少女は夜を綴らない

  • 103人登録
  • 3.17評価
    • (3)
    • (5)
    • (9)
    • (7)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 逸木裕
  • KADOKAWA (2017年7月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041058664

少女は夜を綴らないの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 過去の出来事から加害恐怖を抱え、周りの人間を殺害する妄想を書き綴る少女。そして父親の暴力に苦しめられる少年。二人で立てる完全犯罪の計画と、周りで起こる事件と疑惑。全体的にひりひりとした痛々しさを感じさせられる物語でした。感情移入して読めば読むほどつらく、だけれど読む手は止められません。ただし、読み終わった後の印象はそれほどひどくもなかったかな。完全にハッピーエンドでもないのですが。
    過去の「事件」の真相はまあわかったけれど(ミステリ読みなら「それはない!」って思うよなあ)。そういう動機だっただなんて。分からないでもないけれど、それが主人公にあれほどの傷を残してしまったとなると……ひどい。しかし結局はあの子もあの子も被害者だったのだなあ、と切なくなりました。

  • 強迫観念・加害症を持つ女子のお話。彼女の心の動き、しっかり伝わってきた。殺人とか結構しんどい内容なんだけれど、うまくまとまってるし、スススッと読めた。思ってたよりも良かった。
    それにしても。現代の中学生の一部分なのか、そういった症状の独特の考えなのか。自分がもう少し(もっと?)若ければ、違った風に受け取ったかなあ。

  • ノートに綴る殺人計画。でもそれは、主人公の心を安定させるためで…。

    途中でページを閉じてやめようと思いつつも、結局最後までいっちゃった。文章は読みやすくていい。

  • 12/06/2017 読了。

    図書館から。

    前回の話のが好み。
    淡々と淡々と暗めな感じ。

    でも、続きは気になるから
    さくさく読んでしまう。

  • 友達を殺してしまったと加害恐怖症に苦しむ少女理子は、人を殺す妄想を日記に書き続けていた。こんな大きな闇を抱えて生きているってなんてしんどいことだろう。
    理子と悠人の家庭がもっとまともだったら、普通に中学生生活を送っていられたのに。
    少し光の見えるエンディングにホッとした。

  • 【所在・貸出状況を見る】 https://sistlb.sist.ac.jp/opac/volume/207071

  • あまり好みじゃ無かった…。

  • 前作「虹を待つ彼女」が意外に面白かったので、手に取った一冊。
    小学生の時に、同級生を殺してしまったと思い込んだことから「加害恐怖症」に思い悩む中学3年生の主人公・理子。
    またいつか誰かをころしてしまうのかもしれない、自分の兄はホームレスの殺人犯かもれしない…そんなことばかりを考えている中学3年生実在するだろうか?
    あまりにも現実味がない内容で、最後まで何が伝えたかったのか、よく分からなかった。
    「ボー研」のところの描写だけが、学生時代に部活を忘れ、ゲームに熱中していたことを思い出させてくれて、ホッとした。

全12件中 1 - 10件を表示

逸木裕の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
伊坂 幸太郎
米澤 穂信
辻村 深月
住野 よる
米澤 穂信
森見 登美彦
伊坂 幸太郎
宮下 奈都
辻村 深月
原田 マハ
辻村 深月
塩田 武士
伊坂 幸太郎
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印

少女は夜を綴らないはこんな本です

少女は夜を綴らないを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

少女は夜を綴らないを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

少女は夜を綴らないの作品紹介

“人を傷つけてしまうかもしれない”という強迫観念に囚われている、中学3年生の山根理子。彼女は小学6年生のときに同級生の加奈子を目の前で“死なせてしまった”ことを、トラウマとして抱えていた。 “身近な人間の殺害計画”を“夜の日記”と名付けたノートに綴ることで心を落ち着け、どうにか学校生活を送っていた理子の前に、ある日、加奈子の弟・悠人が現れる。“加奈子の死”にまつわる理子の秘密を暴露すると脅され、理子は悠人の父親を殺す計画を手伝うことに。やむを得ず殺害計画を考えるうち、誰にも言えなかった“夜の日記”を共有できる悠人に心惹かれていく理子。やがてふたりは殺害計画を実行に移すが――。

少女は夜を綴らないのKindle版

ツイートする