ホルケウ英雄伝 この国のいと小さき者 上

  • 28人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
著者 : 山浦玄嗣
  • KADOKAWA (2016年12月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041048283

山浦玄嗣の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
森見 登美彦
宮下 奈都
河崎 秋子
米澤 穂信
村田 沙耶香
エラ・フランシス...
津村 記久子
ジェイムズ・P・...
須賀 しのぶ
宮部みゆき
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

ホルケウ英雄伝 この国のいと小さき者 上の作品紹介

静かなる野、モーヌップの大地。バンドー(坂東)から移り住んできた豪族による、「米一石借りたら返す時は二石」という掟に、エミシの民は苦しめられていた。エミシを騙して得た毛皮や海産物を売り大儲けしていたウェイサンペの連中に、青年マサリキンは怒りを覚える。さらに美女・チキランケが女奴隷として召し出されると訊き、憤慨したマサリキンは、一目で恋に落ちたチキランケと共に馬で逃亡を試みる。追っ手に囲まれたマサリキンが「邪悪な心、恥を知れ!」と怒りを放つと、彼の馬トーロロハンロクが、襲いかかる相手を噛み殺してしまう。逃げ切ったマサキリンだったが、訪れた集落で出会った長老から、「不正を見て怒らないのは怠けの罪」だが、マルコ党への敵対は帝への反乱者と見なされると諫められる。愛馬が殺したのは、敵将の愛息だった。運命はマサリキンに反乱軍への参入を促すが、マサリキンとはぐれたチキランケは再び囚われ、鎮所で按察使の愛人になることを命じられるが――。

ホルケウ英雄伝 この国のいと小さき者 上はこんな本です

ホルケウ英雄伝 この国のいと小さき者 上のKindle版

ツイートする