バイオハザード ザ・ファイナル (角川ホラー文庫)

  • 12人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 富永 和子 
  • KADOKAWA (2016年12月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041052112

バイオハザード ザ・ファイナル (角川ホラー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 映画で観てきました。ミラ・ジョボビッチ強すぎる!
    バイハを観たのが初めてだったので、ストーリー展開に着いて行けてないところがあったものの、それなりに楽しめました。怖いというより、ビックリするというのが醍醐味かな?と思います。ローラが出ているというのも興味があって観た作品でもありましたが、ローラほんの一瞬?アップになったときは死体になってたし(^_^;)台詞ももうちょっとあったら良かったなぁと個人的には思いました。ゾンビのエキストラ数は相当だろうなぁとか、ここまで冷酷になるのっていいのか、悪いのか?とか、いろんなことを思いながら見終わりました。記憶のダウンロードは悲しかった。

  • 2017年最初に見た映画.

    シリーズ最終作ということで,無事に完結してよかったです.内容は気にしない.ツッコミどころ満載です.

全2件中 1 - 2件を表示

ティム・ワゴナーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

バイオハザード ザ・ファイナル (角川ホラー文庫)を本棚に登録しているひと

バイオハザード ザ・ファイナル (角川ホラー文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

バイオハザード ザ・ファイナル (角川ホラー文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

バイオハザード ザ・ファイナル (角川ホラー文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

バイオハザード ザ・ファイナル (角川ホラー文庫)の作品紹介

人々を守るため、宿敵ウェスカーと手を組み、アンデッドと死闘を繰り広げたアリス。だがそれは仕組まれた罠だった。
利用されたあげく多くの仲間を失ったアリスに、アンブレラ社の人工知能〈赤の女王〉は、人類絶滅のタイムリミットまで48時間であること、だが新たに開発されたアンチウイルスを拡散すれば、アンデッドを一掃できることを告げる。
最後の希望を求め、アリスはラクーンシティへと向かった──。大ヒットシリーズ、ついに完結!!

バイオハザード ザ・ファイナル (角川ホラー文庫)のKindle版

ツイートする