鹿の王 4 (角川文庫)

  • 325人登録
  • 4.21評価
    • (25)
    • (24)
    • (5)
    • (1)
    • (2)
  • 20レビュー
著者 : 上橋菜穂子
  • KADOKAWA (2017年7月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041055106

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
上橋 菜穂子
有効な右矢印 無効な右矢印

鹿の王 4 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • ヴァンの行動が自己犠牲の方向に向かっているように感じた時から、もしかして悲しい終わり方なのじゃないかと気を揉みながら読み進めたけど、結局読者の想像に任せられるような結末だった。
    ハッピーエンド好きとしては少し物足りない終わり方だったけど、きっとこの先にも本には収まりきらない物語があるのだと思うことにする。

  • とうとう終ってしまった。感無量。ユナとヴァンは絶対に離れられない絆で結ばれているんだ。それがすごく嬉しかった。ヴァンは「鹿の王」となるべく、自己を顧みずユナを置き、離れていこうとしたけれど、ユナの血がそれを許さなかった。本当にすごい。こんなエンディングになるなんて想像していなかった。快哉を叫ぶとはこのことか。物語、冒険はまだまだ続きそうだけれど、私たちが関われるのがここまでかと思うととても寂しい。また何かのカタチでヴァンやユナ、サヤたちに会えるといいな。ユナがどんな女の子になっていくのかとても楽しみだ。

  • 国語の教科書に出てくるような物語が好きという方や、すこしファンタジックでミステリーな物語が好きな方には、おすすめです。

    映画化できないような想像力あふれる一冊。今まで読んだ本の中で一番大好きです。

    読書すること自体、小学生・中学生の頃から全くなかったのですが、学生の頃の朝読書の読書習慣のおかげもあって、またこの本に出会って読みたい気持ちが目覚めました。最近の流行り本とは違い、本当の読書の楽しさを与えてくれる読む幸せを感じられる一冊です。

  • 読み終えました。
    かなり満足感を得る事が出来る作品でした。
    RPGゲーム化しても面白いかも。

    架空の国で描かれた、壮大な医療ストーリー。
    主人公ヴァンは僕の中ではキングダムの「信」のイメージ。ユナはトトロの「メイ」。
    そんなイメージで読んでました。
    アニメ化も良いかも。

  • 生きる理由、死ぬ理由。
    自分の魂と体は別で、体の中に生きるさまざまな生物が動かしている。
    昔、自分の手が動くことを不思議に思ったことを思い出す
    人の死。今読んだからわかったこともあったはず。

    上橋さんの本は、何を読んでも睡眠時間が削られる笑

  • 鹿の王,という題目に込められた思いが,最終刊で詳らかにされる.人類に対する医学という存在意義を文化人類学的見地から論じてはいるが,その先には人そのものの存在意義,そして賛歌としての温かな側面を感じる.他作と同様,上橋先生の作品は,生きて本作を読めて良かった,と心から思わせる何かを持つ.

  • こんなにステキなファンタジーを描き続けらるのは
    上橋さんご自身のお人柄なんだなって思う。

  • 物語は終わっても、物語の中の世界は終わらない
    明るい期待をもたせて締めくくってくれた。
    ユナという存在が最初から最後までこの物語の光だった。


    正直、読み始めた時は泥臭いおっさんが主人公か、、、
    と思ったけれど、
    ヴァンと寄り添っていく中で
    彼の人間的な魅力にすっかりやられてしまった。


    ヴァンと、ユナの言葉を必要としないつながりに
    胸が熱くなった。


    もう一度、「獣の奏者」の外伝を読みたい。
    この著者の描く親子が好きなんだな、と気づかされた。


    生まれおち、一度だけの生を生きていく。
    ヴァンも、ユナも、サエも、ホッサルも、ミラルも
    身の内で起こる事、外で起こる事を事象として受け止めつつ
    賢くも愚かにも生きていく。


    できる力を持つヴァンが半仔たちを率いて去って行き
    迎えに行ける力を持つユナたちが迎えに行く
    鹿の王をたらしめるのは、他者という事で
    ユナという存在がヴァンを救ってくれる事を信じ
    暖かい気持ちで本を閉じる事ができた。

  • 主人公二人が魅力的でスケールが大きく素晴らしい作品だった。この世の様々な出来事が物語の中に凝縮されている。エンタメとしての面白さも秀逸。ぜひハリウッドで映像化して欲しい。

  • 病や世の在り方への暗い諦念が感じられる場面もありましたが、結末を迎えるとあたたかく明るい気持ちに。ユナの存在が常に物語を光さす方向へ導いていたように感じます。

  • 「鹿の王」の意味が明らかになる。この結末のためにこれまでの話があったのかと思えた。

  • 最後の方は複雑でわかりにくかったが、まあ面白かった。
    生命についての記述・考察が長くて読み飛ばし気味になった。きっと一番リキ入れたところなのだろうが・・・

  • 壮大な物語に完、ではなく広がりを持たせた終わり方。

    さまざまな民族、生きてきた環境や生きる目的も違った人たちが、ただ家族のような絆を頼りに生きていこうとする最後。それが今までじっくりと描かれてきたので、一層感極まる。

    ヴァンと父親との会話がすごく心に残った。
    鹿の王なんて英雄に祭り上げるな、そのような才を持ったものがいるだけだ、みたいな話から、命のあり方のようなものを感じる。自己犠牲を美しいとしない。
    最後、そのヴァンがやれるものがやるだけだ、とばかりに最期を遂げようとしていた時は、生きてほしいと切実に願った。

    ユナちゃんの明るさ、サエの愛情が物語の救い。なんかユナちゃんがいるならこれから大丈夫だろう、という気になるもんな~

    ホッサルもこれから色んな意味で強く、いい医者になるだろうな~


    政治、民族、医療、家族愛、いろんなものがさまざまに混ざり合ってるが深く広く、素晴らしい物語だった。

  • 面白かった!!もう本当に面白かった!!
    先が気になるため、スラスラ読んでしまう半面、矛盾してるけど、終わってほしくない感情が半面。そんな感情になれました。満足。

  • 相見えたヴァンとホッサル。人は何故病み、何故治る者と治らぬ者がいるのか?二人の問答の中に人の体の深淵を見る。
    この物語を通じて、人の体の不思議とか医術とは何か、生きること死ぬことについて折に触れ語られてきたが、根底にある人間社会だけでなく動物や微生物も含めてこの世の生物を全て包含した世界観は、これまでもこの作者が語ってきたところと重なり合って深い。
    様々な思惑が重なりあって進む物語は最後の最後までどう決着するか予断を許さず、“圧倒的な闇に挑み、跳ね踊る小さな鹿よ、輝け”とばかりに決断するヴァン。
    『人というのは哀しいもので、なにをやっても、どこかに悔いが残るもんだと』というヴァンの父の言葉も胸に沁みれば、『答えはいつも、我が身の内にある』というヴァンの姿に心震える。
    “もがくことこそが、多分、生きる、ということだからだ” 最早もがくことを諦めそうになる歳の身には結構きつい言葉だが、そうしてこれまで生きてきたんだなぁと。
    オキの民と移住民の若者、沼地の民の娘とモルファの女が、家族のように寄り添って深い森の奥へ消えていくラストは美しいが、多様性が語られる一方、いまだ偏狭な心根の持ち主も多い時代にあって、本当にお互いを認め合う世界へはまだまだ乗り越えなければならいことは多い。

  • いやー、面白かった!文句なしに面白かった!そして遂にというかなんというか、読み終わってしまったなぁ…明日からはヴァンやサエ、ユナちゃに会えないのかと思うと淋しいなぁ。あ、あとマコウカンも何気にお気に入りキャラだったなぁ。

    こんな感じで登場人物が皆魅力的なのは言わずもがな、どことなく東洋と中東を思わせる文化と西洋的な要素もちりばめられたモザイク的な世界がすばらしい。舞台となる東乎瑠、アカファ、オタワルといった国々がファンタジーの中の世界でありながら、きちんと地に足のついた実体感のある存在だったのが良かったなぁ。

    この作品、もし映像化するなら実写じゃなくてアニメでお願いしたいな。

  • 「鹿の王」の真の意味に心が震える。アカファの王は、その他の国の王たちは「王」たれるのか?最後の最後まで入り組んだ人の思惑と事情に気を抜けなかった。そういうしがらみから生きている限りヴァン達も誰も、これからも抜け出せないのだろうが、皆、生きる喜びと共に命を燃やして生きて欲しいと願う。

  • 全巻読了。

    この疲労はなんだろう。
    生き物の長い歴史と それに比して見れば
    一瞬に過ぎない人間、民族、国家の歴史。
    そのようなものが等しく内側に抱えるものを
    すべて見せられたような とてつもない
    心の疲れを感じている。

    病とは何か。病むとはどういうことか。
    1つの中に多くのものが共存し共生することの
    本当の尊さを知ることができたと思う。
    同時に…その尊さを知らぬ者たちの哀しみにも
    触れることができたのではないかと…思う。

    この作品に凝縮されたものは 例えようもなく
    多くて大きくて広過ぎて…とらえきれないが
    それでも感じるのだ。こめられた思いの尊さを。

    偉大な物語。私はそう呼びたい。

  • 鹿の王の完結編

    ホッサルとヴァンが出会い、黒狼熱の秘密への扉が開かれた。
    どんでん返しの上に、さらにどんでん返しの息つかせぬ展開。一方的な悪はおらず、複雑に絡み合った状況から、最後に肉親を亡くし、黒狼熱から生き残ったヴァンとユナが争いから抜けだし、生命を救う道を突っ走る。

    正邪、勝ち負けがはっきりした結末ではないが、明日への希望がみえる最後だったと思う。

全20件中 1 - 20件を表示

鹿の王 4 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

鹿の王 4 (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

鹿の王 4 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

鹿の王 4 (角川文庫)の作品紹介

ついに生き残った男――ヴァンと対面したホッサルは、人類を脅かす病のある秘密に気づく。一方、火馬の民のオーファンは故郷をとり戻すために最後の勝負をしかけていた。生命を巡る壮大な冒険小説、完結!

鹿の王 4 (角川文庫)のKindle版

ツイートする