芋虫 (角川文庫)

  • 99人登録
  • 3.69評価
    • (14)
    • (10)
    • (29)
    • (1)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 江戸川乱歩
  • KADOKAWA (1973年発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (422ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041053010

芋虫 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あぁ、著者はこの物語で純愛を描きたかったのか。

     ある軍人が、戦争で両手両足を失って帰ってくる。
     彼は世間的には立派な英雄として迎えられ、
     美しく貞淑な妻は献身的に世話をする。
     が、それは世間の目に映る表面上の姿だったりする・・・

    この人間の心理を追い詰めていくような、
    「人間とは何か」「愛とは何か」というところまで
    強引に引きずり込まれる文章といい、
    この後味の悪さの素晴らしさといい、
    江戸川乱歩作品で一番印象に残っています。

    R指定だけど、傑作です。

  • 江戸川乱歩の短編。
    ホラーです。想像するのも何だか・・・気の毒。

  • 結構衝撃を受けた作品。江戸川乱歩は読んだことがなくて、一番最初がこれだったからイメージが大きく変わった。でも残酷だけど心惹かれる話だった。官能的と言えばいいんだろうか。目を背けたくなるような描写もあるのに、何故か目をそらせない。そんな感じの一冊。今まで読んだ作品の中でもここまで強烈に残ってるのも珍しいというくらい心に残る話だった。

  • 目を背けたいのに、覗いてしまう。
    なまなましい匂いすら感じる一冊。

  • 土蔵の中の秘密。
    戦争で四肢を失い、包帯で巻かれた夫にしめす、妻の異常な行動。江戸川乱歩の作品の中でも、特にどす黒い闇を感じるが、そこに引きずり込まれる。

  • 凄く好き。酷い話ではありますが。

  • 乱歩でいちばん好きな話

  • 後ろめたいエロス。

  • 好きな本ではないつもりなのですが何かの拍子に読みたくなる本です。恐るべし乱歩。

  • 個人的に人間の複雑な部分を思い知る作品だと思う。
    高校の時の先生が「これ、日本で最初のSM小説じゃないか?」と言っていたけど本当なんかね?
    まぁ、そういう話です。

全14件中 1 - 10件を表示

江戸川乱歩の作品

芋虫 (角川文庫)はこんな本です

芋虫 (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

芋虫 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

芋虫 (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする