ブクログ大賞

黄泉坂案内人 少女たちの選挙戦 (角川文庫)

  • 22人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
著者 : 仁木英之
  • KADOKAWA (2017年6月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041049846

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
上橋 菜穂子
有効な右矢印 無効な右矢印

黄泉坂案内人 少女たちの選挙戦 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

黄泉坂案内人 少女たちの選挙戦 (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

黄泉坂案内人 少女たちの選挙戦 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

黄泉坂案内人 少女たちの選挙戦 (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

黄泉坂案内人 少女たちの選挙戦 (角川文庫)の作品紹介

この世とあの世の狭間の入日村で、迷える魂を救う仕事をしている、元タクシー運転手の速人と少女・彩葉。
「マヨイダマ」となった死者の心残りを彼らなりに解決していく日々のなか、「新しい村長」候補として、やよいという少女が現れる。
やよいは、今までとは異なる効率的なやり方で「マヨイダマ」に対応していくと主張し、彩葉とどちらが村長としてふさわしいか、選挙を行うと言い出した。
これまでにない新たな環境に変わっていく入日村だが、それでも日々、迷える魂は助けを求めている。
無念を抱えた武将とサッカー少年、
夫の介護の末「心中」した夫婦が本当に思っていたこと、
お互いを思う心が妖を生んでいた母子、
入日村と速人になくてはならないクラシックカー・デューセンバーグに隠された歴史……。
死者の魂を送る「黄泉坂」に向き合う二人の少女がたどりついた結論とは? やよいは何故この村に現れたのか?
そして、東北の地で起きた大災害により多くの魂が村を訪れて……。


※本書は、「黄泉坂案内人」シリーズ第2弾『黄泉坂の娘たち』を、文庫化にあたり改題し、大幅に改稿したものです。

解説漫画=とよ田みのる(「最近の赤さん」)
装画=トミイマサコ

黄泉坂案内人 少女たちの選挙戦 (角川文庫)はこんな本です

黄泉坂案内人 少女たちの選挙戦 (角川文庫)のKindle版

ツイートする