただの子どもなのですね。
    彼女は、自由に自分で将来を決められないことでの反感や諦めもあったでしょうが、そんな思いを抱く時期はとうに過ぎ、すでに家を継ぐ清新な決意を固めていたと思います。
    将来を決められていた彼女は選択の自由がなかったけども、同時に迷いもなかったでしょう。
    なのに、突然梯子をはずされた彼女の驚きと喪失感を思うとやるせなくなります。
    途方に暮れてしまいますよね。
    制約がなくなり選択肢が広くなると、却って選べなくなっちゃいそうです。

    青春らしい悩みにどう決着をつけるのか、彼女の決心は次巻まで持ち越し。
    早く次が読みたい。

  • 4人共成長してるなぁ。大好き。
    奉太郎の人格形成がわかる長い休日がいい。
    これからも見守っていくけど表題作、そこで終わらせないで〜。
    学校という同じ空間から巣立っても、どんな大人になっていっても4人の関係が続くように願いながら次回を待ちます。

  • 「走れメロス」の真相(?)に目から鱗でした。

  • 当時、心にひっかかっていた事を後になってからその意味や心情を理解することが出来た。それは今更その事を知ってどうなるんだ、と言う事ではなく登場人物達はあの時の事を知れて心のモヤモヤを取り除けてスッキリする。それが短編となって繋がっており、登場人物達のいきさつや個々の性格が伺える。きっとこのシリーズを全部読んでいる方にはたまらないんだろうなぁ、と。でも、このシリーズを全然読んいない私ですが、この一冊だけでも十分に楽しめました。ラストの終わり方に続きがある感じなので、次回作が楽しみです。

  •  古典部シリーズ。

     が、しかし、これは前作を読み直してから読むべきだった。うろ覚えで読むにはもったいないくらいの続きものである。

  • 古典部シリーズ、やっぱ最初から読まないとだめだな。5作めから6作めを読んでみたけど、単品で楽しむには、奥行きを理解できない。えるの立場について、もっと衝撃をもって読めた回だったのかもしれないな。
    事件というほど事件でもない日常のなかの謎をホータローがするすると推理するかんじはおもしろいけれど、読者層としてはやっぱ学生向けなのかもなあ。

    そもそものシリーズ基盤部分をまだ読んでないからちゃんと感想を語れない。図書館でさがそう。

  • 米澤穂信のいまさら翼といわれてもを読みました。

    氷菓を初めとする古典部シリーズの最新刊短編集でした。
    おなじみの折木奉太郎や千反田えるたちの物語が語られます。

    奉太郎の省エネのモットーがどこから始まったのか、が語られる「長い休日」も良かったのですが、やはり表題作の「いまさら翼といわれても」が一番良かったと思いました。

    みんな少しずつ大人になっていくんだなあ、と思わせる物語たちでした。

  • 古典部シリーズ第六弾! .... ごめんなさい、全然知りませんでした、米澤さんの代表シリーズなんですね m(_ _)m
    何も知らずに、いきなりシリーズ最新から読んでしまった。

    神山高校古典部の部員、折木奉太郎(なんちゅぅ名前やw)を中心にした連作モノ。
    フットワークのいい福部里志、漫研と兼部の伊原摩耶花、地元重鎮の跡取り娘 千反田える が登場する。
    生徒会選挙の謎、中学卒業制作の真相、中学時代の恩師の胸中、男子高校生がぼんやりと自我を見つめ始める様子、などなど ネタはそれ?という小品が並ぶが、この年代の男子が一人称で語る非スポーツモノは やっぱりどこかノリが独特。

    とはいえ、文系高校生の華は女子なのか?
    伊原摩耶花をめぐる漫研騒動のおとしどころには唸りました。そういう時代だよね。。
    部活はもう昭和の遺物かもしれない。
    他方、千反田えるは 自分の運命に翻弄される。
    表題作が、同級生をメインにしてその心情を描くやりかたは、自分の運命におののく心もとなさは当人だけのもの ということを良く伝えてくれる。

    岐阜の男子高校生一人称非スポーツもの、というと 朝井りょう がスターになった分野だが、なるほどこういう先人がいたのですね .....

  • 続きは気になるが、そっちじゃない。

  • 古典部メンバーそれぞれの成長(とはいっても何かを得るだけではなく失うものも多い)が描かれているのは意図的なものなのだろうなあ。キャラクター小説であれば登場人物の変化はキャラ路線変更として現れるが、一般文芸では成長として現れるといったような。

  • 連作短編6編
    折木奉太郎の中学時代を切り取った「鏡には映らない」と「長い休日」が良かった.
    表題作ではまだ謎が残っている.えるの進退やいかに?次巻が気になる.

  • 待ってましたの古典部シリーズ。もうさー細かいことぜんぜん覚えてないよ。
    高2の1学期の短編事件簿なのですが、こう物語の幕間的なおはなしで、本編としてはたいして進まないけど行間を埋めてくような。
    なかなかに後味の悪さが残るような結末だったけど彼らの個人の事情や過去の出来事があぶりだされて、次につながってくよーって印象でした。
    えるちゃんの環境がおおきく変化して、これから。次はそう時間を空けずに読めるとうれしいなぁ。

  • 米澤穂信の「古典部」シリーズ

    氷菓に続けて読んだのだが・・・・
    しまった!!
    最新版を読んで 2.3.3.5すっとばしてしまったぁ。

    どおりで登場人物の関係が微妙に近くなっていた。

    ともあれ
    主人公 折木たちの学園推理は 日常だけどちょっと甘酸っぱくて読みやすい。

    ただ 「鏡には映らない」はちょっと度が過ぎたイジメであまり気分がよくなかった。

  • どうしてこんなに不器用にしか生きられないんだろう。

    古典部シリーズ短編集。高校生らしく進路に悩んだり,自分の気持ちをもてあましたり。高校生の頃は,他人にはきっととるに足らないだろうと思われることを,まるで人生最大の難問の悩む自分に,歯がゆかったりつらかったりの時期だった。古典部を読むとそれを思い出す。まさに高校生は,子どもでもないけど,大人にもなりきれない,そんな時期を描く古典部シリーズは,どこか確実に刺さってくる。

    「鏡には映らない」中学校の同級生に出会った摩耶花は,彼女の折木に対する厳しい声を聞いて,卒業制作のことを思い出す。なぜ折木は卒業制作の手を抜いたのか。摩耶花が見つけた真相は。いじめの証拠を半永久的に残そうとする中学生の甘くて残酷な感情。それに気付いた折木と福部のさりげない英雄行為。ひとつ前の「箱の中の欠落」で少し触れられた中学三年の夜の散歩がこれか。影で英雄をやりたい福部と,それに手を貸した折木。もしかしたらそれは男のロマンだったのかもしれない。でも,摩耶花はそれをわかったうえで,きちんと自分の思うままに行動する。人と関わりあうことは,しんどいこともあるけど,厭わない。新たな一面を見つけることもあるから。

    「長い休日」奉太郎のモットーが出来たきっかけを聴くえる。それは小学校の時にきっかけがあって。ちょっとした親切,そこにつけ込まれたら。お互い様ならいい,でもいつも利用されていると気付いてしまえば。奉太郎は姉の言う“長い休日”に入ったけれど,誰かを助けるために自分の力を使う,そのことを思い出し,動き始めた。帰らせたのは,える。

    「いまさら翼といわれても」表題作。えるがどういうことを言われたかは,さっさと予想がついてしまった。彼女を迎えに行く奉太郎。きっとえるは動きだす。奉太郎は手を差し伸べるだろう。モットーに反したとしても。

  • 古典部シリーズ

    ちらほらしか読んだことがなかった古典部シリーズ。
    …このシリーズって、毎話こんなに読後感が悪い話ばかりなの??
    どの話も後味が悪くて、楽しめなかった…高校生の会話にしては、乱暴な言葉遣いなところも読んでいてげんなり。
    日常の謎を解いていくところも、「鏡には映らない」の鏡の謎解きはワクワクしたものの、種明かしにがっかりだったし…(トリックではなくその動機が)
    うーん。残念。

  • 短編集。
    変わらずに古典部のみんなの話は面白い。
    みんなが少しずつ成長していくのは、読んでいて楽しい。
    だけどやっぱり長編が読みたい。

  • 久々の古典部シリーズ。安定感あります。

全149件中 1 - 25件を表示

いまさら翼といわれてもに関連する談話室の質問

いまさら翼といわれてもに関連するまとめ

いまさら翼といわれてもを本棚に登録しているひと

いまさら翼といわれてもを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

いまさら翼といわれてもを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

いまさら翼といわれてもを本棚に「積読」で登録しているひと

いまさら翼といわれてもの作品紹介

累計205万部突破の〈古典部〉シリーズ最新作!
誰もが「大人」になるため、挑まなければいけない謎がある――『満願』『王とサーカス』の著者による、不動のベスト青春ミステリ!

神山市が主催する合唱祭の本番前、ソロパートを任されている千反田えるが行方不明になってしまった。
夏休み前のえるの様子、伊原摩耶花と福部里志の調査と証言、課題曲、ある人物がついた嘘――折木奉太郎が導き出し、ひとりで向かったえるの居場所は。そして、彼女の真意とは?(表題作)

時間は進む、わかっているはずなのに。
奉太郎、える、里志、摩耶花――〈古典部〉4人の過去と未来が明らかになる、瑞々しくもビターな全6篇。

ツイートする