孤狼の血 (角川文庫)

  • 116人登録
  • 4.08評価
    • (6)
    • (15)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 13レビュー
著者 : 柚月裕子
  • KADOKAWA (2017年8月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041049549

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

孤狼の血 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 柚月裕子『孤狼の血』角川文庫。

    文庫化されたので再読。再読しても、なお面白い。

    これまでの柚月裕子の作品とは全く違う世界のハードボイルド警察小説。ミステリーとしても面白いし、全編に渡り計算された構成が凄い。終盤間際までに自分が頭の中に描いていた結末の予想は大きく覆され、見事な仕掛けに驚かされた。

    広島の所轄署の捜査二課に配属された新人刑事の日岡は、先輩刑事の大上とともに暴力団系列の金融会社に関連する事件の捜査に当たる…

    大沢在昌の『新宿鮫』と安達瑶の『悪漢刑事』、横山秀夫の『64』、昭和のヤクザ映画の良いところをスパイスにしたような見事な作品。特に『新宿鮫』に関して言えば、鮫島のような秘密をひた隠しにする歯切れの悪さが無いところに柚月裕子の思い切りの良さを感じる。

  • 著者の作品が大好きで、文庫化されているものは全部読んだ。これもとても楽しみにしていたら、なんと、今までとは全く違う毛色のハードボイルド小説だった。女性が書いたとは思えない文章。カッコいい。

    映画化するんだ。

  • 昭和63年、広島。所轄署の捜査二課に配属された新人の日岡は、ヤクザとの癒着を噂される刑事・大上とコンビを組むことに。飢えた狼のごとく強引に違法捜査を繰り返す大上に戸惑いながらも、日岡は仁義なき極道の男たちに挑んでいく。やがて金融会社社員失踪事件を皮切りに、暴力団同士の抗争が勃発。衝突を食い止めるため、大上が思いも寄らない大胆な秘策を打ち出すが…。正義とは何か。血湧き肉躍る、男たちの闘いがはじまる。

    遅まきながら、著者の作品は初めて読む。登場人物一人一人のキャラクター描写が実によい。大河小説にならないかな。

  • ガミさんと日岡と晶子の三つ巴が織り成すハードボイルド警察小説。新宿鮫以来の興奮でした。各章冒頭の日誌や正義と仁義が濃厚な傑作。

  • とても良かった。ただ狼の死があまりにも唐突で少し物足りなさを感じた。
    あらすじ(背表紙より)
    昭和63年、広島。所轄署の捜査二課に配属された新人の日岡は、ヤクザとの癒着を噂される刑事・大上とコンビを組むことに。飢えた狼のごとく強引に違法捜査を繰り返す大上に戸惑いながらも、日岡は仁義なき極道の男たちに挑んでいく。やがて金融会社社員失踪事件を皮切りに、暴力団同士の抗争が勃発。衝突を食い止めるため、大上が思いも寄らない大胆な秘策を打ち出すが…。正義とは何か。血湧き肉躍る、男たちの闘いがはじまる。

  • 来年映画化される日本推理作家協会賞受賞作、初めての柚月裕子。
    広島県の地方都市を舞台に、ヤクザとの癒着を噂される常識外れのマル暴刑事と新人刑事の交流を、男臭いハードボイルドタッチで描いています。
    骨太の警察小説!これを女性作家が??と思うほどの快作でした。まさに一気読み(^_^;)映画化も気になります。

  • 暴力団担当の刑事が、組織と深い関わり合いを持ちながらも、自分の信じる正義を貫く! というだけの話じゃなかった。
    最後にわかる驚きの真実と、プロローグに隠されたからくり!
     
    映画の配役を知っていたせいか、もう役所広司さんしかいないと思った(笑)

  • 久し振りに警察もので泣いた!一章ごとの日誌の意味が分かってからは、毎回どきどきしながら読んだ。特に後半は日誌を読むのが少し怖かった。まさに正義とは何かね、という感じ。買って良かった。

  • 「孤狼の血」
    公開日:2018年5月公開予定
    昭和63年、広島。新人刑事の日岡は、先輩刑事・大上と暴力団系列金融会社社員失踪の捜査を扱うことになった。当の大上は、暴力団との癒着をうわさされる刑事。その手法と振る舞いに戸惑う日岡。そして、失踪事件を端緒に、暴力団同士の抗争が勃発する・・・。日本推理作家協会賞受賞作、待望の映画化。
    キャスト:役所広司、松坂桃李、江口洋介、真木よう子、石橋蓮司、滝藤賢一、田口トモロヲ、中村獅童
    監督:白石和彌
    http://www.korou.jp/
    Twitter:https://twitter.com/Koronochi_2018

  • 途中は、こんな感じかなーと思って読み進めていましたが、最後はよかったです。
    ヤクザと警官が絡む話はあまり好きではないです。理不尽な暴力が嫌なのか、極道の世界観が嫌なのかよくわかりませんが、話として楽しめない。仁義なき戦いとか北野監督の作品とかよくわからない。猟奇殺人とか読むくせに何でかなーとは思いますが。
    でも、映画は面白そうかなと思いました。役所さんの大上は、ちょっと細身なのがイメージと合いませんが、小汚いおやじ感はぴったりかと。江口さんの一之瀬は、もうちょっと若い人がよかったかなーと思いますが。日岡の人はわかりません。

  • 201709/これ最っ高に面白かったーーー!!!本編の伏線で、プロローグの意味はわりとすぐわかるので、おそらく迎えるであろう結末が想像できて読んでて切なかった。章の間に挟まる「日誌」の意味には驚いた。出てくるキャラもいいし、骨太の物語もたまらない。ヤクザモノだし、呉を模した架空都市が舞台の広島弁会話だしで、読む人を選ぶかもだけど、これは小説好き・刑事モノ好きにはぜひ読んで欲しい!!!

  • 2017/8/28 ジュンク堂神戸住吉店にて購入。

全13件中 1 - 13件を表示

孤狼の血 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

孤狼の血 (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

孤狼の血 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

孤狼の血 (角川文庫)の作品紹介

常識外れのマル暴刑事と極道の、プライドを賭けた戦い。作家、マスコミほか多くの賞賛を集めた、圧巻の警察小説。

緻密な構成、卓抜したリアリティ、予期せぬ結末。いやあ、おもしろい。正統派ハードボイルドに圧倒された。
――黒川博行氏(作家)

日本ミステリ史に残る、今世紀最高の悪徳警官小説だ。
――茶木則雄氏(書評家)

昭和63年、広島。所轄署の捜査二課に配属された新人の日岡は、ヤクザとの癒着を噂される刑事・大上のもとで、暴力団系列の金融会社社員が失踪した事件の捜査を担当することになった。飢えた狼のごとく強引に違法行為を繰り返す大上のやり方に戸惑いながらも、日岡は仁義なき極道の男たちに挑んでいく。やがて失踪事件をきっかけに暴力団同士の抗争が勃発。衝突を食い止めるため、大上が思いも寄らない大胆な秘策を打ち出すが……。正義とは何か、信じられるのは誰か。日岡は本当の試練に立ち向かっていく――。

孤狼の血 (角川文庫)はこんな本です

孤狼の血 (角川文庫)のKindle版

ツイートする