救ってみろと放課後は言う

  • 16人登録
  • 2.67評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 藤石波矢
  • KADOKAWA (2016年11月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041049822

救ってみろと放課後は言うの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 表紙で選んだ作品。話の広がりがなく奥行きを感じない、終わり1/3までかなりの時間を要した。叙述トリック的な仕掛けがあるわりには流れが悪く先に進む楽しみが薄く感じた。内容はある人物の自殺未遂に関わる人と人のつながりを描いたもの。登場人物が多いだけにもう少し序盤から人に入り込む人物像の描きが必要だったのではと感じた。

  • お互いに救い救われる話。いじめやDVなど。ミスリーディングさせようとしているのか話が小出しにされるからわかりにくい。

全2件中 1 - 2件を表示

救ってみろと放課後は言うのその他の作品

藤石波矢の作品

救ってみろと放課後は言うはこんな本です

救ってみろと放課後は言うを本棚に登録しているひと

救ってみろと放課後は言うを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

救ってみろと放課後は言うを本棚に「積読」で登録しているひと

救ってみろと放課後は言うの作品紹介

寺島日登志が遺書を書き上げたのは、九月四日の午後のことだった。
心を決めたはずなのに、その日、まさかのひったくりに遭い、遺書と練炭の入った鞄を盗まれる。
聞き覚えのある声で分かったひったくり犯は、以前日登志が話したことのある、宇都宮の「聞き屋」だった。
仕切り直しを図るなか、日登志は以前から目をつけられている岸塚に呼び出される。
奴が恋人である睦美の名を口にするたび、日登志の胸はざわめいてしまう。
一方、友人・神山からの不審な電話で宇都宮駅に向かった瑠梨が発見したのは、ビルから落下して意識不明の神山の姿。血が広がる彼のそばに投げだされているのは、「遺書」だった。

自殺したがりな僕たちは、それでも誰かを救いたい。
『初恋は坂道の先へ』で第1回ダ・ヴィンチ「本の物語」大賞〈大賞〉を受賞した俊英がおくる、
謎が思わぬ方向に展開する切ない青春ミステリー!

ツイートする