ある日うっかりPTA

  • 77人登録
  • 3.86評価
    • (2)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 杉江松恋
  • KADOKAWA (2017年4月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041052570

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ある日うっかりPTAの感想・レビュー・書評

  • ある日うっかり子供の通う小学校のPTA会長に推薦され、3期を勤め上げた経験を語った軽いテイストのルポルタージュだ。
    たくさんの「PTAの常識」ネタが出てくるのだけれど、これがまたことごとく「えっ、そうなの」と思うものばかりで興味深かった。
    そもそもPTAというのは個々に活動していて、地区によって方針ややっていることが全然違う、というのも初耳だったし、行政組織に組み入れられているというのも知らなかった。

    かなりソフトに書いてあるけれど、役員たちの間での軋轢があったことや、役員だった人たちのやんごとない家庭の事情も出てきて、日常は小説よりも奇なりだなぁとしみじみ思った。

    それにしてもPTA役員って本当に大変だ。

  • これはやたらと面白かった。おすすめ。なんとなく波風立てず回してる日本的組織の典型でも人のめぐりに恵まれるとここまでできるんだなあ、という組織変革本にも読めるし、ゆるゆると物珍しい世界を眺めることもできる。

  •  PTAには全く興味がなかったけど、もしかしたら自分も携わる機会が訪れるかもしれないと思って興味深く読んだ。

     いつか分からない未来の事を気にしたり、その場にいない人に対して大いに配慮したり、そんなことが行動の基準になる場合があり、そういったことに対して「違うだろ」とビシっと言っているところがよかった。

     著者の杉江さんが反骨心旺盛なところも読んでいて楽しかった。遠足で無駄な挨拶が長い事に対する意見の手紙がとくによかった。政治的な場面での駆け引きの参考になった。

全3件中 1 - 3件を表示

ある日うっかりPTAを本棚に「読みたい」で登録しているひと

ある日うっかりPTAを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ある日うっかりPTAを本棚に「積読」で登録しているひと

ある日うっかりPTAの作品紹介

金髪、ヒゲ、サングラスのフリーライターがひょんなことから、息子が通う公立小学校のPTA会長に就任!自分には無関係な存在として大した関わりも持ってこなかったPTA。三年の任期を経て今、感じることとは――。

PTA会長になるのは簡単だ。(中略)なぜならば公立小学校の場合、自分からPTA会長をやりますなんて言い出す人間はほぼ皆無だからである。PTA会長に大事な資質。それは、おっちょこちょいであることだ。はい、おっちょこちょいです。私、自分でも自分がおっちょこちょいだと思います。そうじゃなかったら、PTA会長なんてなるわけがないじゃないですか――。(本文より)

【目次】
(一)PTAなんて別世界の出来事と思ってた
(二)俺の金髪に触るなよ
(三)教育者なんてガラじゃない
(四)みんなでチームになりましょう
(五)がんばらない、をがんばろう
(六)うちのPTAだけ変じゃないですか?
(七)みなさんの力を借りたいんです
(八)未来の行事より今が大事さ
(九)PTA、辞めちゃだめなんですか?
(十)PTAはちゃんと卒業すべきものだ


「PTAの常識」は日本の常識じゃなかった!――白河桃子氏(ジャーナリスト)

おかしなことは、変えられる。いらないものは、やめられる。
変人PTA会長が、小さな革命を起こした!――荻上チキ氏(評論家)

ツイートする