鹿の王 3 (角川文庫)

  • 564人登録
  • 4.06評価
    • (52)
    • (73)
    • (32)
    • (4)
    • (1)
  • 39レビュー
著者 : 上橋菜穂子
  • KADOKAWA (2017年7月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041055090

鹿の王 3 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • そうか、そうだったんだ。
    ようやく見えて来た陰謀の全容は、単なる個人の犯行ではなく、思っていた以上に深く広いものだったんだね。
    支配した国とされた国。
    その民たちの想い。
    そしてキンマの犬という、ある意味特別な力。
    それらが重なり合った末の出来事だったんだ。
    こういう重層的な物語は、うん、さすがは上橋さんだなあ。

    ユナを追うヴァンは次々と重要人物と出会っていく。
    自分を追っていたサエを助け、共に道行き、
    陰謀の主導者たちの元を去り、逆に追いかけ、
    そしてついに、ホッサルと出会った。
    二人の出会いは、この先どんな新しい展開を産んでくれるのだろう?
    物語の終盤に何があるのか。
    もう一度国を揺るがすような展開が待っているのか?
    すごく気になる。
    皆にとって幸せな大団円があることを祈りたい。

    そういえば谺主とか、投げっぱなしの伏線があるんだけど、ちゃんと回収されるのかな?

  • ようやく読了〜。
    人物紹介だけじゃなく、相関図とかも欲しいくらい、複雑化してってる。でもこれだけ多くの人物がそれぞれの思惑で動いて、一つの道筋に収束していくのは鳥肌ものだわ。
    ついにヴァンとホッサルが出会ったが、お互いにまだ誰だかわかっていない、、、でも読者はわかってる、このソワソワした感じが堪らん(笑)

  • 3巻。

    2巻でユナをさらわれたヴァン。サエに導かれて追跡すると、火馬の民に会う。
    その中にはヴァンの義兄や火馬の民の族長、さらにキンマの犬を操っている犬の王(族長の父)がいた。
    犬の王は病に冒されていて、自分と同様に犬を操れるヴァンにあとを継いでもらおうとしていた。

    ヴァンを連れてツオルの砦を攻撃しに行くが、いざというところでヴァンが裏切り、更にそこに捕らえられたサエも現れ、ヴァンはサエを連れて逃亡する。
    その後、サエと一緒にユナを探す。

    一方ホッサルはトゥーリムに捕まって沼地の民を治療していた。
    沼地の民がいる集落にはちょうどユナもいて、偶然火馬の塚に立ち入ったことで、ホッサル一行とユナが捕まり岩牢に捕まる。
    さらにアカシャ王に見捨てられたと気づいた火馬の民たちは、トゥーリムを捕まえて同じ岩牢に連れて行く。

    で、ユナを探していたヴァンたちも岩牢にたどり着き、ついに再開!別々に描かれていたヴァンとホッサルの物語もここで合流した。


    それにしても、ヴァンとサエがお互い違和感なく行動できてよかった。なんか相性いいみたいだし。
    サエがバツイチだったのはショックだったけど、30すぎだったと思うしこの世界だったらそんなものか。
    ナッカはちょっとかわいそうだった笑

    印象的だったのは、細かいけど顕微鏡の話が出たところ。
    今となっては、人間の目には見えないぐらい小さなものが存在するってのは常識というか小学校で習うけど、顕微鏡とか発明される前はそんなこと思いもよらないよなーと思った。
    天動説的な。

  • 請求記号:913.6||U 36||3
    資料ID:C0038347

  • 感想は4巻に

  • 2017/11/9

  • 様々な人種、そして主要人物が繋がる3巻。
    病の曇っていた背景も照らし出され、終盤への近づきが感じられる。

  • ユナちゃん、おちゃんに会えて良かった(>_<)
    いよいよクライマックス

  • 2017/10/22

  • 段々と、謎が溶けていくようで、さらに深みへと引き込まれます。
    体の変化?みたいのは、なかなか他の小説にはないけど、すんなり受け入れられる。
    ちょっとした恋愛的な要素も入ってみたり、四巻が楽しみ!

全39件中 1 - 10件を表示

上橋菜穂子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
上橋 菜穂子
有効な右矢印 無効な右矢印

鹿の王 3 (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

鹿の王 3 (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

鹿の王 3 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

鹿の王 3 (角川文庫)の作品紹介

攫われたユナを追い、火馬の民の族長・オーファンのもとに辿り着いたヴァン。オーファンは移住民に奪われた故郷を取り返すという妄執に囚われていた。一方、岩塩鉱で生き残った男を追うホッサルは……!?

鹿の王 3 (角川文庫)のKindle版

ツイートする