オリンピックがやってきた 1964年北国の家族の物語

  • 38人登録
  • 3.56評価
    • (1)
    • (4)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 堀川アサコ
  • KADOKAWA (2017年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041055724

オリンピックがやってきた 1964年北国の家族の物語の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • オリンピックが行われる年の青森が舞台。
    前田家を中心に、その町に住む人達の様々な日常や思いが描かれている。
    青森の方言での会話がとても新鮮。

  • ここだけじゃなく、日本全体、こんな感じだったと思う。

  • 初めての東京五輪開催を控え日本中が沸く頃、
    青森のある町に、ごく普通の家族がいた。
    日常には悲しいことがあふれている。
    でも、ささやかなことが幸せで…。
    町全体が家族のような時代の、あたたかい物語。

全3件中 1 - 3件を表示

堀川アサコの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

オリンピックがやってきた 1964年北国の家族の物語はこんな本です

オリンピックがやってきた 1964年北国の家族の物語を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

オリンピックがやってきた 1964年北国の家族の物語を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

オリンピックがやってきた 1964年北国の家族の物語の作品紹介

1964──昭和39年。東京五輪開催を控え日本中が沸く頃、青森のある町にて。田舎では戦争の影がかすかに残る。でも七人家族の前田家は今日も元気。小学生の民子の日常はきらきらしている。待望のカラーテレビに興奮し、学校では「ひょっこりひょうたん島」の話に夢中。まだすべての人が豊かでなく、悲しいこともたくさんある。でも皆が東京五輪を待ち望んでいたあの日、心には希望があった。

オリンピックがやってきた 1964年北国の家族の物語のKindle版

ツイートする