ファイナルガール (角川文庫)

  • 37人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 藤野可織
  • KADOKAWA (2017年1月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041050743

ファイナルガール (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 短編集。特に「戦争」が好き。

    奇妙で不思議で非日常なのだけど、根底に流れる感情には普遍性がある。

  • 「歪んだ愛と抉れた快楽」本の紹介に書かれておりそれも確かなのだが、それ以上に「あ、それ分かる」が詰まっていた気がする。ただしその「分かる」は、本当は認めたくない内なる「分かる」だ。すなわち自分の闇の部分を少しずつ自覚させられるのだ。

    各短編は概ね理不尽だし展開はファンタジックですらあるが、故に脳内の妄想が破裂したように感じるのかも。

    唐突な場面転換こそあるものの小説の登場人物に過剰に感情移入してその死を悼む『戦争』と、連続・連続殺人犯から逃れた一人になるある種コミカルな『ファイナルガール』がお気に入り。

  • 『大自然』『去勢』『プファイフェンベルガー』『プレゼント』『狼』『戦争』『ファイナルガール』収録。

  • 藤野可織は以前読んだ『パトロネ』も『爪と目』も不条理ホラーだと思ったので、今回も怖いの期待してたんですが、短編集なのでモノによっては少々薄味で物足りず、怖いというより「なんかイヤ」なだけのものもあって、でも全体的には毒があり好みでした。純文学ホラーと呼ばれた爪と目あたりに比べたら、エンタメ寄りという読者への歩み寄りというか、わかりやすい面白さが加わっていたけれど、個人的には読み易かった反面、もっと変なの書いてよ!という気持ちもある(苦笑)

    お気に入りは、奇妙な名前のマッチョ俳優プファイフェンベルガー(モデルはシュワちゃん?)をタイトルに冠しつつ、思いがけない展開を見せる「プファイフェンベルガー」。「なんかしら不条理な空間に閉じ込められて出られない系」とでもいうか、私はこれが実は結構怖い。

    童話の狼が本当にインターフォンを鳴らしてやってくる「狼」は、主人公が女の子じゃなく男の子なのが新しくて、淡々と残虐に狼を退治してしまう周囲の人間のほうが狼よりよっぽど怖かったりもし、怖いけど楽しかった。

    「戦争」は一番難解だけれど、細部で共感できる。私もたぶん親戚が亡くなったとかよりサイモンのために泣くタイプ。「去勢」はストーカーがいっそ気の毒になった。

    いちばん面白かったのはやはり表題作。いろんな読み方ができるから受け取り手次第だなと。単純に、ハリウッドのホラー映画やゾンビ映画に出てくるヒロインのような無敵な強さを痛快がることもできるし(そしてそれらのパロディでもある)、ゲームの登場人物に起こった出来事のようにも思えるし、「連続殺人鬼」を単純に生き辛い学校や会社のアレゴリーと捉えればまたニュアンスが違ってくる。いずれにしてもヒロインは逞しく生き残る。「去勢」の主人公もそうだけど、女性が逞しいのはいいですね。解説は村田沙耶香。

    ※収録作品
    大自然/去勢/プファイフェンベルガー/プレゼント/狼/戦争/ファイナルガール

全4件中 1 - 4件を表示

藤野可織の作品

ファイナルガール (角川文庫)はこんな本です

ファイナルガール (角川文庫)の作品紹介

私のストーカーは、いつも言いたいことを言って電話を切る(「去勢」)。リサは、連続殺人鬼に襲われ生き残るというイメージから離れられなくなる(「ファイナルガール」)。戦慄の7作を収録した短篇集。

ファイナルガール (角川文庫)のKindle版

ツイートする