憧れの作家は人間じゃありませんでした (角川文庫)

  • 78人登録
  • 3.88評価
    • (5)
    • (6)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 澤村御影
  • KADOKAWA (2017年4月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041052624

憧れの作家は人間じゃありませんでした (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 予想をちょっと裏切る面白さだった。
    ほろ苦い。けど、ユーモラス。

  • 正体が吸血鬼の作家・御崎禅と担当編集の瀬名あさひ、警視庁の林原夏樹を中心に3つの事件を解決していきます。初めはコメディ色が強いミステリーかな、と思いながら読んでいましたが、第3の事件ではじーんときて涙が出てしまいました。

    映画の話題が多いので、映画ファンはより楽しめるかもしれません。(私はあまり映画を知らないので、映画談義はサラッと読んでしまいましたが。)

    読みやすくて面白かったので、2巻も読むつもりです。

  • 『キャラクター小説大賞』大賞に恥じないだけの事はありますね。新人さんなのですか?キャラ立ちだけじゃなく、文章・構成もこなれていて読ませます。これは是非是非シリーズ化、続編お願いしたいものです。ルーナがデレる所なんかも見てみたい。

  • 借り本。
    今まで読んだきた小説の中でも上位ですね!!
    ため息が出るほど凄くいい作品。
    すごく面白かった。
    とにかくすごいの一言に尽きる。
    ここまで幻想的なストーリーを思い描けることに尊敬します。
    ただ、少し残念だったのは、吸血シーンです。あそこだけは不快でしたね。まさかそうくるか!?って拍子抜けさせられましたね。どうせなら完璧にしたいなら…血を与えるのは女の子の役目であってほしかった。そして、最後の曇天返しで、編集の女の子が実は恋人の生まれ変わりだったってオチだったらもっと楽しめた。最後は本当に残念。そこだけかな。

  • 「キャラクター小説大賞」(大賞)というだけの事はあるなー。と思った。とにかく登場人物がとても良い。魅力的で。まぁ例外は山路係長だけど。しかし山路係長もあれはあれで…。ねぇ?むかつくけれど(爆)特に夏樹がとても良い。夏樹がいてくれて良かったと読み終わった後思った。
    夏樹が御崎禅に持ち込んで来る事件はミステリーというには薄い気がするけれど。ここはキャラクターを楽しむという事で。あかりと禅が映画に話をするシーンはオタク全開で楽しい。趣味の事であれだけお互い語れるのって気持ち良いだろうな。「ハチ公物語」、あれは泣ける。映画館で見て泣きながら帰ったなぁ…。
    ←最後本文と全く関係のない話で〆る。

  • カバーイラストがスカイエマさん。えーと、ジャケ買いです(笑)キャラクター小説大賞というものがあるんですね、大賞受賞作です。まあ、それなりに面白かったのですが、もう少し推理的なものがあったりとか、もう少し悲壮感が漂ってたりだとか、深みが欲しかったかな。

  • これぞ「キャラクター小説大賞」!
    あさひ、御崎禅、夏樹、高良、みんなキャラがすごくハッキリしていて、「ザ・キャラクター小説」という感じでした。
    私はぐいぐいオネエキャラの高良が好きです。
    そしてルーナが金髪美女にも変身できるというところがすごく好きです(笑)
    あさひと御崎禅をつなぐ映画トークは、残念ながら映画を見ないためまったく付いていけませんでしたが、そんなことは関係なく十分楽しめました。
    キャラクター小説らしく面白い一方で、御崎禅だけではなく、それぞれの章に登場するキャラクターたちへの「救い」も描かれていて、とても優しい物語だと思います。

  • 編集者さんのコメント読んで読んでみたくなった。

    読んだら
    惹き込まれました
    設定もいい
    テンポも良くて

    続編出るかなシリーズ化して欲しい!!

全8件中 1 - 8件を表示

憧れの作家は人間じゃありませんでした (角川文庫)のその他の作品

澤村御影の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
宮下 奈都
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印

憧れの作家は人間じゃありませんでした (角川文庫)はこんな本です

憧れの作家は人間じゃありませんでした (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

憧れの作家は人間じゃありませんでした (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

憧れの作家は人間じゃありませんでした (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

憧れの作家は人間じゃありませんでした (角川文庫)の作品紹介

文芸編集者2年目の瀬名あさひは、憧れの作家・御崎禅の担当となる。映画好きで意気投合するものの、彼は実は吸血鬼であり、人外の存在が起こした事件について、警察に協力していることがわかる。捜査より新作原稿を書いてもらいたいあさひだが、警視庁から様々な事件が持ち込まれる中、御崎禅がかつては人間であったこと、そしてそこに秘められた悲しい過去を知っていく。第2回角川文庫キャラクター小説大賞≪大賞≫受賞作。

ツイートする