鹿の王 1 (角川文庫)

  • 342人登録
  • 3.88評価
    • (2)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
    • (1)
  • 6レビュー
著者 : 上橋菜穂子
  • KADOKAWA (2017年6月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041054895

鹿の王 1 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • やっぱ上橋さんの物語だ。のっけからやばい。これは嵌るぞと神経が震える。ヴァンとユナの関係が微笑ましくてずっとこの二人だけの話、読ませてよと思ったけど、それだとまあつまらないよね。追う者、追われる者、緊迫した空気が伝わってくる。1行読むごとにその世界に吸い込まれて行く。ヴァンとホッサム、いつ出会うのだろうか。そしてどうなるのか。ヴァンとユナが授かった力は一体どのように発揮され、彼らを助けるのか。気になる。2巻目読みたいけど、3、4の発売が1ヶ月後だと思うと躊躇。悩む。この悩みも面白い本だからこその魅力かな。

  • 読み始めてすぐに、この本の世界に引き込まれてしまう。
    感染症を柱にに据えながら、
    家族を失い、死を賭した戦いをする戦士軍団の中でも生き残ってしまった戦士と感染症と戦う天才医師の2つの視点から、その世界の情勢や人間関係なども描き出される。
    次巻も没頭して読んでしまいそう。

  • 単行本は献本企画のまだ装丁の付いてないバージョンをいただいて読んだので、文庫化は待ってました! 上下巻本が4巻仕立てになって二ヶ月に分けて出る模様。

  • いやー、素晴らしい!面白い!ファンタジーの世界なのにリアリティがあってすごい!
    普段は通勤電車の中でしか読まないんだけど、家に帰って寝るまでの間、読みふけってしまうくらい魅力的。
    ヴァン、ユナ、ホッサル、マコウカン、サエ、与多瑠、トゥーリム…そして、そのほかの登場人物もみんな魅力的。その人物たちを取り巻く環境の描写がまた素晴らしい。
    あと、飛鹿(ピュイカ)がいいなぁ。ツピがかわいい。
    ああ、このあと2巻を読んだら次は来月までまたなきゃなんないんだなぁ…あ、四六判を買えばいいのか(笑)

全6件中 1 - 6件を表示

鹿の王 1 (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

鹿の王 1 (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

鹿の王 1 (角川文庫)の作品紹介

強大な帝国・東乎瑠(ツオル)から故郷を守るため、死兵の役目を引き受けた戦士団“独角”。妻と子を病で失い絶望の底にあったヴァンはその頭として戦うが、奴隷に落とされ岩塩鉱に囚われていた。ある夜、不気味な犬の群れが岩塩鉱を襲い、謎の病が発生。生き延びたヴァンは、同じく病から逃れた幼子にユナと名前を付けて育てるが!? たったふたりだけ生き残った父と子が、未曾有の危機に立ち向かう。壮大な冒険が、いまはじまる――!

鹿の王 1 (角川文庫)のKindle版

ツイートする