サハラの薔薇

  • 55人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (3)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 下村敦史
  • KADOKAWA (2017年12月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041057476

サハラの薔薇の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • エジプトで発掘調査を行う考古学者の峰。ミイラの石棺の蓋をあけてからホテルで襲撃、乗った飛行機は墜落。助けの来ない広い砂漠で生き残った人は怪しいメンバー。命のやり取り! 話がいつしか壮大に・・。ドキドキハラハラのサバイバル冒険ストーリー。ノンストップで読んでしまった!!

  • このような作風もいけるんですね。面白かったです。一気読みしました。ただ、エピローグが弱くて最後が希薄になった印象で残念。

  • 2017/12/29読了

  • エジプトを飛び立った飛行機が墜落し、そこからオアシスを目指す日本人を含めた一行の冒険譚。主人公は全くヒーローではなく、等身大の1人の男。ハラハラさせる展開で、その先には陰謀が待ち構える。一気読み。

全5件中 1 - 5件を表示

下村敦史の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

サハラの薔薇はこんな本です

サハラの薔薇を本棚に「読みたい」で登録しているひと

サハラの薔薇の作品紹介

エジプトで発掘調査を行う考古学者の峰の乗るフランス行きの飛行機が墜落。機内から脱出するとそこはサハラ砂漠だった。生き残った6名はオアシスを目指して沙漠を進み始めるが、食料や進路をめぐる争いが生じ……。

サハラの薔薇のKindle版

ツイートする