鹿の王 1 (角川文庫)

  • 927人登録
  • 3.96評価
    • (54)
    • (104)
    • (51)
    • (4)
    • (1)
  • 71レビュー
著者 : 上橋菜穂子
  • KADOKAWA (2017年6月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041054895

鹿の王 1 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今年はファンタジーに心躍らせられた1年でした。
    年初に「図書館の魔女」に魅了され、年末に「鹿の王」に夢中になった。
    文化人類学者でもある著者のグイグイ引き込んでいく筆力には脱帽です。
    話は征服する者とされるものに、病と飛鹿、山犬などが複雑にからむものでしたが、ユナとヴァン、そしてサエのやさしい関係が嬉しかった。
    近いうちに筆者の別の作品を読んでいる自分が確実に想像できた、満足な読書になりました。

  • 一人ひとりの豊かな心情
    人・国の立場
    生命の神秘
    様々な要素が盛り込まれた壮大な世界観に魅了されました。

  • 新しい仕事にも慣れ、心にも若干の余裕が生まれらので、とうとう手をつけてしまった。
    まさに目の前で映像を見せられているかのような描写に、すぐに心が踊ってしまう。まだ、一巻を読み終えたところなので、先が気になって仕方がない。
    この先サエは、、、ヴァンとホッサルが出会ったらどんなだろう、ユナにはどんな未来が待っているのか。
    上橋先生、サイコーだね。

  • 名称がなかなか覚えられないし物語の展開が読めないから、なかなか読み進まなかったけど、後半徐々に面白くなってきました。
    2巻に期待しながら続く。

  • 本屋大賞受賞作。上橋さんらしいファンタジーもの。ただ、世界観の作り込みが半端なくて物語にリアリティをもたせている。設定や政治、文化、生活様式などが細かく描かれていて、一つ一つに感心する。あー、なるほど飛鹿(ピュイカ)が人の背中を鼻でつつくのは慣れてきた明かしなのねー、とか。架空の動物?なのに描写がとてもリアルで納得できる。
    本作は第1巻ということで登場人物紹介的な感じ。それと国と国との政治的な関係性や生活様式を描く感じ。物語の大筋を為す大きな病の正体が何なのかと言うところも非常に気になるところ。間違いない良作。

  • 感想は下巻で。

  • 文庫版4巻あるうちの1巻。1巻のみ読んだ時点での感想。

    主人公ヴァンは独角の頭で、戦争に負けて奴隷として塩鉱山で働いていた。
    ある日山犬に襲われ、黒狼病で彼と赤ちゃんの女の子以外が全滅。2人は鉱山から逃げ、途中で出会ったトマと一緒に郷に戻って暮らす。
    一方鉱山を管理してた人たちは、全滅した原因を調査するため奴隷狩人の力を借りてヴァンを探す。

    って感じの内容。
    気になるのは、鉱山を襲った山犬が訓練されていて病気を感染させるために襲撃した感じだったってことかな。敵対してる国の計画?それとも単に塩鉱山を狙った?

    追い狩人のサヤが鉱山で痕跡を探してるシーンが印象的だった。

  • 請求記号:913.6||U 36||1
    資料ID:C0038346

  • 感想は4巻に

  • まだ序章という感じ。この後、ヴァンとユナがどうなっていくのか。続いて読み進みます。

全71件中 1 - 10件を表示

上橋菜穂子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
上橋 菜穂子
有効な右矢印 無効な右矢印

鹿の王 1 (角川文庫)に関連する談話室の質問

鹿の王 1 (角川文庫)に関連するまとめ

鹿の王 1 (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

鹿の王 1 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

鹿の王 1 (角川文庫)の作品紹介

強大な帝国・東乎瑠(ツオル)から故郷を守るため、死兵の役目を引き受けた戦士団“独角”。妻と子を病で失い絶望の底にあったヴァンはその頭として戦うが、奴隷に落とされ岩塩鉱に囚われていた。ある夜、不気味な犬の群れが岩塩鉱を襲い、謎の病が発生。生き延びたヴァンは、同じく病から逃れた幼子にユナと名前を付けて育てるが!? たったふたりだけ生き残った父と子が、未曾有の危機に立ち向かう。壮大な冒険が、いまはじまる――!

鹿の王 1 (角川文庫)のKindle版

ツイートする