政略結婚

  • 433人登録
  • 3.67評価
    • (14)
    • (20)
    • (30)
    • (3)
    • (0)
  • 29レビュー
著者 : 高殿円
  • KADOKAWA (2017年6月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041047682

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
恩田 陸
米澤 穂信
三浦 しをん
森見 登美彦
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印

政略結婚の感想・レビュー・書評

  • 表紙の絵のように三代続く(直にではないが)女性たちの物語。

    タイトルだけみたら嫌々結婚させられる感じだけど、1話の勇も、2話の万里子も相手に恵まれたと思う。万里子は許婚との結婚ではなかったけど。
    3つの話の中ではこの「プリンセス・クタニ」が好きかな。お似合いの2人が一緒になれたから。

    でも1話も3話も、もちろん面白かった。お皿が時代を超えた。

  • 中編3編
    幕末,明治,昭和とそれぞれの時代に生きた華族のヒロイン.前田家の関係のあるややこしい系図は結婚問題などで重要であるが,そんなものを差し引いてもどの章の主人公も自分というものがあって魅力的だ.九谷焼のてんさいの大皿が最後にも登場して,作者の「てんさいの君」への思いが伝わってくる.私も大聖寺藩前田利極殿が好きだった.

  • タイトルの「政略結婚」に戸惑う。実際、三話目は結婚もしていない華族女優の話である。江戸、明治、昭和と時代に流されながらも逞しく生きた女性達。身分というものがあり、高い身分であるが故の葛藤が面白い。誇りを持って生きる気高さみたいなものを感じた。

  • 江戸、明治、昭和に生まれたおひいさまたちの人生。
    「政略結婚」という言葉の持つ、ネガティブなイメージはここには一つもない。それぞれのおひいさまたちの生き生きとした強い笑顔がそこかしこにあふれている。
    親や家のために結婚であろうと、自分で決めた結婚であろうと、そして結婚という道を選ばなかったとしても、自分で人生を切り開いていく女たちのたくましさたるや!
    あぁ、すっきりした!高殿小説の人生賛歌!カッコいいオンナたちに惚れりゃいましたよ!

  • 大変な時代もあったものだなあと思いつつ、意識は今も多少は残っている感じはする。でも今の時代はゼクシィのキャッチコピーのように、結婚は家ではなく2者間のもの、という意識が強くなっているよね。
    富山藩を中心に、3つの時代のお姫様が政略結婚する悲喜こもごも、かと思いきや、最後の話はちょっと違った。前の話の関係者の血筋が出てくるのも感慨深い。繋がってるんだなあと思わせる。
    政略結婚で酷い相手に嫁がされて苦労する、という話も珍しくは無いけど、この本に出てくる人は皆良い人ばかり。悪いのは運と巡りあわせで、それでも自己を強く持った女性たちを描いている。
    「死なぬものは死なぬ」というのは人だけでなく、「お家」にも言えるのかなあと思った。

  • 政略結婚というと何かネガティブなイメージですがそんなことはなく、むしろラブラブなご夫婦のエピソードがほほえましい。江戸時代から現代へと3人の女性にエールを送りながら読んでいました。朝ドラにしてくれないですかね?時代の流れも見せられるし、タイプの違うヒロイン3人というのもきっと面白いだろうし。読後は朝ドラの最終回を見終わった気分でした。

  •  幕末、明治から大正、昭和、それぞれの時代に生きた3人の女性をヒロインとした連作。

     まず、この読みやすさはすごい。時代背景や登場人物がことなるのに戸惑わない読みやすさはなかなかのもの。(好みの文体だからかもしれないけれど)
     読みやすくて、わくわくして面白かったー。

     ただ、なんというか全体的にとんとん拍子で話が進んでいくので、ドラマっぽいというかお約束的な感じがしないでもない。個人的にはお約束に走るなら、もすこし過剰に盛り上げがある方が好きだ。

  • 3つの時代を生き抜いた女達のお話

    解放感あり

  • 華族のおひぃさまのはなし。
    連綿と続く血の大河的な話しかと思えば、最初の勇さまは二人とも子どもを亡くしてしまう。蕗野一族がおひぃさまをと思えばそうでもない。ただ「てんさいの君」の皿が残っていたのがグッとくる。広い意味で加賀の前田家のお血すじ。
    私的には昭和の姫さまが好き。おたあさまは…だったけど。結婚の話しは中心の話題じゃないのね。表紙、何だかイメージと違うけれど。
    最初はこの表紙にそそられたのでした。

  • 『政略結婚』をテーマに幕末から昭和を生きた3人の女性の物語。 政略結婚がテーマであっても幕末期のお姫様
    だけだった思うけど…

    まあまあ面白かった。もう少し1つ1つが深みがあったら良かったかもしれない。
    3人の女性は自分の力では到底抗う事の出来ぬ困難の中でも自分の力では起き上がろうとする。
    一枚のてんさいが描かれたお皿を繋ぐ物語。

  • 幕末から昭和にかけての女性の結婚や仕事等に関しての行き方を描いている。物語の時代と現在では女性の生き方や価値観の違いはあるが、共通している部分も感じる。現代とは違う恋愛観もあり、純愛さも感じられる。文明開化の時代、大正ロマンの中で女性の生き方と価値観の変化を受け止め、今よりも男性優位だった時代の中で、自分の芯となるものを大事にしてきた3人の女性に強さを感じる。「てんさいの君」に出てきた夫は妻、家族を大切にする、夫婦の鏡だと。家族制度が廃止され、最後の華族女優だった女性の生き方も一歩を踏み出し、共感する。

  • てんさいの君、よかった。お皿が時代をこえて、つながっていく。おもしろかった。

  • 2話目が特に良かった。図書館で借りたけど買うことにします

  • 大名から華族、そして平民。てんさい糖の皿だけは知っている。

  • ブクログプレゼント。幕末、明治、大正、昭和と、激動の時代を生きた女性たちの結婚と家柄にまつわる物語を、3人の主人公の視点から紡ぎだした大河ファンタジー(ってなんだ?)。一人目のお姫様こそ実在の人物だが、以降はフィクション。「女は結婚してこそ一人前」「子ども生んでナンボ」という世界ではあるが、必ずしもそれに真っ向から反対するわけではなく、それを自分のなかで消化して受け入れたり、うまくいなしてかわしたりする彼女たちの姿からは紛れもなく強さを感じる。悪くはないが、小説としてのおもしろさは、まあまあ。

  • 幕末から3世代にわたる華族の女性の生き方の変遷。

    九谷焼を海外でひろめる女性の話が一番好きかな。

  • 実在したという「てんさいの君」の勇姫・利極夫婦が、とても素敵。ふたりの仲睦まじさにほっこり。制約の多い環境で、縁あった女性たちと、互いに協力し合いながら生き抜く姿が、魅力的。
    「プリンセス・クタニ」生まれも育ちもほぼ海外。近代的で自立心高く、さばさばとした主人公が、清々しい。

  • 幕末から現代にかけた3人の女性の物語。題名に象徴される身分と時代の重苦しさも、その中で不思議なほど折れないたくましさも、少しずつ繋がっていながら全く違う三者三様の人生が爽快。

    勇のおっとりした様子も、万里子の奔放さも、花音子の芸時へののめり込みも、皆それぞれ身分との向き合い方が違って魅力的。
    勇の話が特に好きです。
    「死なぬものは死なぬ」という台詞がしなやかに前を向く力強さ。

    それぞれの物語の終幕にふしぎなおかしさを運んでくる九谷焼のお皿も、なんだか最後にフフッと笑わせてくれた。

    装丁も挿絵も素敵で、件のお皿が奥付の隣の頁に配されているのも粋ですね。

  • 江戸時代末期の加賀前田藩の親戚筋にあたる加賀大聖寺藩に嫁いだ勇(いさ)の采配、明治・大正にかけて九谷焼復興に力を尽くすことになる小松子爵の長女万里子の生き方、大正から昭和・戦後の日本で、没落した旧華族から新宿のショウーの花形、そして映画女優へと転身していく花音子(かのこ)。それぞれの時代の女性の個性的な生き方を描く。
    どの時代にも3世代の共通項として大根の描かれた九谷焼の大皿が登場します。

    百貨店の外商部の話の時にも感じたけれど、高城円は上流階級の悲喜こもごもをテーマにするのが好みなのかな。やっぱり絵空事に思えてしまうのは、凡人(平民?)の証だったりして。

  • 三人のことを、
    一人一人じっくり知りたくて、
    読み終えるのがもったいなかった。

  • ブクログ登録の100冊目はブクログ様からいただきました。献本ありがとうございます。
    江戸明治昭和、華族制度がなくなるまでの三人のお姫様のお話です。伝統の中に生きる昔の女性を一枚のお皿とからめて書かれています。
    「ご縁をとりもつことが女の一番大事な仕事であった」というのが心に残ります。家を守るため。つい百年少し前まで、あったことなんだなあと、今の時代では信じられなく…まあ、特に身分が高いお家でのことなんでしょうけれど。寿命も短いしね。昭和の三話目は少々色濃かったかな。でも、それぞれの時代にどう生きるのか、女性の力強さがよく描き出されてて、どっぷり物語の世界に浸れました。表紙の絵も素敵です。

  • 3つの時代の大名〜華族〜普通の人のなる女性たちを描いた中編集。
    しかし高殿円はラノベも書くし、『トッカン!』みたいなかためな小説も書くし、こんな時代小説も書くし、幅広いなー。すごい。
    私は「てんさいの君」が好き。江戸末期、のんき者だった少女時代から、辛い人生を歩むこととなる勇姫の話。とはいえ「てんさいの君」との甘々な生活は、なんだか素敵だなあ、微笑ましいなあ、と。

  • 新聞でチラ見していたので購入。図らずも金沢にいるのでサイン本ゲット。

    江戸から昭和までの三編。
    3人の主人公をつなぐのは工芸・九谷焼。
    人はこんなに儚く消えてしまうのに、その人たちが望みをかけるものと希望の力強さよ。

    「死なぬものは死なぬ」
    一編目のこの言葉が全編にうっすらただよう。

    こんな言葉を突きつけながら、泣きたくなるくらいあっさりと、淡々と語られる行間。
    其々の時代が、そういった語り口しか持ちえなかったのだろうなとさえ思えてくる。

    爽快な一作。

  • 作品がドラマ化される前からの、ラノベの頃から好きで読んでいた作家さんで今回の作品、タイトルと表紙ですぐ面白そうだな、と思いました!
    まだ読んでいないけれどぜひ読みたい作品です❗

  • 勇の話が一番良かった。
    今の世界では、とても考えられない事が当たり前だったんだなーと。
    どの話の女性も強く逞しかった。
    ただ最後の話があんまり好みでなかったのが残念かな。、

全29件中 1 - 25件を表示

政略結婚を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

政略結婚を本棚に「積読」で登録しているひと

政略結婚の作品紹介

金沢城で生まれた私の結婚相手はわずか生後半年で決まった。(中略)
早すぎると思うかも知れないが、当時ではごくごく当たり前のことで、
大名の子の結婚はすべて政略結婚、
祝言の日まで互いに顔を合わせず、文も交わさぬのが慣習である。
私の生まれた文化の世とはそういう時代であった。――第一章「てんさいの君」より

不思議な縁(えにし)でつながる、三つの時代を生き抜いた三人の女性たち。
聡明さとしなやかさを兼ね備え、自然体で激動の時代を生き抜く彼女らを三部構成でドラマチックに描き出した壮大な大河ロマン!
―――
加賀藩主前田斉広(なりなが)の三女・勇(いさ)は、生後半年で加賀大聖寺藩主前田利之(としこれ)の次男・利極(としなか)のもとに嫁ぐことが決まっていた。やがて生まれ育った金沢を離れ江戸へと嫁いだ勇は、広大な屋敷のなかの複雑な人間関係や新しいしきたりに戸惑いながらも順応し、大聖寺藩になくてはならない人物になっていく。だが、石高十万石を誇る大聖寺藩の内実は苦しかった。その財政を改善させるような産業が必要と考えた利極と勇が注目したのは――(「第一章 てんさいの君」)。
加賀藩の分家・小松藩の子孫である万里子。パリで生まれ、ロンドンで育った彼女は、明治41年帰国し、頑なな日本の伝統文化にカルチャーショックを受ける。やがて家とも深い縁のある九谷焼をアメリカで売る輸出業に携わることとなり、徐々に職業夫人への展望をいだくが、万里子の上に日本伝統のお家の問題が重くのしかかる。日本で始めてサンフランシスコ万博の華族出身コンパニオンガールになった女性は、文明開化をどう生きるのか――(「第二章 プリンセス・クタニ」)。
貴族院議員・深草也親を祖父に持つ花音子は、瀟洒豪壮な洋館に生まれ育ち、何不自由なく暮らした。だが、花音子が幼稚園に上がるちょうどその頃、昭和恐慌によって生活は激変。すべてを失った花音子と母・衣子は、新宿の劇場・ラヴィアンローズ武蔵野座に辿り着く。学習院に通いながら身分を隠して舞台に立つ花音子は一躍スターダムにのし上がるが――(「第三章 華族女優」)。

ツイートする