幼女戦記 (1) (角川コミックス・エース)

  • 219人登録
  • 3.80評価
    • (11)
    • (21)
    • (10)
    • (2)
    • (2)
  • 11レビュー
著者 : 東條チカ
制作 : カルロ・ゼン  篠月しのぶ 
  • KADOKAWA (2016年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (164ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041051252

幼女戦記 (1) (角川コミックス・エース)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 夫の蔵書。

    読んだら面白いよ!とおすすめされたので読み。
    アニメは放映時にチラ見してたくらい。

    どこからどこまでが実際の軍事用語なのか、ファンタジー用語なのかわからずに読んでいたのだが、後で夫に聞いたら「魔法以外はだいたい実際に使われてる用語」らしい。

    幼女なのに内面はどこまでもシビアでロジカルなおっさん、ってすごいギャップだな。
    続きも読む。

  • 一つの絵に対して文字が多く、設定の細かさの割に絵で伝わらないと感じました。これなら小説が良いなと。あと話飛びがちで、どこで切り替わったのかが分かり難い。自爆?って思うシーンあり。

  • 幼女戦記のコミカライズ第1巻。原作小説がアレなので仕方がない面はあるけれど、やっぱり分かりにくいし読みにくい。絵柄もちょっと混み入っているので、もう少し線が減らせるといいかな。
    こうやって小説とコミックに目を通してみると、アニメ化スタッフの神っぷりが際立つというか。この原作を、よくあそこまで分かりやすく表現したな、と。

  • 超合理主義エリートサラリーマンが転生したのは、なぜか幼女だった!? 魔法と小銃の入り乱れる異世界で、軍での出世&安全な後方勤務を目指すが、なぜかエースとして祭り上げられ……?

    アニメで興味をもったので手に取ってみたけど、先に大筋を知っていて良かったなと思ってしまうくらいには文字が多い。
    しかも専門用語と横文字のオンパレードなので、半分以上流し読み状態だった。一応注釈つけて分かりやすくしてくれてるんだけど、もう読む元気がない。
    ひとまず細かい部分は目をつむって、ターニャちゃんの活躍は普通に楽しめる。ちょいちょい幼女であるが故の可愛らしい一面が見えて微笑ましい。会議の際にそっと椅子を用意されてるとことかすごい可愛い。
    若干アニメと違う点もあって興味深い。存在Xというか神様って古今東西のみんないる設定なのか。
    あと予想以上にヴィーシャが美人さんだった。

  • 話があっち行ったりこっち行ったりするので少々とっちらかってる感じはあるが、原作(未読)だとこのあたりしっかりと描かれているのだと想像はする。原作本は物理的にヘヴィと聞いているが、つまりOverloadとかと同じ販売チャンネルかな。とは言え、モデルがあの辺りの帝国とあの辺りの帝国のアレな部分をミックスしてて相当にアレな舞台となっているところには非常に好感を持たせてくれる。原作共々今後追ってみたい作品である。

  • 本屋でずっと気になっていた漫画。ゴテゴテの戦記ものだったらどうかなあ、と思っていたのだけれどまさかこんな話だったとは。
    主人公のキャラがとてもいい。そしてことごとくすれ違っていく様がいい。

    小説はどんなものなのかわからないけれど読みたくなってきた。漫画みたいにテンポのいい話なのかな読みたいなあ。

  • 日本のサラリーマンが転生して精神はそのままに幼女の身体で戦地で闘うというSF作品。幼女✕ミリタリー萌えなのかと思ったけど、ほぼ萌え要素はなし。デレないし、中身はおじさんだし。タイトルとこの中身のギャップが上手いなぁ。

  • ~3巻
    幼女の活躍場面は好き。
    過去や神の話はちょっと退屈。
    今後に期待。

  • アニメと全然違うのにビックリ、むしろ更に良い

  • ターニャの心の声がうまいこと表れている。しかしそれにしてもこの幼女、つくづく幼女っぽくない。

全11件中 1 - 10件を表示

東條チカの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

幼女戦記 (1) (角川コミックス・エース)に関連する談話室の質問

幼女戦記 (1) (角川コミックス・エース)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

幼女戦記 (1) (角川コミックス・エース)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

幼女戦記 (1) (角川コミックス・エース)を本棚に「積読」で登録しているひと

幼女戦記 (1) (角川コミックス・エース)の作品紹介

超合理主義エリートサラリーマンが転生したのは、なぜか幼女だった!? 魔法と小銃の入り乱れる異世界で、軍での出世&安全な後方勤務を目指すが、なぜかエースとして祭り上げられ……?

幼女戦記 (1) (角川コミックス・エース)のKindle版

ツイートする