バカボンのパパと読む「老子」 実践編 (角川文庫)

  • 7人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • KADOKAWA (2016年12月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041049259

ドリアン助川の作品

バカボンのパパと読む「老子」 実践編 (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

バカボンのパパと読む「老子」 実践編 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

バカボンのパパと読む「老子」 実践編 (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

バカボンのパパと読む「老子」 実践編 (角川文庫)の作品紹介

老子にならって
「いらない言葉はお返しするのだ」
日々の暮らしに役立つ。「バカボンのパパ語訳」による老子本、実践編の登場!

「バカボンのパパ」の言葉による「老子」の超訳を試みた『バカボンのパパと読む「老子」』(角川文庫)。今回は、その実践編。老子を学び、いかにその知恵を日々の暮らしに取り入れていくのか? いかに「道(TAO)」とともに生きていくのか? これを、バカボンのパパとともに考えていく。老子の原文からくみとれるポイントと、身近に感じられる逸話を交互に積み上げていくスタイルで、いろいろと生きづらい日々を少しでも変えるためのヒントを、ドリアン助川がやさしく、そして強く語りかける。映画化され、大ヒットとなった著者の小説『あん』の原点がここに。現代社会に悩むすべての人に贈る応援の書。

(主な内容)
はじめにのはじめに、なのだ
一、老子って、誰なのだ?
二、TAOを知るのだ
三、無為なのだ
四、TAOのリズム、なのだ
五、無駄は本当に無駄なのか?
六、所有するとビンボーになるのだ
七、いらない言葉はお返しするのだ
八、孤独と向き合うのだ
九、折れてくじけて強くなるのだ
十、無理をせず、毎日少しずつでもやるのだ
十一、争うべからず、なのだ
十二、小さな命に教わるのだ
十三、ぶれぶれこそまっすぐなのだ
十四、足ることを知る、なのだ
十五、大きなことは小さなことから始まるのだ
あとがきにかえて、なのだ

バカボンのパパと読む「老子」 実践編 (角川文庫)のKindle版

ツイートする