打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? (角川文庫)

  • 262人登録
  • 2.97評価
    • (7)
    • (15)
    • (28)
    • (17)
    • (7)
  • 36レビュー
著者 : 大根仁
制作 : 岩井 俊二 
  • KADOKAWA (2017年6月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041054888

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
住野 よる
辻村 深月
宮下 奈都
森見 登美彦
米澤 穂信
村田 沙耶香
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 「私が勝ったら、何でも言うことを聞いて」

    夏休みの花火大会の日。島田典道は小学校の時から気になっていた及川なずなに、親友の安曇祐介も想いを寄せていることを知る。真夏のプールサイド、いつものように祐介とふざけていると、二人はなずなから突然、50メートルの競泳で"賭け"を申し込まれる。
    賭けに負けた典道は、その日の夕方、親友の祐介がなずなから花火大会に誘われたことを知る。しかし祐介はなずなを典道に託し、なずなと花火大会へ行くよう勧める。事情が飲み込めない典道は、家出をして来たと言うなずなと共に花火大会へ足を向けるが、なずなは彼女の母親に連れ戻されてしまった。彼女を取り戻すため典道は、花火大会の同じ一日を繰り返す。繰り返された世界が間違った世界だとしても、何度も何度も、ただ、彼女を取り戻すためにーー。

    親の庇護がなければ生きていけないまだ大人になりきれない少年たちの、どうしようもなく変えられない現実だけが残って、リアルな切なさが胸に迫る。

    この物語の面白いところは、本当の世界と、もしもの世界1〜3の時系列がずれているところ。典道の物語の裏に、祐介となずな、それぞれが主人公の物語があり、それぞれの"本当の世界"が存在すること、どれだけの人が気づいて読んだだろう?

  • なんだこりゃって感じでした。映画見てないけどたぶん面白くないんだろうな…。
    原作?のドラマには興味あります。

  • 帯文:”アニメ映画書き下ろし原作小説” ”繰り返す夏休みの1日、二人が最後に見る花火のかたちは――?”

    目次:もしものない世界、もしもの世界・その1、もしもの世界・その2、もしもの世界・その3

  • タイムリープの行き着く先に驚きの真実が待っているわけでもなく、さらっとしている感じ。なずなはその後幸せになれたかな? 映画は観てみたい(映像美に期待)。

  • 「もしもあの時ああだったら…」が叶う物語。
    けれど、その願いが叶うことで自分の周囲に異変が起こり始めます。
    最初はスイカバーの形から始まり、その他身近にある物の形等がどんどんおかしなことになっていきます。

    あるべき形から変わったものがある世界=正しい世界ではない。
    あるべき形のものがある世界=正しい世界。
    という考えが面白いなと思いました。

    正しい世界に戻った最後、一人で戻るなずなに何も言えない典道。
    次に会った時にはもしも玉を投げた時のように大きな声で、なずなに自分の気持ちを告白してほしいと思いました。
    (きっと顔を真っ赤にして言うんだろうな!)

  • 人生にもしもはないけど、そのもしもがあったらどうなっていたのだろうと、考える高校の夏、花火大会の一日を思う物語。もしもの世界はどんな世界だろう、その世界を想像したら違う何かが見えるのではないか、その世界に入ったら現実が歪み始めていくのがシュールである。女子高生はもしものことが想像ではなく、実際に起こっていたらまた考えが違っていたかもしれない。男子高校生との関わりは、ほろ苦さや想像と現実との違い、相手に上手く気持ちを表現できないことによるもどかしさ、眩い青春、今後どうするのか見守っていきたい思いもある。

  • 正直、期待外れだったが映画は観たい。

  • 映画とは細々した設定が違うため、もはや別作品。具体的には、ワンピースの色が変わったり、家での友人主張が変わったり。
    テキストでしか書けない内面描写もあるため、独立した作品としてはアリだが、映画の補完作品としては力不足。

  • 何度も同じ体験を不思議な力でやり直しが出来る話。
    もし、あの時、プールでライバルに勝っていたら
    もし、あの時、彼女を相手の両親から救って逃げれたら
    もし、あの時が続く話。

    時間を戻す度に花火の形が変わったり
    電車の線路が変わったり
    アイスバーの形が変わったり
    不思議なことも同時に起こる。

    やり直しをして、時を戻せば
    恋は成就できるのか?

  • タイムリープ的な話?
    駄目な選択肢を選んだらそこからやり直すって、そんなに都合よくいかないよ。。。

  • 映画ではわかりづらかった、なずなの父親のことや、細かい部分が知れて良かった。
    けれど、この作品は映画で見た方が面白いと思った。

  • おもしろくなかった

  • 情景描写が微妙
    映画の方が良かった。

  • 十代の頃、岩井俊二の映画がすごく好きだった。まだヤワで傷つきやすかった自分の魂に、岩井の映画はすっと入ってきて、ひんやりとしたシルクみたいに柔らかで少し寂しい風を吹かせて、消えていったものだ。
    そんな原風景があって期待値が高まっていたので、本作には心からがっかりした。ただただガキなだけで、ガキなりの葛藤や成長というものに全く縁のない登場人物。ルールも縛りもない、全く説得力のないタイムスリップ。ただ都合がいいだけで、もしも玉という仕掛けが全然機能してない。ふざけんなよと言いたい。
    会話は中学生の作文みたいにぎこちないし、基本的に文章が下手。はっきり言って素人の文章。
    あーあ、あの映画、ほんとに好きだったんだよ。。。
    汚されたなー十代の思い出が。むなくそわるいわー。

  • 中学生の心の動きは、初々しいけど、ストーリー展開が微妙かも。
    君の名は、もどうかと思ったけど、まだあっちの方が良いかな。

  • 別に加点もなければ減点もない。

  • 個人的には世界観が違うファンタジー系が入っていて面白かった。
    ただしファンタジー系は親近感があまり湧かないため少し空想系の物語だったのではと感じた。
    あと終わりの〆が微妙なのが残念だった。

  • 花火の見える形が違う世界。
    そうは言ってもなあ。
    まあ、こんなものか。

  • クラスメイトのなずなが好きな典道

    「もしもオレがぁ!!!」
    と一日を繰り返すたびになずなとの距離が縮まっていくが...

    24年前のテレビドラマをリメイクしたアニメ映画(2017夏公開)の脚本家による“書き下ろし原作小説”

  • YouTubeで主題歌を聞いて、映像が綺麗で話が気になったので。
    アニメで観てみたいなぁと。
    文書では想像しにくい部分があるかなと...。

    真夏に中学生の2人物語が甘酸っぱくて可愛かった。
    もしも玉を投げるともしもの世界にいける話。なずなが好きで一緒にいたいからもしも玉を投げる典道くん。

    夜に灯台登って花火見るとかいいね、青春。
    なずなといたいからってかわいいね。
    海の中でキスするシーンもかわいくてよかった。
    でも話の内容は少し?薄いと思った。


    茂下(もしも)って名前はもうちょっとなんかなかったのかね...ネーミングセンス...。笑

    機会があればアニメ見てみたい。

  • 時をかける少女をやりたかったのかな? という作品。著者が脚本家であるためか、文学作品としては物足りなかった。
    幻想と現実の描写にもっとメリハリをつけてくれたら、読みごたえがあったと思います。

  • 個人的にすごく好きです!期待以上*\(。・∇・。)/*
    タイムループ系のストーリーが好きなのもあって夢中になってスラーッと読み終わってしまいました!
    深い話ではないけれど、爽やかで少し甘ずっぱい夏にぴったりの作品です!
    綺麗な景色がたくさん登場したので映画も見たいなと思いました!

  • 8月18日に公開される映画のノベライズ本

    脚本を手掛けた映画監督が執筆された小説
    全編通して会話が多めで
    ところどころ脚本ぽい文体が盛り込まれている
    読み易かった

    あとがきの中に

    “小・中学生男子ならではの女のコとの
    微妙な距離感や、気持ちを伝えられない描写は、
    映像の方が伝わるんですよ。”

    とあり
    流石と思った
    映画が楽しみ

    と同時に
    心の機微(覚えたての言葉)を
    文章で表現する事の難しさを感じた

    実際
    映像で観るのは一目瞭然
    一瞬で多くの情報を得ることができる
    目の前に広がる世界
    見たままをラクして楽しませて貰える

    そしてまた
    小説には小説ならではの楽しさがある
    心理描写や情景描写

    字面を通して自分なりに想像し
    読み解いてゆく楽しさ
    見たものを自分の中に取り込む作業
    そこから広がる世界

    その醍醐味が読書にある
    て事を今更ながら感じてる(遅い)

    心像スケッチ
    その説明に走り過ぎると白けちゃって
    ムードが台無し
    かと言って
    言葉が足りなければ殺伐とした感じに
    (これすら今上手く書けてないけど)

    匙加減?
    センス?

    それこそセンスは相性みたいなもの
    結局はスキかキライかになっちゃう

    そして文学とは情緒とか風情とか
    いわゆるひとつの趣を大切にする
    日本人ならではの独特の感性が
    原点にあるのかなと思う(固い)

    春に桜を愛で秋に椛を慈しむ
    夏は花火を恋し冬は人肌を(違う)

    そんな四季を楽しむ風習を
    この国に生まれながらにして体感し
    誰もが感じているはずの匂いや
    容易には描き切る事の出来ない香り

    自分が日常的に見ていること
    感じていることを
    感じたまま言葉に出来たら
    どんなに清々しいことだろう

    (才能って凄いなぁ)
    凄い人はみんな努力家

    “微妙な距離感や、気持ちを伝えられない
    描写”を140文字以内で表現せよ。(何)


  • 花火だし、きっと映像は綺麗なんだろうな。平べったいとかぐにゃぐにゃとかそういう表現もあるので、楽しめるもの映像なんでしょうけど。重いもの、深い謎なしでサクッと読めた。もしもの青春ストーリー、中学生とか読むといいんでないかい。

全36件中 1 - 25件を表示

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? (角川文庫)の作品紹介

「打ち上げ花火は横から見たら丸いのか、平べったいのか?」
夏の花火大会の日、港町で暮らす典道は幼なじみと灯台に登って花火を横から見る約束をする。その日の夕方、密かに想いを寄せる同級生のなずなから突然「かけおち」に誘われる。なずなが母親に連れ戻されて「かけおち」は失敗し、二人は離れ離れに。彼女を取り戻すため、典道はもう一度同じ日をやり直すことを願うが――。繰り返す夏休みの1日、ふたりが最後に見る花火のかたちは――?

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? (角川文庫)はこんな本です

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? (角川文庫)のKindle版

ツイートする