確率捜査官 御子柴岳人 ゲームマスター (角川文庫)

  • 105人登録
  • 3.65評価
    • (4)
    • (6)
    • (9)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 神永学
  • KADOKAWA (2017年6月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041055021

確率捜査官 御子柴岳人 ゲームマスター (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 久々に御子柴くん読みましたが
    神永作品ならではの読みやすさと
    人間らしさが溢れていて一気に読みきりましたね
    最後に一捻りあるところとても好きです

  • 読了。

  • ゲーム理論面白い

  • 御子柴さんは特異過ぎてちょっと。
    振り回されてる友紀さんの方が身近に感じる。

  • 政治家宅でおきた窃盗事件の裏をゲーム理論などを使っておう。ゲームマスター。

    C0193

    赤目のナイト、気になる

  • 確率捜査官の2作目、漸く文庫化。
    楽しみにしていたんだけど、最近の神永氏の登場人物のやりとりパターンが少々辟易し始めている自分が。。。
    ただ、「トリガー戦略」は楽しめたし、犯人を推理する理論もそれほど難しく感じず、サラサラと読めてしまった。
    そう、あまり深さを感じられずサラサラと。
    疲れてても何か読みたいときに最適。

全6件中 1 - 6件を表示

神永学の作品

確率捜査官 御子柴岳人 ゲームマスター (角川文庫)はこんな本です

確率捜査官 御子柴岳人 ゲームマスター (角川文庫)を本棚に登録しているひと

確率捜査官 御子柴岳人 ゲームマスター (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

確率捜査官 御子柴岳人 ゲームマスター (角川文庫)の作品紹介

論理的な取り調べを行う目的で新設された《特殊取調対策班》。新米刑事の友紀と天才数学者・御子柴が今回挑むのは、大物政治家宅で起きた窃盗事件。単純そうな事件に見えたが、その裏には底知れぬ闇が…!?

確率捜査官 御子柴岳人 ゲームマスター (角川文庫)のKindle版

ツイートする