厭世マニュアル (角川文庫)

  • 30人登録
  • 3.18評価
    • (2)
    • (2)
    • (5)
    • (0)
    • (2)
  • 2レビュー
著者 : 阿川せんり
  • KADOKAWA (2017年8月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041056097

厭世マニュアル (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • うーん。とっても途中はあるある!!分かる分かる!って共感したところ沢山あったんですけど…。
    あらすじにある、衝撃の結末と「勇気」に痺れるは…感じられませんでした。共感してたからこそ、もっと振り切って欲しかった。ぶち壊すぐらいの。
    少し弱い結末で、何か残念でした。作者さん、いい人なのかなって思ってしまった。
    あと、今は店員さんでもマスクしてる人って当たり前だから…そこを何回も批判的に書かれることに違和感が拭えなかったです…。

  • 好みではなかった。

全2件中 1 - 2件を表示

厭世マニュアル (角川文庫)のその他の作品

厭世マニュアル (角川文庫) Kindle版 厭世マニュアル (角川文庫) 阿川せんり

阿川せんりの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
住野 よる
森見 登美彦
有効な右矢印 無効な右矢印

厭世マニュアル (角川文庫)はこんな本です

厭世マニュアル (角川文庫)の作品紹介

マスク乙女の、不器用なる反逆的青春小説、ここに誕生!

■ろくでもなく愛おしい主人公の決断に、きっと誰かが救われる。――住野よる氏

■薄暗い青春の片隅でうごうごしているとき、我々はみんなマスクをつけている。――森見登美彦氏(解説より)

人生、マスクが必需品。
自称「口裂け女」ことくにさきみさとは、札幌在住の22歳フリーター。
他人とはマスクを隔てた最低限の関わりで生きてきたが、諸事情により、避けてきた人々と向き合う決意をした。
自己陶酔先輩の相手をし、ひきこもりの元親友を説得し……やっかい事に巻き込まれ四苦八苦する口裂けだが、周囲の評価は確実に変化していき――?
衝撃の結末とある「勇気」に痺れる、反逆の青春小説!

第6回野性時代フロンティア文学賞受賞作。

ツイートする