いまさら翼といわれても

  • 1219人登録
  • 3.99評価
    • (133)
    • (172)
    • (103)
    • (13)
    • (3)
  • 188レビュー
著者 : 米澤穂信
  • KADOKAWA (2016年11月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041047613

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
森見 登美彦
伊坂 幸太郎
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

いまさら翼といわれてもの感想・レビュー・書評

  • 『箱の中の欠落』
    奉太郎は、総務委員副委員長として生徒会長選挙に立ち合った里志から、相談を受ける。
    明日の朝までに、不正票の謎を解きたい。

    『鏡には映らない』
    破れた呪いは術者にかかる。
    魔法使いや陰陽師なら心得ていますよね。

    『連峰は晴れているか』
    「ヘリが好きなんだ」
    授業中、ヘリコプターの飛行音を聞いて窓に駆け寄った教師の心の内とは…

    『わたしたちの伝説の一冊』
    伊原摩耶花が漫研をやめたいきさつ。
    若い時間は短い。
    今、何をやるべきなのか。

    『長い休日』
    これは、表題作への助走である。
    ここまでは、過去の出来事を手繰る話だ。
    いわば、前夜。
    改めての、古典部部員たちの、立ち位置の地固めと、特に奉太郎の今に至るまでの気持ちの変化と、または変化していないもの。
    えるの登場が少ないのも、そのせいなのだろう。

    『いまさら翼といわれても』
    重すぎる転機である。
    ここで終わるなんて、米澤さんひどい。

  • 家を継ぐえると共にあるために、奉太郎が自分の意志で省エネ主義を捨てる時が来るのでは?
    そんな未来の話があったら読んでみたいと思っていたので、
    『長い休日』でお姉さんが奉太郎に言った言葉に顔がにやけてしまった。
    とはいえ、表題作『いまさら翼といわれても』で、話は思わぬ方向へ。

    続きは数年後ですか!?
    わたし、気になります!

  • 古典部シリーズ6作目。
    「箱の中の欠落」「鏡には映らない」「連峰は晴れているか」「わたしたちの伝説の一冊」「長い休日」「いまさら翼といわれても」の6編を収録。

    久しぶりの古典シリーズ新作。
    いつものように「日常の謎」を解いていく短編集。
    読者に小さな驚きを投げかけて、登場人物たちの感情を丁寧にすくいとりながらゆっくり物語を収束させていく流れのお話が多かったです。

    今回は古典部メンバー4人のそれぞれの過去や新たな出発を描いていて、「変化」がテーマとなっています。
    奉太郎が省エネ体質になったきっかけ、摩耶花の『まんが道』の模索、里志のデータベース型思考からの脱却、千反田のある変化。
    奉太郎も初期のころに比べると、人を傷付けないために推理し、他人を気遣いながらそれを伝えていることに成長を感じさせます。

    「わたしたちの伝説の一冊」は摩耶花メインのお話ですが、ほろ苦い読後感が多い米澤作品にしては前向きでさわやかな読後感がとてもよかったです。
    より広い世界へ飛び出すことを、苦しみながらも決断した彼女の強い意志は尊い!
    彼女の新たなスタートに、拍手喝采して見送りたいですねー。

    一番印象的なのは表題作の「いまさら翼といわれても」。

    ここではある古典部メンバーの突然の状況の変化について語られています。
    高校生とはいえ、彼らはまだ社会に出ていないただの子どもなのですね。
    彼女は、自由に自分で将来を決められないことでの反感や諦めもあったでしょうが、そんな思いを抱く時期はとうに過ぎ、すでに家を継ぐ清新な決意を固めていたと思います。
    将来を決められていた彼女は選択の自由がなかったけども、同時に迷いもなかったでしょう。
    なのに、突然梯子をはずされた彼女の驚きと喪失感を思うとやるせなくなります。
    途方に暮れてしまいますよね。
    制約がなくなり選択肢が広くなると、却って選べなくなっちゃいそうです。

    青春らしい悩みにどう決着をつけるのか、彼女の決心は次巻まで持ち越し。
    早く次が読みたい。

  • ものすごく久しぶりの古典部シリーズ。「いまさら続きといわれても」ってファンに言わせたいがためにつけたようなタイトルがよいなぁ。(笑
    主人公ホータローを筆頭にえる、まやか、さとしのキャラクターの造型を深めるサイドストーリーを集めた連作短編集となっている。ファンなら楽しめるが、これから読んだ人は「なにこの内輪ネタ」みたいに思ってしまうだろうなぁ。

    本シリーズや季節限定スイーツのシリーズはもうちょっと感覚縮めて書いてほしいってのがファンとしても正直なところ。もう前の話忘れてしまってるよ。正直(笑

    これら以外の作品も抱えておられる米澤さんなので、贅沢は言えないけど、せめて2年に1冊、できれば年1冊シリーズを刊行してくれたらなぁ。

  • 古典部シリーズ、最新作である。古典部の部員の過去などに迫る話がメインで、中でも奉太郎の過去の話が良かった。現在の奉太郎が省エネになるきっかけや作中で奉太郎が作った小説(同人誌的なもの)も当時中学生とは思えない程の見事な作品だと感じる。その他の人物らが過去に何を抱え、もがき悩んでいる様子が伝わり、それを一つ一つ超えて、高校生2年のいまに至っているのだろうと感じ、抱えている物の重さに複雑な気持ち、お嬢様がゆえの苦悩、時間の経過待ちなところもあると感じた。古典部部員は現在2年生、今後を描いた続きがあるのに期待。

  • 古典部!奉太郎をはじめ、皆成長してる。中学の卒業製作は今の状態で気付いてる人いるのかしら。気になる。

  • 摩耶花の存在感を示した巻。プロを目指すには漫研は邪魔だってこと?ノートを盗られたとき、里志を怒らなかった摩耶花、いい子だな。折木なら渡さなかったとか、私なら言いそう。古典部の女子2人、迷っていた摩耶花が足元を固め、逆にえるが揺らぎ始めた。「鏡には映らない」、人を呪わば穴二つを奉太郎が示した。「連峰は晴れているか」小木先生の笑み、考えれば考えるほど怖い。安堵のあまり洩らした笑みならいいけど、少なくとも奉太郎はそうは受け止めていないようだ。えるの父親がえるにそんなこと言ったってことは、千反田家に何かあったのかな。

  • 連作短編6編
    折木奉太郎の中学時代を切り取った「鏡には映らない」と「長い休日」が良かった.
    表題作ではまだ謎が残っている.えるの進退やいかに?次巻が気になる.

  • ほろ苦い青春群像が描かれる古典部シリーズの最新作。それぞれの少しずつ未来へ、先へと惑いながら歩んでいく姿が丹念に描かれていました。

    驚かせるとか、トリックに凝っているとか、そういうギミックを楽しませるのではなく、あくまで古典部のメンバーの思いに焦点を強く当てているようで、だからミステリというより、しっとりした切ない印象のほうが強く後に残りました。

    表題作が特にそうで、おそらくはこのタイトルからある程度推し量れるものはあるでしょうが、この言葉からつづくあてのない慟哭を感じると、やるせなさが募るのです。

    彼ら彼女らがこれからどういう道を選ぶのか、選ばざるを得ないのか。

    「わたし、気になります」
    と、言って良いのか…、はばかれるような、そんな重さも感じた物語でした。

  • 高校生のときにあれこれ考えてたかな?
    地元高校に進学したのではなかったから、友人とのあれこれがこれほど濃密ではなかったような。
    以前から知っているというのと、高校からの付き合いというのではちょっと違うかも。
    でも、いいな青春。
    いまさらながら、友人たちとのあれこれに悩んでみたい。

  • 古典部シリーズ。
    連作短編。いつもはホータローの語りで進んでいくが、今回は古典部メンバー各々の視点で語られていた。久々に読んだが、やはり面白い。
    ホータローの口癖のルーツみたいなものもわかり、えるの言葉が良かった。
    ホータローがものすごくイイヤツになっていた。

  • 記念すべき2,000アイテム目。
    というわけで大好きな〈古典部〉シリーズの第6弾を読みました。
    色々と掲載された雑誌も買ったのですが結局読む前に短編集が発売になってしまった。

    内容は、うーん、やっぱり大好きなシリーズだけあってちょっと期待値が高すぎたのか、やや物足りなく感じた。
    というか、方向としてミステリよりキャラ小説に向かってるなあという印象。キャラ大好きだからそれでも楽しめるはずなのだけれど、やっぱりもうちょっと「どういうことだろう」と不思議がらせて欲しかったかなあ。
    ただ、キャラ小説としては非常によくできていると思う。
    奉太郎の過去やモットーの由来が明らかになったり、摩耶花やえるのこれからが描かれていたり、シリーズ好きなら楽しめると思います。
    全体的に摩耶花が出てきてて、里志は少なめかな?
    摩耶花、漫研辞めたってどこかで見た気がしたんだけど、アニメのオリジナル設定だったのか、そこまでの間のことを書いてるのか記憶がちょっと曖昧だったので戸惑った。どっちだ?

    うーん、やっぱり長編が読みたいな。
    『ふたりの距離の概算』から6年経っての刊行なので、果たして次はいつになるやら…。

  • 古典部シリーズ第六弾。古典部部員たちの過去と未来。それぞれが解きほぐしていく日常の謎。
    何年かおきに読んできたシリーズ。このまま彼らにはずっとずっと高校生のままでいてもらいたい。

  • 本当にようやく出た古典部シリーズの最新刊。
    あまりにも待ち遠しかったので、もったいなくて読み進めるのも躊躇うほどだった。
    残るは「いまさら翼といわれても」の章だけになったときの悲しさったらなかったー。
    それでも、余韻を残すラストにふさわしいお話でよかった。
    全編を通して空気感がよく、読みやすく、瑞々しくてよかった。

  • 素晴らしかった。
    折木や古典部の仲間たちのように、10代で京都アニメーション版の『氷菓』に触れて、それから4年、すこしだけ歳を重ねた20代が「1年しか歳を重ねていない」彼らに触れると、ぐっと読後感が深まって感慨が増えると思う。特に<鏡には映らない>が良かった。度肝を抜かれるようなどんでん返しだった……。ああ、鬱屈!
    瑞々しくて切ない、ビターテイスト(で口当たりはライト)な青春文学。さあ、次はそれほど待たせずに、読ませて欲しい。
    折木クンは、現代の、のび太くんみたいだ。

  • 6話それぞれ面白かった。古典部シリーズは未読だけど改めて興味を引かれたのでそのうちに是非読んでみたい。独白スタイルが調子よくて四人の関連性が初めて読む者にも理解できる気がするね。
    独特の語り口が私には気持ち良かった。

  • 中身は短編6編。
    表題作のいまさら~が最後に載っています。
    何も考えずに読み始めたけど、読み終わって、タイトル見て、あー、と納得。

    冷静に考えれば、主要キャラの中で、誰が翼持ってないかは、自明のこと。
    翼渡されて、こんな動きとるか、というのは正直意外。でも、納得。

    長編好きなので、ちょっと物足りなさはあったけど、各主要キャラが、色々動いて面白い1冊でした。

    ただ、前作読んでから、かなり時間が経っていたので、これ誰だっけ?と思いながら読んでしまいました。
    少し前に小市民シリーズを読んでたので、余計に混乱したのかも。

  • 09/21/2017 読了。

    図書館から。

    久々古典部。
    アニメの印象が強くなってきちゃって、
    自分の中でズレが生じてきたよ…。

    して、千反田ぁぁぁ!!
    次はいつでますかねー。

  • *累計205万部突破の〈古典部〉シリーズ。誰もが「大人」になるため、挑まなければいけない謎がある――奉太郎、える、里志、摩耶花〈古典部〉4人の過去と未来が明らかになる、瑞々しくもビターな全6篇*

    前情報が全くない状態で借りてしまったのですが、人気シリーズしかも6作目だったと知って納得。現時点では主人公たちが高校生なので、作品と一緒に成長してきたんだろうな。青春ミステリとは言え、案外ダークでシビアな内容なので、色々と感じるところも多々。その読後感から、遡ってこのシリーズに手を出すか迷うところ。

  •  大好きな古典部シリーズが返ってきました。
     古典部シリーズの前作から数年経っているにも関わらず、奉太郎をはじめ、部員全員がいきいきと健在しています。

     本作では奉太郎がなぜ省エネ主義になったのかが明かされます。また、摩耶花ファンには嬉しい、彼女が主役の話も。
     タイトルでもある「いまさら翼といわれても」のラストは、今後の伏線ともとれる展開で、次巻発売への期待が高まります。
     どうか、次巻が出ますように。

  • 待望の古典部シリーズ続編。単行本で読むなんていつ以来か。氷菓の実写映画化に便乗かの心配をよそに、高校二年になっても手短かな推理は健在でひと安心。「わたしたちの伝説の一冊」は、奉太郎が中学時代に書いた読書感想文を読んで、里志が摩耶花の事件を推理する、という過去からの間接探偵のような試み。他にも「鏡には映らない」は、中学卒業時の奉太郎の謎の行動を摩耶花が解く、など脇役が一人称で活躍する。マンネリに陥らずに、でも学校の日常とは離れずの距離感はさすが。そして「長い休日」では"やらなくてもいいことならやらない"のモットーの謎がついに。もはや謎解きではなく青春小説だなぁ。「満願」「儚い羊。。」のようなダーク系のたくらみもいいけど、作者の真骨頂は、部活辞めるの辞めないのといった日常の中の些細な謎なのだと思う。にしても、わが愛しのちーちゃんの出番が激減してるのはなして?今主流の毒舌ツンデレじゃない、敬語の正統お嬢なヒロインは貴重な存在。わたし、気になります!も少ないし。。

  • 全然知らなかったのですが、古典部シリーズの最新刊が出ていたのを書店で気づいて、すぐ買いました。

    日常の些細な不思議や謎を解きながら、その後ろにある青春の心の動きを描き出すという、古典部シリーズの美しいところがとても楽しかった。
    ただ今作は、これまでよりも、登場人物たちの内面が何歩か進んだような気がしました。
    進んだというか、比較的安定していた人格や精神が揺らぎはじめたというか。

    それを成長というのは、単純な表現でしょうか。

    最後の話、千反田の悩みは、あまりほかの文芸作品では聞いたことのないもので、そういった描き方をされていることに驚きました。

  • 奉太郎の長い休日が、千反田や古典部のみんなとの関わりの中で、終わりに向かっていることを感じた。
    奉太郎は「氷菓」からずっと、解かねばならぬ理由、つまり「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことは手短に」の「やらなければいけないこと」と判断してから謎解きを行なっていた。しかし徐々に、「引き換えにもらえる何かのため」から「自分と周りの人のため」に動くことに変わっている。
    それは作中で千反田の言っている通り、奉太郎のもともと持っている、思慮深く素直で優しい性格が表面化してきたからだと思う。つまり長い休日から目覚めつつあることから、奉太郎の成長を語っており、人の成長と時間を感じられる巻だった。

    今回の件で、奉太郎はつくづく女性に人生を左右される人なんだと思った。まさにタロットカードの「力」。里志のジョークは的を射ていると思った。

  • 古典部シリーズの6作目。短編集。主に高2の春から初夏にかけてのエピソードが収録されている。

    【感想】
    今回はシリアスな話が多かった。奉太郎が省エネ学生となった背景は物悲しいし、中学校の同級生から嫌悪されたまま高校に通うのは物苦しい。摩耶花は漫研部の内部闘争に苦悩させられ、トドメは表題と同名の短編。生き雛祭から数ヶ月足らずで状況が変化してしまった。
    しかし、救いもある。損な役回りが多い摩耶花に手を差し伸べたのは意外な人物だった。また、奉太郎に対する姉の言葉は優しかった。彼を長い休日から解放するのはきっと古典部メンバーなのだろう。

    【収録作】
    箱の中の欠落/鏡には映らない/連峰は晴れているか/わたしたちの伝説の一冊/長い休日/いまさら翼といわれても

  • ホータローの省エネ感が好き。
    ホータローの昔の話や他の登場人物が主人公になった話などの短編集。
    周りの人たちの人柄や考えている事が書かれてあって、より深く人間性を知る事ができた。
    事件も程よい謎で気持ちよく読めた。

全188件中 1 - 25件を表示

いまさら翼といわれてもに関連する談話室の質問

いまさら翼といわれてもに関連するまとめ

いまさら翼といわれてもを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

いまさら翼といわれてもを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

いまさら翼といわれてもを本棚に「積読」で登録しているひと

いまさら翼といわれてもの作品紹介

累計205万部突破の〈古典部〉シリーズ最新作!
誰もが「大人」になるため、挑まなければいけない謎がある――『満願』『王とサーカス』の著者による、不動のベスト青春ミステリ!

神山市が主催する合唱祭の本番前、ソロパートを任されている千反田えるが行方不明になってしまった。
夏休み前のえるの様子、伊原摩耶花と福部里志の調査と証言、課題曲、ある人物がついた嘘――折木奉太郎が導き出し、ひとりで向かったえるの居場所は。そして、彼女の真意とは?(表題作)

時間は進む、わかっているはずなのに。
奉太郎、える、里志、摩耶花――〈古典部〉4人の過去と未来が明らかになる、瑞々しくもビターな全6篇。

ツイートする