ヒビキのマホウ (6) (角川コミックス・エース)

  • 13人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 依澄れい
制作 : 麻枝 准(Key) 
  • KADOKAWA (2017年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041052280

ヒビキのマホウ (6) (角川コミックス・エース)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 全6巻読了。
    先生とヒビキの別れが切なくて、だけど前に進んでいて、お互いの帰る場所へ戻る…とても素敵なお話でした。
    もうどれが先生かわからない、のモノローグでとても切なくなってしまった。
    ヒビキノマホウはとても優しい気持ちになるお話ばかりで大切な漫画です。

全1件中 1 - 1件を表示

依澄れいの作品

ヒビキのマホウ (6) (角川コミックス・エース)はこんなマンガです

ヒビキのマホウ (6) (角川コミックス・エース)を本棚に登録しているひと

ヒビキのマホウ (6) (角川コミックス・エース)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ヒビキのマホウ (6) (角川コミックス・エース)を本棚に「積読」で登録しているひと

ヒビキのマホウ (6) (角川コミックス・エース)の作品紹介

マホウが描いた数多の物語はすべて運命の元に集う。それはヒビキにとって別れと決意の時だった。麻枝准が綴り、依澄れいが描いた不世出の感動作、ここに完結!

ヒビキのマホウ (6) (角川コミックス・エース)のKindle版

ツイートする