一華後宮料理帖 第四品 (角川ビーンズ文庫)

  • 41人登録
  • 3.50評価
    • (2)
    • (3)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 三川みり
制作 : 凪 かすみ 
  • KADOKAWA (2017年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041051702

一華後宮料理帖 第四品 (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 辛い決断に胸が痛い。でもさ、いくら決断したってどこかに朱西に思いを残したままなのは事実だから、それを微塵も祥飛に気づかれずに過ごせるとは思えないよ。今は浮かれてるけど祥飛もいつか辛くなると思うよ。朱西と祥飛は争ってほしくないなあ。

全2件中 1 - 2件を表示

三川みりの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

一華後宮料理帖 第四品 (角川ビーンズ文庫)はこんな本です

一華後宮料理帖 第四品 (角川ビーンズ文庫)を本棚に登録しているひと

一華後宮料理帖 第四品 (角川ビーンズ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

一華後宮料理帖 第四品 (角川ビーンズ文庫)の作品紹介

互いへの想いを封じた理美と朱西。さらに皇帝・シヨウ飛に「皇后になって欲しい」と言われ、理美は落ち着かない毎日を過ごしていた。そんなある日、元気がない五龍のため、神気に満ちた旧都・氾因に滞在することに。そこで見つけた鏡をきっかけに、奇妙な現象が起こり始める。臥せってしまったシヨウ飛に料理作りながら、原因を調べだした理美は、朱西の秘密を知ってしまい……!? 大切な居場所を守るため、決断の時が迫る第四弾!!

一華後宮料理帖 第四品 (角川ビーンズ文庫)のKindle版

ツイートする