虚実妖怪百物語 破 (怪BOOKS)

  • 226人登録
  • 3.54評価
    • (9)
    • (32)
    • (26)
    • (9)
    • (0)
  • 38レビュー
著者 : 京極夏彦
  • KADOKAWA (2016年10月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (488ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041047781

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
京極夏彦
京極 夏彦
京極 夏彦
恩田 陸
京極 夏彦
米澤 穂信
京極 夏彦
京極 夏彦
京極 夏彦
京極 夏彦
宮下 奈都
有効な右矢印 無効な右矢印

虚実妖怪百物語 破 (怪BOOKS)の感想・レビュー・書評

  • 日本がとんでもないことになってしまっています……嫌だなあこんな世の中。いいじゃん妖怪くらいいくら湧いたって! 可愛いもんじゃん妖怪なんて。……でも邪神に乗っかられるのはたしかに困る(笑)。
    馬鹿馬鹿しいお話のようにも思えるけれど。事件やなんやが起これば何かに原因を求めて排除しようとする、ってのは現実にもあって、面白くない傾向ですねえ。いつの世の中でもあることかも。なので、こういう風潮になるのは決して絵空事ではないぞ、と思えば恐ろしい話です。妖怪だの幽霊だのの方がよほど平和なのは確かだなあ。
    にしても実在のようなあの人やあの人のキャラが凄すぎて。なんかね、フィクションだと思っていてもそういう印象で見てしまいそうです。

  • 妖怪とはなんなのか、の概念みたいなのが書かれててなるほどなーーと読みながら納得しました。
    妖怪は見えるものじゃなくて現象だし、ただ水木先生みたいな人が絵として実体化というか現象をキャラクターにしたことで生まれたんだなあと思いました。人によって同じ妖怪が違って見えるのが面白いし、実際は何もないっていうのがとても京極さんぽくて楽しかった…あとやんわり震災とか政治のことを言ってるようでいいぞもっとやれと思いました

  • 実体のない妖怪が視えるようになったのは、視る者の改ざんされた脳内画像であり、デジタル記録データも同様だと判明するが、怪異・不思議に対する人々の疑心暗鬼・不寛容さは、妖怪バカの粛清を正当化し、公もそれを黙認する事態に。
    日本妖怪推進委員会や荒俣宏も襲撃を受けるが。。
    荒俣先生が国産ロボット第1号の學天則の付喪神に乗り、妖怪資料の付喪神と行進するのは何ともカッコいい。
    不思議なことはない、分からないことがあるだけという京極先生のブレなさも素晴らしい。
    客観的根拠のない不安・心配や、多様性を認めない不寛容な価値観に基づくヒステリー的な異質への攻撃など、ベースにある世相は現実のもののように思え、そうした風潮への痛烈な批判のように感じられる。
    妖怪者や資料は無事でいられるのか、完結の「急」の巻につづく。
    16-226

  • まさかのクトゥルー。ああーもしこの作品内に自分がいたら信者として合流したい。いや別に信者じゃないけど。そもそも詳しくないけども。

  • どんどん迫害されてゆく妖怪好き達の行く末を気にしつつ、それでも全然悲壮感のない様子にニヤリとしながら読み進められます。どんな状況でもブレない面々が最高です。最終的にどう決着をつけるのか、それともつかないのか(笑)、次巻を楽しみに出来る読書っていいですね。

  • アニメやマンガを叩く人間が今度は妖怪を叩いてる、という話は「なるほどなあ」と思った。

    アニメオタクやマンガオタクが害とされる理由の一つは、実在しないようなものに入れ込んで国民の義務を果たさなくなる恐れがあるからである。

    そして妖怪を本気で信じる人間も、実材しないものをあるかのように捉え、時として他者や村(国)に害をなしたり何かから逃げたりするという点では同じなのだ。

    だからオタク文化が嫌いな人間は、人間を妖怪バカにする妖怪が憎くなるのだろう。

  • どんちゃん騒ぎになって来ました。一人ひどい書かれ方をされています。一人じゃないか。

  • 「急」でまとめて。

  • 予想外。
    そして面白い。
    わからないことはわからない。
    不思議なことなどなにもないと言うのはそういう意味だったのか。

  • 突如面白くなってきました。バカでアホらしいが、アイロニカルで深いです。含むところ非常に多い。特にクトゥルーが出て来てしまった頃から興奮度が上がりました。
    「懐くものなのか太古の邪神。」
    懐かれてみたいです。そして西村真琴博士が出て来た時点で、どんなにレオが話そうが話しがズレようがぶれなく面白さが加速。最後は大先生登場でフハッ!!急でどない始末するのか非常に楽しみです。
    名台詞もたくさんでてきまして、印象に残ったのは荒俣が言う
    「そうだよ。バカなんだよ。情動にどっぷり浸かっている者には己の愚かさなど判りはしないだろう。一方で、理が勝ち過ぎている者にとっては、情動に寄ったものはすべてバカにしか見えない。妖怪は狭間に涌いて。思い切りバカな面体を晒すことで、人間にわきまえるということを示してくれる。そういうものだヨ。こいつらは」(P294)

  • 2巻目が先にきちゃったし。
    なんだか深刻そうな展開・・・と身構えたら・・・なんだこの奇天烈な展開は!
    実名色々で面白かったですし、黒史郎大変な目にだし、キハラさんの降下に内心高笑いでした。
    こういう系統はどすこい以来で、まじめなとこが笑えるんだよなあ、と。
    とりあえず、レオと平太郎何者。

  • 妖怪がリアルにいるとか荒唐無稽ではあるんだけど、自粛に走る世論の空気感とか根拠のない話がまかり通る感じは生々しい。

  • 妖怪が目に視える事で日本社会がパニックになる様が第2弾の今作で描かれており、その様子が妙にリアルで説得力がある。特に妖怪を排除する為に市民が自警団のようなモノを設立し関係者を排斥しようとする所なんてあり得そうで怖い。
    京極夏彦を始めとする関係者が追い詰められ逆襲に転じようとするところで今回は終わるがお化け大学の講演で映画化は無理と言ってた理由がよく分かった。関係者の了解を得るのもそうだけどクルトゥー神話だの學天則が出てくる時点で難しそう。

  • なんか、グダグダ
    ただただ、ぐだぐだ
    面白いのか、面白くないのか

  • 妖怪、全国的に大発生!!
    目に見えない架空の存在のはずなのに、なぜかテレビカメラにまで映る妖怪たち。ついには、邪神クトゥルーや巨大ロボまでもが出現して...!?
    人心が荒廃しきった現代日本。なんの罪もない妖怪を、そして妖怪関係者を粛清する〝妖怪狩り〟が始まった!

  • 酷い。
    ほんとに酷い。
    新井素子の「絶句。」や火浦功のコメディ路線と同レベルの読後感である。
    世相は反映してるし、理と情動についてのバランスやらについては首肯しまくる事が多いので、更にタチが悪いともいえる。
    遂にクトゥルフや綾辻行人まで出てきた。高橋葉介、菊池秀行も端役で登場
    いいぞ、もっとやれ。

  • 『序』はハッキリ言ってもうぐだぐだで、ほんと読むのが辛かったんですが、終盤で一気に話が動いて続きが気になるところで終わったので、続きを読みました。
    うん、面白い!
    メタなので実在の人物が出てくるのですが、『序』でもかなりの登場人物の数だったのに、更に輪をかけて増えています。『序』はあんま知らん人が多かったのですが、かなりのビッグネームがちらほらと。そしてまさかのあの芥川賞作家w許可取ったのかなw
    自分は妖怪馬鹿ではないので話についていけるか不安だったのですが、この巻は純粋にパニックものとして面白くできていて、妖怪の知識がなくても十分楽しめました。
    妖怪の出現により、妖怪の専門家たちが迫害されるようになるというのは、ちょっと極端すぎる設定な気もしますが、作中でまあうまく理由付けされてるので、ギリギリありかな。
    『序』では出てこなかった作者本人が出てくるのですが、過剰にカッコよく書くでもなく、自虐的でもなく、絶妙な塩梅で自分をキャラクター化していてさすがだなと思いました。
    なんていうか収集つかなくなってると思うんだけど『急』でちゃんと終わるのかな。どう終わるのか楽しみだ。

  • 物語が動き始めたので序よりは楽しく読めました

  • 前巻はほとんど序章のようなものだったが、物語はいきなり加速する。
    妖怪が各地に出現し始めると妖怪やそれに関係する者は悪という価値観が一気にはびこり、ヒステリックな妖怪狩りが始まった。被害は妖怪関係者にも及んで…
    多様性を認めない不寛容で攻撃的な世相はリアルと重なって恐ろしいが、そんなものを吹き飛ばすような百鬼夜行、クトゥルーなどなんでもありのはっちゃけ具合が、バカバカしいけど楽しい。最終巻はどうなるのか。
    それはそうと學天則って知らなかったが、復元品が大阪市立科学館にあるらしいので見てみたい。

  • もうだいぶどうでもよくなってきてななめよみ。
    しつこい。くどい。そんな人だとは知ってはいたけど。

  • 虚実妖怪百物語 破(中巻)。

    何だかもう、カオスな感じになってきました。
    荒俣宏さんが巨大ロボ(學天則)を操作する(ように見えてるとの事)とか、想像の限界超えすぎです。いや褒めてますww。
    実名登場される方々も、増々豪華になり、次巻はどうなるのでしょう。

全38件中 1 - 25件を表示

虚実妖怪百物語 破 (怪BOOKS)を本棚に登録しているひと

虚実妖怪百物語 破 (怪BOOKS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

虚実妖怪百物語 破 (怪BOOKS)を本棚に「積読」で登録しているひと

虚実妖怪百物語 破 (怪BOOKS)の作品紹介

錯綜する虚構(フィクション)と現実(リアル)。
妖怪が各地に出現し、荒んだ空気が蔓延する日本で“妖怪狩り”が始まり――。

榎木津平太郎、駆ける!


富士の樹海。魔人・加藤保憲の前に、ある政治家が跪いていた。太古の魔物が憑依したその政治家に、加藤は言い放った。この国を滅ぼす、と――。妖怪が出現し騒動が頻発すると、政府は妖怪を諸悪の根源と決めつけ、駆逐に乗り出す。世相は殺伐とし、民衆は暴力的となり、相互監視が始まる。妖怪専門誌『怪』関係者は、この異常事態の原因究明のため、村上健司らが入手した呼ぶ子を出現させる謎の石の研究を続けるが……。

虚実妖怪百物語 破 (怪BOOKS)はこんな本です

虚実妖怪百物語 破 (怪BOOKS)のKindle版

ツイートする