二度のお別れ (角川文庫)

  • 20人登録
  • 3.38評価
    • (2)
    • (1)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 黒川博行
  • KADOKAWA (2017年10月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041059425

二度のお別れ (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 阿藤快氏が読んでたら「なんだかなー」ときっと言ったと思う。劇場型犯罪なのになぜかヒートアップせず、結局は迷宮入りしてしまった。迷宮入りしちゃうが最終的には犯人が告白するのでモヤモヤ感はないが淡白な作品であるのは否めない。個人的に思うのはやはりこの作者はいろんな意味でワルを主役にした方が輝くと思う。

  • 黒川さんのデビュー作。警察ミステリー。誘拐をして身代金を取ろうとする犯人と犯人逮捕のため尾行する警察側と。まんまと身代金を奪う手口が大がかりで面白かった。 ラストで犯人に同情してしまった。

  • 描写の中に例えば「国鉄の大阪駅」というような、明らかに「執筆された時代の言い方」が在るが、全然古くは感じない。暫く読み進んで、「そう言えば、作中で誰も携帯電話を使っていない?」と不意に気付き、少し以前の作品と思い至るという具合でもある。

    手軽な分量で非常に読み易い。他方「登場の当初から一定程度完成されていた“黒川博行ワールド”」が満喫出来る!!

全3件中 1 - 3件を表示

黒川博行の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

二度のお別れ (角川文庫)はこんな本です

二度のお別れ (角川文庫)の作品紹介

三協銀行新大阪支店で強盗事件が発生。犯人は現金約400万円を奪い、客のひとりを拳銃で撃って人質として連れ去った。大阪府警捜査一課が緊急捜査を開始するや否や、身代金1億円を要求する脅迫状が届く。「オレワイマオコツテマス――」。脅迫状には切断された指が同封されていた。刑事の黒田は、相棒の“マメちゃん”こと亀田刑事とともに、知能犯との駆け引きに挑む。『破門』の直木賞作家のデビュー作にして圧巻の警察ミステリ。

二度のお別れ (角川文庫)のKindle版

ツイートする