鹿の王 1 (角川文庫)

  • 828人登録
  • 4.01評価
    • (50)
    • (81)
    • (39)
    • (3)
    • (1)
  • 59レビュー
著者 : 上橋菜穂子
  • KADOKAWA (2017年6月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041054895

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
今村夏子
上橋 菜穂子
上橋 菜穂子
上橋 菜穂子
有効な右矢印 無効な右矢印

鹿の王 1 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 新しい仕事にも慣れ、心にも若干の余裕が生まれらので、とうとう手をつけてしまった。
    まさに目の前で映像を見せられているかのような描写に、すぐに心が踊ってしまう。まだ、一巻を読み終えたところなので、先が気になって仕方がない。
    この先サエは、、、ヴァンとホッサルが出会ったらどんなだろう、ユナにはどんな未来が待っているのか。
    上橋先生、サイコーだね。

  • 名称がなかなか覚えられないし物語の展開が読めないから、なかなか読み進まなかったけど、後半徐々に面白くなってきました。
    2巻に期待しながら続く。

  • 本屋大賞受賞作。上橋さんらしいファンタジーもの。ただ、世界観の作り込みが半端なくて物語にリアリティをもたせている。設定や政治、文化、生活様式などが細かく描かれていて、一つ一つに感心する。あー、なるほど飛鹿(ピュイカ)が人の背中を鼻でつつくのは慣れてきた明かしなのねー、とか。架空の動物?なのに描写がとてもリアルで納得できる。
    本作は第1巻ということで登場人物紹介的な感じ。それと国と国との政治的な関係性や生活様式を描く感じ。物語の大筋を為す大きな病の正体が何なのかと言うところも非常に気になるところ。間違いない良作。

  • 2017/10/15

    支配・被支配が難しすぎて混乱する

  • 2017.10.6読了

    久しぶりに上橋ファンタジーの世界へ…
    “2”へ突入

  • 1.2巻読了。
    丁寧な作りの物語。様々な国や、その歴史、住んでいる人々の生活等考えられて作ってある重厚な世界観で、重みと現実感のある安心して楽しめるファンタジー。
    人々の価値観の違いが良い悪いでは無く自然に描かれていて興味深い。

  • 年若の知人の推薦。
    ファンタジーに分類されるのだろうか。
    架空の聞きなれない国や名前ばかりでてきて、読み進められない感じだったが、せっかく貸してもらったので少し無理して読んでみると、途中からはぐいぐい引き込まれていった。
    力ある作家さんだなぁと思った。

  • 9/21
    上橋菜穂子らしい、アジアっぽいファンタジー。
    ふわふわしない、登場人物のおいたちやら、生活感が溢れているのが、この人らしい
    続きが楽しみ

  • 舞台設定のスケールが大きくて面白い

  • 気になってた本が文庫化されたので。
    きっとヴァンがかっこよく活躍してくれそうな予感。

  • 面白すぎた。同じ言葉がなくても、概念がなくても、必要であれば、知恵を絞れば生み出せる。アニミズム医学ファンタジー、なのだろうか。
    飛鹿に乗ったときの風を感じられた気がした。あのイキイキとした描写が大好きだ。

  • オタワルの人たちのように勝ち負けはないと考えている人たちもいるのは印象に残った。

    「食われるのであれば、巧く食われればよい。食われた物が、食った者の身体となるのだから」
    「他者を生かすことで、自分も生きる。他者を幸せにすることで、自分も幸せになる」

    「私は医術師です。病から人を救うために生きるという誓いを立てている者です」

  • 世界観がすっと入り込んでくるのがいい。生き物と素朴な食べ物の描写が臨場感あって楽しい。

  •  世界観の作り込みと、細かな設定や描写のリアルさに圧倒されつつの第一巻。物語そのものよりも、例えば飛鹿の生態だとか、各土地の人々の生活の仕方だとか、鉱屈の構造や空気だとか、そういった「想像上」の世界が、あたかも作者が実際に取材して見てきたかのように描かれていて、そのどれもが説得力を持っていることが凄い。
     相変わらずの固有名詞の覚えにくさに苦戦させられつつ、これから物語がどう展開していくかが楽しみです。あとユナが大変に可愛い(笑)

  • 上橋先生の最新作。文庫になるのを待って購入した。

    いつもの如くアジアンテイストのハイファンタジーは、うん、安定の面白さだな。
    物語世界を確かなものとして描き出すその力量。
    手練れの語り口が心地いい。
    獣の奏者的な飛鹿との交流もあるね。

    今回は、ウィルスによるある意味超人的な変化が重要なカギのよう。
    ちょっとバビル2世を思い出した(古過ぎ!爆)
    でも一巻では物語はまだそのさわりを見せてくれるだけ。
    ヴァンの今後や(彼が鹿の王なんだろうけれど)ユナの成長、そして消えたまま行方知らずのサエの消息など、いったいどういう風に物語は進んでいくのか、とても楽しみ。

    そうそう、冒頭のあの黒狼は一体何だったのだろう?
    人のような知性を持って、何かの目的を持って噛んで行ったのか?
    だって、噛むだけで直接殺したりしなかったわけだし。
    それは狼の意思か、はたまた......?

    とにもかくにも、この素敵な物語世界ををじっくりと楽しもう。

  • 緻密な設定、世界の構築、その描写により、ファンタジー小説であるが、どこかに本当にこのような世界があるかのように感じられる。
    そのぶん、登場人物の成長や心情もリアリティをもって感じられ、まんまと物語に引き込まれて読み進めた。
    本当にいいところで一巻が終わった。早く二巻を買いに行こう。

  • カタカナが少し苦手なので名前とか地方などを把握するのに少し苦戦しましたが、とにかくストーリーが面白い!!!続きが早く見たい!!!!となる終わり方です( º_º )(笑)早く見たいー!!!


  • 入り込めず読了断念。

  • 上橋さんのシリーズ物読むのは3つ目かな。
    この作品はとっつきにくい気がする。
    先が気になる感は、3つの中で一番すくない。

    精霊シリーズは、最初の一巻で見せ場もあって、読了感があったけど、この作品は全部読まないとよく分からないのかな?という第一印象。

  • 【あらすじ】
    強大な帝国・東乎瑠(ツオル)から故郷を守るため、死兵の役目を引き受けた戦士団“独角”。妻と子を病で失い絶望の底にあったヴァンはその頭として戦うが、奴隷に落とされ岩塩鉱に囚われていた。ある夜、不気味な犬の群れが岩塩鉱を襲い、謎の病が発生。生き延びたヴァンは、同じく病から逃れた幼子にユナと名前を付けて育てるが!? たったふたりだけ生き残った父と子が、未曾有の危機に立ち向かう。壮大な冒険が、いまはじまる――!

    【感想】

  • さすが、いつも、すんなり物語に入れるし、次々気になって、読み進められます。
    今のところ、そこまで「鹿」中心ではないんですね。勝手に誤解してました。

全59件中 1 - 25件を表示

鹿の王 1 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

鹿の王 1 (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

鹿の王 1 (角川文庫)の作品紹介

強大な帝国・東乎瑠(ツオル)から故郷を守るため、死兵の役目を引き受けた戦士団“独角”。妻と子を病で失い絶望の底にあったヴァンはその頭として戦うが、奴隷に落とされ岩塩鉱に囚われていた。ある夜、不気味な犬の群れが岩塩鉱を襲い、謎の病が発生。生き延びたヴァンは、同じく病から逃れた幼子にユナと名前を付けて育てるが!? たったふたりだけ生き残った父と子が、未曾有の危機に立ち向かう。壮大な冒険が、いまはじまる――!

鹿の王 1 (角川文庫)のKindle版

ツイートする