いまさら翼といわれても

  • 1148人登録
  • 3.99評価
    • (125)
    • (161)
    • (94)
    • (13)
    • (3)
  • 172レビュー
著者 : 米澤穂信
  • KADOKAWA (2016年11月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041047613

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
ピエール ルメー...
伊坂 幸太郎
辻村 深月
米澤 穂信
辻村 深月
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

いまさら翼といわれてもの感想・レビュー・書評

  • 家を継ぐえると共にあるために、奉太郎が自分の意志で省エネ主義を捨てる時が来るのでは?
    そんな未来の話があったら読んでみたいと思っていたので、
    『長い休日』でお姉さんが奉太郎に言った言葉に顔がにやけてしまった。
    とはいえ、表題作『いまさら翼といわれても』で、話は思わぬ方向へ。

    続きは数年後ですか!?
    わたし、気になります!

  • 古典部シリーズ6作目。
    「箱の中の欠落」「鏡には映らない」「連峰は晴れているか」「わたしたちの伝説の一冊」「長い休日」「いまさら翼といわれても」の6編を収録。

    久しぶりの古典シリーズ新作。
    いつものように「日常の謎」を解いていく短編集。
    読者に小さな驚きを投げかけて、登場人物たちの感情を丁寧にすくいとりながらゆっくり物語を収束させていく流れのお話が多かったです。

    今回は古典部メンバー4人のそれぞれの過去や新たな出発を描いていて、「変化」がテーマとなっています。
    奉太郎が省エネ体質になったきっかけ、摩耶花の『まんが道』の模索、里志のデータベース型思考からの脱却、千反田のある変化。
    奉太郎も初期のころに比べると、人を傷付けないために推理し、他人を気遣いながらそれを伝えていることに成長を感じさせます。

    「わたしたちの伝説の一冊」は摩耶花メインのお話ですが、ほろ苦い読後感が多い米澤作品にしては前向きでさわやかな読後感がとてもよかったです。
    より広い世界へ飛び出すことを、苦しみながらも決断した彼女の強い意志は尊い!
    彼女の新たなスタートに、拍手喝采して見送りたいですねー。

    一番印象的なのは表題作の「いまさら翼といわれても」。

    ここではある古典部メンバーの突然の状況の変化について語られています。
    高校生とはいえ、彼らはまだ社会に出ていないただの子どもなのですね。
    彼女は、自由に自分で将来を決められないことでの反感や諦めもあったでしょうが、そんな思いを抱く時期はとうに過ぎ、すでに家を継ぐ清新な決意を固めていたと思います。
    将来を決められていた彼女は選択の自由がなかったけども、同時に迷いもなかったでしょう。
    なのに、突然梯子をはずされた彼女の驚きと喪失感を思うとやるせなくなります。
    途方に暮れてしまいますよね。
    制約がなくなり選択肢が広くなると、却って選べなくなっちゃいそうです。

    青春らしい悩みにどう決着をつけるのか、彼女の決心は次巻まで持ち越し。
    早く次が読みたい。

  • 連作短編6編
    折木奉太郎の中学時代を切り取った「鏡には映らない」と「長い休日」が良かった.
    表題作ではまだ謎が残っている.えるの進退やいかに?次巻が気になる.

  • ほろ苦い青春群像が描かれる古典部シリーズの最新作。それぞれの少しずつ未来へ、先へと惑いながら歩んでいく姿が丹念に描かれていました。

    驚かせるとか、トリックに凝っているとか、そういうギミックを楽しませるのではなく、あくまで古典部のメンバーの思いに焦点を強く当てているようで、だからミステリというより、しっとりした切ない印象のほうが強く後に残りました。

    表題作が特にそうで、おそらくはこのタイトルからある程度推し量れるものはあるでしょうが、この言葉からつづくあてのない慟哭を感じると、やるせなさが募るのです。

    彼ら彼女らがこれからどういう道を選ぶのか、選ばざるを得ないのか。

    「わたし、気になります」
    と、言って良いのか…、はばかれるような、そんな重さも感じた物語でした。

  • 高校生のときにあれこれ考えてたかな?
    地元高校に進学したのではなかったから、友人とのあれこれがこれほど濃密ではなかったような。
    以前から知っているというのと、高校からの付き合いというのではちょっと違うかも。
    でも、いいな青春。
    いまさらながら、友人たちとのあれこれに悩んでみたい。

  • 古典部シリーズ。
    連作短編。いつもはホータローの語りで進んでいくが、今回は古典部メンバー各々の視点で語られていた。久々に読んだが、やはり面白い。
    ホータローの口癖のルーツみたいなものもわかり、えるの言葉が良かった。
    ホータローがものすごくイイヤツになっていた。

  • 記念すべき2,000アイテム目。
    というわけで大好きな〈古典部〉シリーズの第6弾を読みました。
    色々と掲載された雑誌も買ったのですが結局読む前に短編集が発売になってしまった。

    内容は、うーん、やっぱり大好きなシリーズだけあってちょっと期待値が高すぎたのか、やや物足りなく感じた。
    というか、方向としてミステリよりキャラ小説に向かってるなあという印象。キャラ大好きだからそれでも楽しめるはずなのだけれど、やっぱりもうちょっと「どういうことだろう」と不思議がらせて欲しかったかなあ。
    ただ、キャラ小説としては非常によくできていると思う。
    奉太郎の過去やモットーの由来が明らかになったり、摩耶花やえるのこれからが描かれていたり、シリーズ好きなら楽しめると思います。
    全体的に摩耶花が出てきてて、里志は少なめかな?
    摩耶花、漫研辞めたってどこかで見た気がしたんだけど、アニメのオリジナル設定だったのか、そこまでの間のことを書いてるのか記憶がちょっと曖昧だったので戸惑った。どっちだ?

    うーん、やっぱり長編が読みたいな。
    『ふたりの距離の概算』から6年経っての刊行なので、果たして次はいつになるやら…。

  • 古典部シリーズ第六弾。古典部部員たちの過去と未来。それぞれが解きほぐしていく日常の謎。
    何年かおきに読んできたシリーズ。このまま彼らにはずっとずっと高校生のままでいてもらいたい。

  • 本当にようやく出た古典部シリーズの最新刊。
    あまりにも待ち遠しかったので、もったいなくて読み進めるのも躊躇うほどだった。
    残るは「いまさら翼といわれても」の章だけになったときの悲しさったらなかったー。
    それでも、余韻を残すラストにふさわしいお話でよかった。
    全編を通して空気感がよく、読みやすく、瑞々しくてよかった。

  • 素晴らしかった。
    折木や古典部の仲間たちのように、10代で京都アニメーション版の『氷菓』に触れて、それから4年、すこしだけ歳を重ねた20代が「1年しか歳を重ねていない」彼らに触れると、ぐっと読後感が深まって感慨が増えると思う。特に<鏡には映らない>が良かった。度肝を抜かれるようなどんでん返しだった……。ああ、鬱屈!
    瑞々しくて切ない、ビターテイスト(で口当たりはライト)な青春文学。さあ、次はそれほど待たせずに、読ませて欲しい。
    折木クンは、現代の、のび太くんみたいだ。

  • 古典部シリーズの6作目。短編集。主に高2の春から初夏にかけてのエピソードが収録されている。

    【感想】
    今回はシリアスな話が多かった。奉太郎が省エネ学生となった背景は物悲しいし、中学校の同級生から嫌悪されたまま高校に通うのは物苦しい。摩耶花は漫研部の内部闘争に苦悩させられ、トドメは表題と同名の短編。生き雛祭から数ヶ月足らずで状況が変化してしまった。
    しかし、救いもある。損な役回りが多い摩耶花に手を差し伸べたのは意外な人物だった。また、奉太郎に対する姉の言葉は優しかった。彼を長い休日から解放するのはきっと古典部メンバーなのだろう。

    【収録作】
    箱の中の欠落/鏡には映らない/連峰は晴れているか/わたしたちの伝説の一冊/長い休日/いまさら翼といわれても

  • ホータローの省エネ感が好き。
    ホータローの昔の話や他の登場人物が主人公になった話などの短編集。
    周りの人たちの人柄や考えている事が書かれてあって、より深く人間性を知る事ができた。
    事件も程よい謎で気持ちよく読めた。

  • 失敗。
    古典部シリーズの最新刊ということを知らずに借りてしまった(汗)
    やたら達観している高校生達と、どうでもいいような悩みや問題に全く興味が持てずに、最終章の『いまさら翼といわれても』を読む段階になってからググッて真実を知った。
    失敗(笑)

  • 「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に」
    の信条がある意味の古典部シリーズ、折木奉太郎の魅力だったが
    高2ともなるとそうも言ってられなくなる。

    人間関係が自己防衛だけではどうしようもなるときが訪れ
    飛び出さなきゃいけない。
    道具もあるし、知識もある。
    ただ一つだけ飛んだことがない。

    その後の彼らを考えたら楽しみでもあるし
    読者は飛躍を期待しながら
    ただ見守ろうと思う。

  • 久しぶりの古典部、期待はとても大きかったです。

    各登場人物の過去が描かれていて、楽しくはありましたが、このシリーズの一番の好きな点は、気になっちゃうヒロインに振り回されて何だかんだと謎を解いてしまう主人公という構図だったので、それが皆無という点は寂しい。

    短編集ということもあり、皆が揃って何かをすることも少なく物足りない。

    そして、二人の未来を感じさせる以前の話から一転して、悩む千反田さん。
    この状態でまた何年も待たされると思うと…悲しい。

  • 続きどうなるんですか・・・・・・えるちゃん大丈夫なんですか・・・頼むぞ奉太郎・・・。

    古典部シリーズの、何気ない日常の中の、人間同士の感情のぶつかりあいがリアルで好きです。
    他人からみたら「そんな小さいことで」って思えることも、当人からしたらすっごく重大な大事で。その感覚が米澤さんの小説のリアリティだなと思っています。

    小説の中でも出てきますが、「たかが高校の部活で!」って、ほんとリアルでもそういうことありますよね。
    「たかが田舎のこんなことに無駄に一生懸命で!」って思うこと、たくさんあるんですけど、リアルじゃそんなこと言えないし。むしろ冷めて見てる私がおかしいのかな、って思うときも、えるちゃんの言葉を思い出して救われてます。

    続きが読みたいけど、終わって欲しくないシリーズの一つです。

  • 特に心に残ったのは、あやかのエピソード。描かない漫研部員が存在して、一大勢力をなしている件。ならば野球部の活動内容がドームに繰り出して観戦してああだこうだと語るだけというのもあり?そもそも高校生にとっての部活とは何か。人聞きのいいもの、世間体のいいもの、就職有利と言われるものもある。そして活動は義務化しているのか。本心で楽しんでいるのか。将来に結びついているのか。友人や恋人との出会いの場として機能しているのか。そこにあるのは、息苦しさに他ならない。

  • ホータローが実はいいやつだって今作でわかる
    ホータローは面倒くさがって何事も積極的に関わろうとしてないようで自分が関わる理由を見つけてはなんだかんだで協力していく
    ホータローは普通になりたいんだろうな
    突出しないで普通に過ごしたい
    なんとなくホータローの気持ちはわかる

    正しい行動って何故か普通じゃない
    正しく行動しなさいってみんな育てられてるはずなのに、いつの間にか正しい行動をすると浮いてしまってり、反感を買ったりする
    いつ、自分が周りと違ってしまったのかわからない
    正しい行動が普通じゃなくなるときがわからない
    僕はそうだ
    たぶん、ホータローもそうなんだろう

    本当にいつみんなの価値観が変わるんだろう
    それとも僕が変わってしまったのだろうか
    ホータローは僕みたいにならないでほしいな

  • やっぱり穂信さんの文章はいい。
    それぞれの短編もいいが、古典部シリーズとしてもうまく組み上げて配置してある。
    少しずつ成長していく彼らをこれからも読ませて欲しいと切に希望する。

  • 「遠回りする雛」で、千反田えるとは住む世界が違うことを悟った折木奉太郎は、一歩踏み出すことを躊躇しました。
    しかし、本書表題作ではちょっとしたどんでん返しがあり、折木が千反田により深く関与していくことも可能な状況となります。
    折木と千反田がどのような選択をしていくのか、続刊が待たれるところですが、もし続刊がないのであれば、読者が勝手に想像するしかありません。

  • 古典部シリーズ短編集。「連峰は~」どこかで読んだ記憶が。初出以外でどこか収録されてたかな。ホータローの自省からの思慮深さが伝わってくる話。その他もどれも苦みのある話で、表題作は千反田の転機にもなる。どうなるのかなー。
    ホータローがパパッと手際よく作る焼きそばだの朝食だの冷やし中華だのが、どれも美味しそう。

  • 漫画もそうだけど、続き物っていつの間にか熱が冷めてしまったり、最初の頃とテイストが変わったりして好きじゃなくなったりするものだけど、このシリーズはほんとに好き。いつ読んでも面白い。2年生になった彼らの、相変わらずの日常とちょっとした謎。今回はより古典部メンバーに深く関わる話が多くて、ニヤニヤしながらあっという間に読んでしまって、なんだか勿体ない気分だった。さて、この続きはいつ読めるかな。どうか生きている間に完結して欲しいなぁと思う。
    そういえば実写映画化するという…。それよりアニメ2期は無いのかな?と原作ストックを数えて話数構成を考えてみたけれど、まだ無理みたい。ま、私は原作ファンなので読めればそれでいいのです。次も楽しみ。

  • きっと誰かが、あんたの長い休日を終わらせるはずだから。

全172件中 1 - 25件を表示

いまさら翼といわれてもに関連する談話室の質問

いまさら翼といわれてもに関連するまとめ

いまさら翼といわれてもを本棚に登録しているひと

いまさら翼といわれてもを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

いまさら翼といわれてもを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

いまさら翼といわれてもを本棚に「積読」で登録しているひと

いまさら翼といわれてもの作品紹介

累計205万部突破の〈古典部〉シリーズ最新作!
誰もが「大人」になるため、挑まなければいけない謎がある――『満願』『王とサーカス』の著者による、不動のベスト青春ミステリ!

神山市が主催する合唱祭の本番前、ソロパートを任されている千反田えるが行方不明になってしまった。
夏休み前のえるの様子、伊原摩耶花と福部里志の調査と証言、課題曲、ある人物がついた嘘――折木奉太郎が導き出し、ひとりで向かったえるの居場所は。そして、彼女の真意とは?(表題作)

時間は進む、わかっているはずなのに。
奉太郎、える、里志、摩耶花――〈古典部〉4人の過去と未来が明らかになる、瑞々しくもビターな全6篇。

ツイートする