猟犬の旗

  • 21人登録
  • 3.60評価
    • (2)
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 芝村裕吏
  • KADOKAWA (2017年7月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041047798

猟犬の旗の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前作の猟犬の國よりドンパチ要素増しのスパイ物。
    マジオペとのミックス要素が減ったので展開のテンポがよい

全1件中 1 - 1件を表示

猟犬の旗のその他の作品

芝村裕吏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
横山 秀夫
カルロ・ゼン
芝村 裕吏
垣根 涼介
東野 圭吾
中村 文則
有効な右矢印 無効な右矢印

猟犬の旗はこんな本です

猟犬の旗の作品紹介

「お前たちのためじゃない。俺の仕事のためだ」
「外国人の反乱か。いいな。確かに現状はそういう感じになりつつある」

 日本の誇る情報機関(便宜上「イトウ家」と呼ばれる)、そこには使役される猟犬(ルビ:スパイ)がいる。
「何事もないのが一番いい。そのためならどんなこともする」猟犬たち。
ある者は望んで、ある者は脅され、その身を機関に捧げている。
 外国人にもかかわらず、不本意ながら猟犬となった男が休暇を取ったその日、日本のまどろみは崩壊した――。
関西国際空港に新宿駅、日本の主要都市で起きる爆弾テロに銃撃テロ。“外国人の反乱”に、男が動く。
猟犬は、どの旗に忠誠を誓うのか?

 現代日本を舞台とした、スパイ小説の新潮流!!

ツイートする