女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと

  • 654人登録
  • 3.61評価
    • (22)
    • (34)
    • (33)
    • (10)
    • (3)
  • 52レビュー
著者 : 西原理恵子
制作 : 西村 弘美  西村 弘美 
  • KADOKAWA (2017年6月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041049785

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
平野 啓一郎
エラ・フランシス...
村田 沙耶香
ヨシタケ シンス...
益田ミリ
恩田 陸
三浦 しをん
大竹 昭子
有効な右矢印 無効な右矢印

女の子が生きていくときに、覚えていてほしいことの感想・レビュー・書評

  • どん底の辛い事も笑いに変えて消化するというのは非常に共感できた。
    「ダイヤもお寿司も自分で買おう、その方が楽しい」という言葉が働く女性を象徴しているように感じてこれまた共感できる。

    もっと楽しく仕事がんばろ!!

  • 「若さや美貌はあっという間に資産価値がゼロになってしまう」
    いろんな自己啓発本読む僕ですけど本当に役立つのはど底辺から這い上がってきた人の血反吐吐いた後に出てくる一言なんですよね。
    減らない資産は何なのか。
    それはお金でも良いと思います。
    でもそれよりお金を生み出す方法とか自分の好きなことをやる才能とか。

    もっと言うと自分の座る椅子はどこにあるのか。
    その椅子はどうやったら獲られずに護れるのか。
    世代を超えた知恵の連鎖。
    仕事柄貧困家庭を見続けてきましたが貧困の連鎖は生活の知恵の連鎖の断絶なんですよね。
    いわゆる「良い男」の隣の席を獲ろうと思ったら戦略が必要なんですよね。
    もちろん男の不意の暴落にも備えた自分のスキルアップも欠かさない。

    この本は壮大な母娘喧嘩から始まって女の子が大人になる前に何を知っておくべきなのかを書いてあったと思います。
    個人的にはサイバラ本にしてはかなり大人しめの一般受けを狙った本やと思いますので安心して娘にも勧められますd(^_^o)

  • 20170719リクエスト
    いくつか心に残るフレーズがある。
    ダイヤもお寿司も自分で買おう!とか。
    期待が大きすぎたのか、普通。

  • 刺さるかどうかは人によるかなあ。お寿司と指輪を男の人に買ってもらって生きるのも、わたしはそれはそれで賢い生き方だと思うし…笑
    最終的には他人に頼らずに自分の力で生きろということなのかなあ。甘えるのはよくないが、頼ってもいいんじゃないか。そういうことも書いてあれば、読者も読んでてスッと楽になれると思う。

  • 西原さんの絵本「いきのびる魔法―いじめられている君へ」みたいなものかと思って絵本サイズで探しちゃったけど違った。

    エッセイで、西原さんが過去に失敗してきた話と、だからこそ女の子たちが抜け出せない負のスパイラルに入らないため必要なことが書いてある。

    「高知の笑いっていうのは、強いもんにかみついて、自分を落とす、喧嘩上等のヤンキーにお笑いが入ったみたいな文化」っていうのがよかった。

    だから、自分を落として落として最高にしんどいことも笑いに変えて、「自分さえ我慢すれば・・・」なんて人生を諦めないで!ってメッセージを送れるんだなと納得。

    上から目線でしたり顔でアドバイスなんてしないから、西原理恵子の作品は安心して読めるんだ。

  • 白馬の王子様を待たないこと。
    これにすべてが詰まってるとおもう。
    いつか、年収が高くてかっこいい人に出会うから、そう思って、仕事だってがっついて働くことをしない。
    ほんとは白馬の王子様なんていなくて、いつも私と対等な人が近づいてくる。私がレベルアップした時、近くにいて尊敬する人が白馬の王子様かもしれないし、いなかったらそれまで、でも自分の足で歩ける。
    必要ない人であれば、切り捨てればいい。

  • 胸にしみる言葉はいろいろある。ただ、目新しいものではなくて、いつものサイバラ。こういう本が出るくらい、メジャーになったってことなんだろう。

    一番心に残るのは、鴨ちゃんとの生活って本当に厳しいものだったんだなあというやりきれない思い。いまだにきちんと思い出すこともできないというのだから…。それと、これまであまり語られなかった(と思うのだけど)隣人トラブルによる鬱病のこと。並外れて肝の据わった人であると同時に、非常に繊細な人でもあるのだなあとあらためて思った。

  • 「どんな時でも、次の一手は、自分で考えて、自分が選ぶ。王子様を待たないで。幸せは、自分で取に行ってください」
    娘や、姪っ子たちに贈ろう。
    社長と結婚するより、自分が社長になる。なるほどね。カッコイイ。

  • 親身で親切。サービス精神もあり。体裁を取り繕って、もっと格好良く書くこともできると思うが、そうではなく、親しい人に話しかけるように、ある程度の勢いで書いている。
    人の親として、こうありたい。と思う内容。感激です。

  • 共感できた!

    仕事も子育ても両方あきらめない
    私もそう思う。
    でも無理しない。
    幸せになる選択をする。

  • これぞまさに私が欲しかった、という具体的なアドバイスと人生観ががっつり詰まった一冊でした。
    私が目指していた女の子像がここにあった!
    西原理恵子さんの自分語りやふっつうにただの経験談がほぼメインなのですが、その説得力がはんぱなくて。
    自分のこれまでとこれから、そして娘のこれから。
    強くて、たくましくて、したたかで、自分の足で立ち颯爽と歩ける、美しい女性になろう。
    独立独歩。いい言葉だ。

    私も自身の船出の前にこの本を読んでいたかったと思うけど、でも同時に今読んで良かったとも思った。
    私は明確に「寿司とダイヤは自分で買う」という意志で、そのためのプランも練りに練っていた少女だった。まちがいなく。
    でも結局そんなの机上の空論で、どれだけ口先と脳内で人生を思い描いても、ただの世間知らずのまま、じゃあ実際に自分が今どこに居てそこから何を武器にどのような足取りで何を選び取って生きていくのかなんて何一つ分かっちゃいなかったんですよ。
    所詮野暮ったくてとんまな田舎の小娘で。まわりにも頼りたくなくてそもそも頼れる大人もいなくて。おかげでこのザマ。
    私が知りたかったのは、言われたかったのは、示してもらいたかったのは、こういうことだった。
    夢を育てる。ちゃんと稼ぐ。最低限の学歴。王子様を待たない。幸せは自分で取りに行く。

    とんでもなく前向きにさせてくれる本でした。上京して、恋をして、結婚して、子供を産んでも、ずっとずっと靄がかっていた道筋がようやく晴れて遠くの方まで見え始めた今、さらに詳細な地図を渡されたような頼もしい気分。
    また迷ったらすぐにいつでも何度でも読み返したい。

  • 西原さんの主張は一貫している。
    自分で稼ぎ自分で幸せになる。歩んでこられた人生がベースだから説得力がある。
    贈られる女の子の立場ではなく、自分はこんな風に子離れできるかな、と母の目線で見てしまう。
    なんでもやってみなさいと言えるかな。最低のところを守っていればよしと潔く、そして背中を見せられる母でいたいのだが。。
    子どものためにも、自分が子離れするためにも、この本を子どもに贈るためにも…本当の意味で自立したい。

  • 高校生の娘に読ませたい、と高校生の娘を持っていない私も思ったし、私が高校生の頃にこの本を読みたかったと心から思った。王子さまを待たずに指輪を自分で買おうとする意識が増えた先に、さまざまな境遇に生きる者の救いがきっと、ある。

  • 男にも参考になる。

  • 西原理恵子さんが、色々な場面でお話されている女の子に向けて伝えたい"知っていて欲しい事"をまとめた本。「そんな事、なかなかないから…」と思っても落ちる時は一瞬。良い本です。

  • P12おぼえておかなきゃいけないのは、たぶん、転んだ時のたちあがりかた

    28人生は我慢比べじゃない

    50誰かに振ってもらったことは、とりあえずやってみたらいい
    63最低限の家賃4万を男とシェアするべからず。
    ひとりぐらしの家賃と、それに見合う月収は、自立のバロメーター
    65

    68自由て、有料

    95 女の一途は、幸せのじゃま

    156 今の場所が最低だと思うなら、そこを脱け出す戦略を立てる
    それだけは、どうかやめないで

    いい本だと思う

  • 読みやすく面白かったが、自伝的な色が強く、タイトルに触れる内容に関しては少し薄い感じがした。ただ、一番強調されている、女性の自立(自分で稼ぐ術を身につける)には強く同意させられる。

  • 最近は共働きが当たり前の時代なのかな、と感じる。現在の女子高生、女子大生は、女子も働くのは当たり前の時代だから、とりあえず働かなきゃね、と思っている人が多いかもしれない。一方で、専業主婦志向も増えているとたまにきく。20代のうちに結婚して子供を産もう、と急かすメディアもあるらしい。
    自立志向も、専業主婦志向もどちらもその先にある人生のあれやこれやを想像した上でそう志向しているわけではないのかもしれない。ただ何となく周りに流されて、という場合もあるかもしれない。あるいはその方が楽だから、という想いもあるかもしれない。その先にある恐ろしい現実を誰も簡単には想像できない。
    「嫁になる」ということがどんなことなのか、子どもを産んで母親になったとき、どんなことが起こるのか、実際になってみないと気付かないことは多い。母親になってみて、女という性はなかなか厳しいものだと感じる。出産・育児のためにキャリアを中断し、場合によっては両立できないと判断し、辞める。子どもが大きくなってから復帰しようにも、前のように条件の良い仕事はない。キャリアも断絶してしまっている。夕方17時頃の公共交通機関の利用は女性が多い。一方で、早朝や夜の利用は男性が多くを占める。平日昼間のカフェでランチをしているのはほとんんどが女性。平日の日中にデパートの前で待ち合わせしているのもほとんどが女性。これが何を意味しているのだろうか、と思う。豊かなマダムの背景は何だろうか、と考える。妻としてのスキルか、人間的に成熟した夫のおかげか、本人の絶え間ない我慢か、苦しくても悔しくても妻という座を必死で守り続けてきたからか。
    自立する、自分で稼ぐ、というのは大前提。結婚しても出産しても引き続き稼ぐ、というのも大前提。その先にこそ、大きな課題があると思われる。

  • 著書に触れるたび、サイバラさんの奥深さとたくましさ、そして過去の辛さと今を生きる喜びを新たにします。

    女の子が~と書いてあり、たしかに女の子向けにかかれています。

    でもむしろ、なんとなくフツーにやっていれば、どこかの会社のサラリーマンになれた時代のオッサンにこそ、読んでぐさぐさ胸にささる本です。

    ほんとに家事ができる男性は、自分のことを「家事男子」とはいいません。
    一人で生きていくことの意味を知ること。
    そして、そのためにしておくべきことを知ること。

    それができてないのは、案外、彼氏やダンナになる人、もしくはもうなっている男の方ですから。

  • 著者の壮絶な体験からの人生訓のような言葉が詰まっていた。子育てはまだ序の口で卒業まで先は長いけれど、今後参考になりそうなエピソードも多かった。
    欲張れば子どもたちにいろんなことを教えなくてはと焦ってしまいそうだけれど。本当に大事なことだけに削ぎ落としていくとすれば、誰かに依存せずに幸せは自分で取りにいかなければならないということなのかもしれない。
    「自分さえ我慢すれば」は間違い。いい子は、幸せを人に譲っちゃうから。というところに深くうなずく。娘が理解できるような年齢になったらこの本を渡して読んでみてもらいたい。私の言葉に翻訳するより伝わるような気がする。

  • 一言で言うならば、とっても強かな女性!

    以前、高須クリニックの先生との生活をテレビ番組で観て、その時の印象はちょっと変わった面白い女性という印象だったけど、やはり、これだけ成功している人は考え方がとってもしたたか‼︎

    本の前半は反抗期の娘に対する愚痴?で、表現することでストレス発散なのかな?と思ったけど、最後のほうでは国境を越えたフィリピーナやルワンダの話もあり、伝えたいことが纏まった感じがした。

    自分の与えられた環境から、自立して生き抜いていくことを考えさせられる本だった。

  • 娘はまだ未満児なので、気が早い気がするけど読んでみました。
    自分とは苦労の量や質が違っていて、実用的なアドバイスという点では、あまり得るところがありませんでした。
    しかし西原さんの人生談として、とても興味深く読ませていただきました。
    いつか我が娘も第二次反抗期を迎えるのかな、と最後のイメージを読みながら思いました。

  • 読みやすく、彼女のメッセージはまとまってはいるのだが、最終章以外は既出のことばかり。子どもに関することは「毎日かあさん」、彼女の昔の話は「この世でいちばんだいじなカネの話」に載っている。
    なので、彼女の本やマンガをあまり読んでない人に、ダイジェスト本としてプレゼントするならいいかも。

  • 看板に偽りありな本。
    ほとんどが作者の苦労話や家族の話で占められており、女の子に生きて行く上で大事なことを諭しているページは20ページくらいしかない。

    鴨志田さんがどれだけ酷かったかを今更公表するのはずるいと思う。「あ、結局墓場まで持ってかないでみんなにバラしちゃうのね、旦那の酷さを」みたいな。
    内田春菊さんの「私たちは繁殖している」のユウヤさんとその両親の悪口を書かれてる巻を読んだ時と同じ気分になった。

    ダイヤモンドをくれる男よりリヤカー引いてくれる男、という文章にも「自分が死んだら遺骨をダイヤモンドにして君にあげると言うような男と付き合ってる女がどのツラ下げて」としか思えなかった。
    頭ではダイヤモンド目当てで付き合ってるんじゃないって分かってるんだけどさ。

    あと年収一千万の男と結婚したいならそんなことより自分の年収を五百万にしてから年収五百万の男を見つけろという意見にも反対。
    結婚後の女側の負担(子供ができなかったら女側のせいになる、結婚前に約束しても男は家事をやらなくなる)を考えたら、大恋愛でもない限り自分より年収の低い男とは結婚すべきじゃないよ。

    今更言うようなコトじゃないけど西原理恵子さんのような女性は極めて異例なんだから、そこらへんの女が彼女のアドバイスをまともに捉えたら、かなり酷い目に合うと思う。

全52件中 1 - 25件を表示

女の子が生きていくときに、覚えていてほしいことを本棚に登録しているひと

女の子が生きていくときに、覚えていてほしいことを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

女の子が生きていくときに、覚えていてほしいことを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

女の子が生きていくときに、覚えていてほしいことの作品紹介

「エクソダス」というのは、聖書の「出エジプト記」に記された言葉で、多くの人たちが国境を越えて脱出すること。
もし自分が抜け出せなかったとしても、女たちは、次の世代、また次の世代に、希望を託してきた。
せめて子どもには、今の自分より、少しでも幸せな人生をあげたい。
それって、代々、ちょっとずつ、ちょっとずつ、糸をつむぐように、女から女へ橋渡しされてきた希望の種なんだと思うんです。
今の場所が最低だと思うなら、そこを抜け出す戦略を立てる。
それだけは、どうかやめないで――

大きな帆をあげて、水平線へと漕ぎ出していこうとする娘を見送る母が、今だからこそ、伝えておきたい大事なこと。
人生という航路に絶対安全はないからこそ、知っておいてほしい。
人生に向き合い、幸せを自分で取りに行くための、厳しくもハートフルな生き方指南。




女の子が生きていくときに、覚えていてほしいことはこんな本です

ツイートする