不時着する流星たち

  • 561人登録
  • 3.42評価
    • (8)
    • (51)
    • (46)
    • (11)
    • (3)
  • 72レビュー
著者 : 小川洋子
  • KADOKAWA (2017年1月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041050651

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

不時着する流星たちの感想・レビュー・書評

  • 実在した人や出来事を種にして、著者が育てた10の物語。
    どの物語にも、世界の片隅でいびつさを抱えながらひっそりと暮らす人々が描かれています。

    小川洋子さんが物語の種にした人々の人生にも、多くの物語があったようです。
    それらの物語を鋭いアンテナでキャッチして、じっと見つめ、そこから新たな物語を紡ぎ出す。
    題名のとおり、この世界に来るはずではなかったのに来てしまった流星たちを、そおっと救い上げる著者の姿を想像しながら読了。

    特に「臨時実験補助員」につきまとうひやりとした感覚があとに残っています。
    それからヴィヴィアン·マイヤーという人物が気になりました。

  • ヘンリー・ダーガー、グレン・グールド、放置手紙調査法、ヴィヴィアン・マイヤー、世界最長のホットドッグ…
    何の繋がりもない、そしてとても有名なわけではない人やものたち。世界の隅でそっと異彩を放つそれらをモチーフに描かれた、十篇の物語。
    ふわふわした手触りはまさしく小川洋子ワールド。
    説明がないまま物語が始まり、終わった次のページでモチーフが明かされる。中には予想だにしなかったモチーフもあって、その鮮やかな種明かしに驚く。
    「えっそれがモチーフだったの?」というくらい、本当にひっそりと現れているのに、種明かしされた瞬間それが主役に思えてくるから不思議だ。

    ある場所や想いに囚われ、そこから逃れられない人たち。その渦の中にいると、どうして自分はそこから逃れられないのだろう、と考えたりはしないのかも知れない。無意識の執着に突き動かされる登場人物たちを見ていると、どことなく甘く、そして息苦しい気分になる。
    何かに囚われそこから逃れられないと自己暗示をかけることは、どんな人生を歩む人にも少なからずあるのかもしれない。だからこそ読んでいて息苦しくなる。

    ひっそりと静かに、何かに執着しながら生きる人たち。抜け出したいけどどこにも行けない彼らは儚く美しく、タイトル通り、どこか見知らぬ土地に不時着した
    流星たちを思わせる。
    時々表れる残酷さがまた、深く刺さるように印象に残る。

    余談としては、1つ物語を読み終えた後、ついついその人物などを検索してしまった。ひっそりと一部に有名な人たちのことを知れて面白かった。

  • 小川洋子『不時着する流星たち』角川書店。

    同じようなテイストの10編の物語から成る短編集。よくぞ、これだけ奇妙な物語ばかりを紡ぎ出したものだと感心する。

    そもそも、タイトルの『不時着する流星たち』からして非常に奇妙だ。通常、‘’不時着‘’という言葉は航空機にしか使わないし、‘’流星たち‘’と敢えて‘’たち‘’を付けているからには流星を擬人化しているのだろう。つまりは、流星というのが航空機でも人でもあるという有り得ない状態が表現されていることになる。全くもって奇妙なタイトルだ。

    この奇妙なタイトルが象徴しているかのように、ヘンリー・ダーガー、ローベルト・ヴァルザー、パトリシア・ハイスミスといった作家や社会心理学者のスタンレー・ミルグラム、ピアニストのグレン・グールドなどに着想を得たと思われる10編の奇妙な物語。いずれも決して後味の良いものではなく、心の中に小石を置かれるかのような違和感が残る寓話的な、或いは哲学的な物語ばかり。

    第一話『誘拐の女王』、第二話『散歩同盟会長への手紙』、第三話『カタツムリの結婚式』、第四話『臨時実験補助員』、第五話『測量』、第六話『手違い』、第七話『肉詰めピーマンとマットレス』、第八話『若草クラブ』、第九話『さあ、いい子だ、おいで』、第十話『十三人きょうだい』を収録。

  • 小川洋子さん目線だと、こんな風に景色が写っているんだろうなと思える作品。小川洋子さんらしい表現に溢れた美しい景色で贅を尽くした短編集です。

  • 人には必ず、生きて行くのに相応しい場所があるとするなら
    この物語の主人公たちは皆、
    何かの不手際によって本来到達すべき場所と違うところに不時着してしまったのだろう。
    それでもひっそりと、生真面目につつましく生きる様は
    時にグロテスクで無常な結末が描かれていたとしても
    日々は温かく、幸福感さえ漂うのだ。
    それはきっと、不器用にささやかに生きる人に対する小川さんの柔らかい眼差しと、敬意を込めた文章の魅力によるものなのだと思う。
    一つのお話が終わるたびに現れる、物語の種が
    答え合わせのようで楽しかったです。

  • 実在した人をモチーフにした短編10編。普通なら物語の主役にはならないような人が、小川さんの物語では主役になれる。道端に落ちている石を拾いあげて、その石が語る物語に耳をすませるかのように、ひっそりと物語は進んでいく。でも、静かなだけではなく、中には異常な、狂ったような人たちも登場する。彼らは皆、地球という星に不時着してしまった流星のような存在なのかもしれない。挿絵も物語の雰囲気にぴったり。装画はMARUUさん。

  • 相変わらず怖い。特に文鳥の話。実体験なのではないかと考えるとよけい怖くなってくる。

  • 小川さんの文章は、結晶というにふさわしく本当にきらきらしている。きらきらしているからこそ、儚くて、残酷だ。短編という形態ではそれがいっそう際立つような気がする。

  • とても贅沢な時間を過ごせました。奇妙でどこか不安で、でもとてもひっそりと静かな世界でした。ゆっくりゆっくり読んでいたつもりでしたが、読み終わってみるとあまり時間はかかってなくて、余韻に浸りながらもぽっかり心にと穴が空いた気持ちです。小川さんが各話のモチーフに選んだものが最後に紹介されていて、そのとりどりさに驚きました。このモチーフから小川さんはこんな話を紡がれるのか、と思います。小川さんの小説の空気がとても好き。久しぶりに、周りの世界が全く気にならないほどのめり込んだ読書でした。35歳の一冊目にこの本を選んで良かったなと思いました。

  • 小川先生が創作の秘密を教えてくれる短編集。各作品ごとにモチーフとなった人物や出来事が紹介されている。
    これが、およそ驚かされるものばかり。作家という人種の目のつけどころというか、発想の飛躍っぷりには恐れ入るばかり。グレン・グールドから生まれたという『測量』と『十三人きようだい』がお気に入り。

  • 有名、無名を合わせ、実在した人たちを元に作者が紡いだ物語を10編集めた短編集。

    あくまでも創作なのだけれど、もしかしたらこんなエピソードがあったのかも、と思わせるところは、クラフトエヴィング商會との合作にも通じる。
    少し歪んで、時には静かな毒や死の気配を漂わせ、感情をあらわにすることのない淡々とした語り口調は相変わらずで、独自の世界を作り出している。

    今回、仕事やら夏のイベントやらで慌ただしい時期に読んで気づいたのは、作者の静謐な世界をしみじみと味わうには、それなりに落ち着いた環境と心持ちが必要だということ。本を手に取る季節も、秋冬のほうが似合う気がした。

  •  女優のエリザベス・テイラー、植物学者の牧野富太郎などをモチーフした十篇の短編。インスパイアさた様な作品だろうか(・・?
     それぞれの章の終わりに簡単なプロフィールが記されている。

  • 短編集。
    それぞれ独特な視点で、どれも異質で、面白くなりそうな種があるのだけれど、これといった起伏に乏しく、最後に驚き(オチ、感動)があるわけでもなく、気持ちよく酔うところに辿り着かない。
    また、似たようなテーマが続くので、少し飽きがきてしまい、どれも「これ」といった印象が残らなかった。
    残念。

  • 小川さんの小説の良い読者ではないと思いつつ、新刊が出たら必ず読みたくなる。
    第7話の「肉詰めピーマンとマットレス」が一番好きだった。他の話は、小川さん独特の不思議な話なのに、これは普通のごくリアルなお話と受け取った。肉詰めピーマンの量にはギョッとして、そうそう、これは小川さんの小説なんだ、素直に読んでどうする、と思ったけど。主人公と自分がすっかり重なってしまった。
    そこから最後の10話までスーッと読めた。
    1話から6話までが悪いというわけでは全くなく、現実から少しずれた世界に入れて小川さんの小説の醍醐味を味わえたのだが、なかなかスーッと読めたわけではなかった。もちろんそれが悪いということではない。

  • 最初は戸惑ったが、読み進めていけば、それはまさしく小川さんの世界。

  • 特にこれといって印象的なもの、ぐいっと引き寄せられるものはなかったが、異質な物が少しずつ歪み始めて徐々に怖くなっていくのはあるが、その中において大切な物もあり、一概にダメと言えないのが感じられる。自分にとって大事であれば、周りにあれこれ言われようが、自分は必要なんだと思う心を持つのは優柔不断な私にとって潔さや羨ましさも感じる。周りの意見も大切にするのは勿論、自分の主張も大切にするのが感じられ、心がスッとした。実際の人物をモチーフにした作品だが、皆葛藤がありながらも丁寧に生活を送り、人生を送る姿が良い。

  • タイトルが何だかステキ!
    挿絵の雰囲気が好み!
    ....と思い飛びついたのですが読み終えるのに少し時間がかかりました。
    どれも、どこか不安定さを抱えた世界観でもやもや...
    そして、うっかりすると何か見落としてしまいそうな緊張感と物語の中に潜むちょっとした怖さや黒さを感じました。
    (でも、そこがイイのです)
    実在した人物やエピソードを下敷き書かれた短編なのですが、一作ごとの終わりに元になった人物やエピソードの紹介がされていてこんな人が居たのか~...と新しい発見もありました。
    これらの事を下敷きにこのような作品が書けてしまう作者の発想力は本当にお見事です。

  • 危ういほどに鮮やかで、艶やかな文章たち。
    さすがは、、、と唸るばかり.
    一体この作家はどんな人で、どんな生き方をしてきた人なんだろうか?何冊目かだが、これが一番。

  • 短編集。
    「肉詰めピーマンとマットレス」と「十三人きょうだい」が好きです!

  • 小川さんらしい独特の語り口で不思議な世界を物語っています。素敵な世界なのですが、トーンが似ていて途中で飽きてしまいました。

  • 不穏さや怖さがあるのに、何故か読んでいて心地よく癒される。小川洋子さんの本を読むといつもそんな感覚につつまれる。久しぶりにただ浸るという読書ができた。
    作家や出来事からインスピレーションを受けて紡いだ短編の数々。どの話も寂しさや狂気が描かれていて、怖いのだけれど、主人公たちの居るその場所は自分からさほど遠くないように思える。
    日常のやり切れなさや、悲しみ、さびしさ、そういうものを、それでもいい、悪いことではないと言ってもらえる気がするから心地いいのかなと今回の作品を読んで思った。

  • 「誘拐の女王」「測量」「肉詰めピーマンとマットレス」「若草クラブ」「十三人のきょうだい」「手違い」「臨時実験補助員」「さあ、いい子だ、おいで」「散歩同盟会長への手紙」「カタツムリの結婚式」収録。
    いずれも「不時着する流星たち」のタイトルが示す通り、どこか遠くからやってきた何か奇矯な物語たち。非常に小川洋子らしい短編集。
    盲目の祖父と測量を続ける「測量」、文鳥を飼った夫婦の「さあ、いい子だ、おいで」が特に印象に残った。

  • 何かが欠け、どこかが損なわれていながらも平らかな不思議な手ざわりの短編が収められている。

    物語の最後に、その物語のテーマというかインスピレーションのもととなった事柄や人物名が紹介されて、各作品の裏側にあるテーマがわかる、という構成になっているのが面白い。
    ヘンリーダーガーや放置手紙調査法など、物語の核に近い名称が書かれているのもあれば、えっ、これなの、という意外なものもあったりして、最後に種明かしのようにその言葉を見るのが楽しみだった。

    どうにも幸福には思えない、でも不幸とも思えない、なんともいえない人々たちの紡ぐ物語は安らかで温度が低く、読み終えるとなんとも不思議な心持になる。

  • すべてに重大な秘密がこめられているかのような文章で、それらを決して見逃さないようどうしても注意深く読まざるをえない小説だった。
    不時着、と表すのがぴったりな不思議でいびつな人物たち。
    手荒くあつかえばすぐにこわれてしまいそうな、儚くて静謐な世界がありました。そんな世界を、これは夢だとわかっていながら子供にもどって歩いているようだった。
    小豆色の裁縫箱、文字に似た小石、国際空港のロビー、おきざりにされる手紙、塩田王だった祖父、ヴィヴィアン・マイヤー、食べ切れないほどの肉詰めピーマン、若草物語、サクラ文鳥と青年、サー叔父さん。
    私もこういう小説を書きたいだなんておこがましくも思ってしまった。

  • 作者固有の透き通った世界が味わえる短編集、今回はわりと「こわいな」とひそやかにひやりとするような、そんな感覚を持ったお話が印象に残りました。

    「誘拐の女王」の二人の少女の箱庭の世界の閉じていながらにして感じる底知れなさ、「若草クラブ」から立ちのぼる純粋でひたむきな狂気、「さあ、いい子だ、おいで」で突然変転する慈しみの世界…。どれもが人々そのものはまっすぐに背筋を伸ばして生きていそうにさえ見えるから、よけいにすっと現れる濁りのない非日常がしっかりした輪郭を伴って印象を残していきます。

    実際の人物などをモチーフにされているそうですが、そのモチーフからここまで空想を広げるのか、というその意外性にかえってびっくりさせられました。

    今回の短編集で一番好きなのは「測量」、「博士の愛した数式」をどこか彷彿とさせてくれるあたたかな世界がとても好きです。そして「十三人きょうだい」も同じように、ささやかな秘密の共有がとても素敵でした。

全72件中 1 - 25件を表示

不時着する流星たちを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

不時着する流星たちを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

不時着する流星たちを本棚に「積読」で登録しているひと

不時着する流星たちの作品紹介

盲目の祖父は、家中を歩いて考えつく限りの点と点を結び、その間の距離を測っては僕に記録させた。足音と歩数のつぶやきが一つに溶け合い、音楽のようになって耳に届いてくる。それはどこか果てしもない遠くから響いてくるかのようなひたむきな響きがあった――グレン・グールドにインスパイアされた短篇をはじめ、パトリシア・ハイスミス、エリザベス・テイラー、ローベルト・ヴァルザー等、かつて確かにこの世にあった人や事に端を発し、その記憶、手触り、痕跡を珠玉の物語に結晶化させた全十篇。硬質でフェティッシュな筆致で現実と虚構のあわいを描き、静かな人生に突然訪れる破調の予感を見事にとらえた、物語の名手のかなでる10の変奏曲。

ツイートする