鹿の王 3 (角川文庫)

  • 346人登録
  • 4.18評価
    • (23)
    • (24)
    • (6)
    • (2)
    • (1)
  • 18レビュー
著者 : 上橋菜穂子
  • KADOKAWA (2017年7月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041055090

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
上橋 菜穂子
上橋 菜穂子
上橋 菜穂子
有効な右矢印 無効な右矢印

鹿の王 3 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • ヴァンとホッサルがやっと出会います。
    他にも色々な再会のある巻です。サエや暁とのシーンは感動しました。

  • 感想は「4」で。

  • 全く無駄な箇所がない.練りに練られたプロットと,流麗な文章で次巻に誘われていく.

  • 登場人物が近づいて、


    裏事情もだんだん明るみに出てきて


    物語の佳境に入った感。


    主要キャラが一同に会し


    この後どうなるのか


    ヴァンとサエの意味深な距離感は?


    ユナはどうなるの?


    と期待を膨らませつつ次巻へ

  • 相変わらず、生真面目で追い立てられるような状況にいる登場人物ばかり。ストレスフル。
    でも面白い。医療的な事も概ねちゃんとしている。
    上橋女史の書くラブシーンは全くときめかないのだが、なぜだろう・・・

  • 病の力で故郷を取り戻すという妄執に取り憑かれた民族の企みと、国を維持していこうとする王たち、病を治そうとする者たちが、結びついていく。

  • ついにヴァンとホッサルが出会う。
    それぞれの民の事情や犬を操っていたのがだれか、病の原因は何かというのが明らかになってくる本作。
    クライマックスに向けてキャラが集結し次巻の内容が非常に気になる。

  •  幼いユナを追うヴァンは、ついにホッサルと出会い、謎の病の秘密が少しずつ明らかになっていく。

     1,2巻続けて読み終わり、この3巻が出てくるのがとても待ち遠しかったです。

     前巻まで追われる者ヴァンと追うものホッサルの物語がそれぞれ進んでいましたが、この巻でやっとこの二人が出会うことで、物語のスケールがさらに大きくなった感じがしました。

     独特の世界なのに、今のこの社会の矛盾を映し出しているかのようで、自分を取り巻く世界と比べながら考えさせられました。

     次巻の結末がとても気になってしょうがありません。

  • ただのファンタジーではない。自然の摂理、生命の根源、生命の連鎖を今更に納得できる。そしてミラルやサヤなど勇敢な女性達の賢さに羨望と敬意を。やっとユナに再会できたヴァン。それよりも、ヴァンの飛鹿"暁"との再会。ヴァンに(は)従順な暁の可愛らしさといったら(涙目)。と、ここで表題を思い出す。黒狼より鹿。西加奈子氏の解説も良い。

  • ここ2週間ほどさして読みたい本もなく、通勤電車の中でもボーッと過ごしていたが、予約していた本が届いたので、仕事のことを思い出したくない暇な日曜日に、高校野球は大阪の決勝戦を斜めに見ながら、一気に読み下す。
    攫われたユナを追って<火馬の民>の集落に辿り着いたヴァン。前巻終盤に捕らえられたホッサルは<沼地の民>の郷で黒狼熱の謎に少しずつ近づく。
    火馬の民、山地の民、沼地の民、アカファ、モルファ、オタワル…、それぞれの思惑が明らかになっていき、朧だった物語の輪郭がはっきりしだす。漸く面白くなってきたよ。
    さてさて、どう収束するのか、ヴァンとホッサルが相見えたところで最終巻に to be continued.

  • 話が繋がり出して、ページをめくる手が止まらない。 ラスト一巻…もったいなくて読めない…

  • ついに色んな流れが合流。ユナかわいい。サエも素敵。
    国の移民、政治、民族信仰の話がリアルで、どれが正義と言うことでもない、と言うのは納得。即次巻!

  • いろんな場所に散らばっていたものが一ヶ所に段々と集まってきた3巻。それぞれの思惑が絡み合い、縺れに縺れ、複雑化。火馬の民の恨みは分かるよ。ユナの舌足らずの言葉が無邪気に可愛らしくて、状況の深刻さを一時忘れさせてくれる。

  • 黒狼熱の発生の原因、キンマの犬に隠された秘密、ヴァンやユナの不思議な現象が明らかになろうとしている。
    不治の病の治療法を追い求め、民族の自由を追い求め、国の存立と安定を追い求め、複雑に絡み合い、展開する。

    ユナのかわいらしい言動が、心をほっとさせる。
    ヴァンのまっすぐな行動に、一条の光が見える。

  • 全巻読了後にレビューを書きます。

  • だんだんヴァンとホッサルの距離が縮まってきて、そして!ヴァンが思うユナへの気持ちが実の父親以上で涙が出てくる。ユナは強い女の子だけれど、ヴァンと再会したとき、、ああずっと我慢していたんだね、偉かったね、とヴァンじゃないけど抱きしめて誉めたくなったよ。あっちもこっちも罠や策略だらけだと思うし、そうじゃないかもしれないしとも思うし本当にハラハラする。完全、上橋さんに踊らされてる笑でもいいの、そういう読書を求めていたから。登場人物と一体になって困難を乗り越えられる。私はいま、壮大な冒険中だ。ヴァン着いていくぞ!

  • 面白い!ワクワクドキドキが止まらない!この巻はここまで複雑に絡まっていたように見えていた糸がほどけていく感じでとても心地いい。ラストではいよいよな邂逅もあり、物語の佳境に向けてさらにワクワクドキドキ!

    そして、巻末の西加奈子さんの解説がまたいい。引き合いに出されたチベットの情景に膝を叩いた。

    ああ、早く続きが読みたい!

  • 国語の教科書に出てくるような物語が好きという方や、すこしファンタジックでミステリーな物語が好きな方には、おすすめです。

    映画化できないような想像力あふれる一冊。今まで読んだ本の中で一番大好きです。

    読書すること自体、小学生・中学生の頃から全くなかったのですが、学生の頃の朝読書の読書習慣のおかげもあって、またこの本に出会って読みたい気持ちが目覚めました。最近の流行り本とは違い、本当の読書の楽しさを与えてくれる読む幸せを感じられる一冊です。

全18件中 1 - 18件を表示

鹿の王 3 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

鹿の王 3 (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

鹿の王 3 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

鹿の王 3 (角川文庫)の作品紹介

攫われたユナを追い、火馬の民の族長・オーファンのもとに辿り着いたヴァン。オーファンは移住民に奪われた故郷を取り返すという妄執に囚われていた。一方、岩塩鉱で生き残った男を追うホッサルは……!?

鹿の王 3 (角川文庫)のKindle版

ツイートする