黙示録 下 (角川文庫)

  • 31人登録
  • 3.88評価
    • (3)
    • (2)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 池上永一
  • KADOKAWA (2017年5月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (512ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041053843

黙示録 下 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面白かった。
    とにかく、この作者は最後のまとめ方がすっきりしていて、好き。

全1件中 1 - 1件を表示

池上永一の作品

黙示録 下 (角川文庫)はこんな本です

黙示録 下 (角川文庫)の作品紹介

謝恩使を成功させ、琉球に凱旋した了泉は一挙に富と名声を得るが、成功を受け止めきれずにいた。一方、清国から冊封使としてやって来た徐保光を待遇するため、踊奉行の玉城朝薫は究極の舞踊である「組踊」を創始。琉球の芸術を究めるため、二人の天才舞踊家を用いて完成に近づけようと目論む。王の身代わりとなる「月しろ」は、果たして了泉か雲胡か? 傑作『テンペスト』を凌駕した、《琉球サーガ》の到達点、遂に文庫化!

黙示録 下 (角川文庫)のKindle版

ツイートする