AX アックス

  • 936人登録
  • 4.31評価
    • (95)
    • (100)
    • (27)
    • (0)
    • (0)
  • 99レビュー
著者 : 伊坂幸太郎
  • KADOKAWA (2017年7月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041059463

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

AX アックスの感想・レビュー・書評

  • 超一流の殺し屋「兜」・・・家では妻に頭が上がらない恐妻家。
    一人息子の克巳もあきれてるw

    こんな物騒な仕事をしているなんて、家族はもちろん、知らない。

    殺し屋なのに!凄腕なのに!なんて愛しいやつ!www

    でもね、でもね・・・もう~~、泣いちゃいました!
    そこで、いったん読めなくなりました!
    なんで?なんで!?って思って。

    でも、大好きな伊坂作品・・・また、手に取って読み進めました。

    哀しかった涙、切なかった涙が、温かい涙に変わりました。

    もう、もう、号泣・・・とまではいかないけど、気持ちはそんな感じ。

    最高の伊坂作品なんじゃないかな?と思う次第。

    最初の3作と後の2作で感じが変わったな、と思ったら
    間がずいぶん開いたみたいですね。

    兜も、奥さんも、克巳も、周りの殺し屋たちも、あのクソ医者以外は、みんな素敵。

    殺し屋シリーズ、読み返したくなっちゃったなぁ。

    いや、その前に、再読しちゃう気がする、なーw

  • 兜のための物語ですね。面白かったな〜。突っ走るような話の流れでもないんだけれど、一気読み。
    シリーズ出てくる名前が出てきて、今度この人たちのことで書いてくれないかとも思った。そして、スズメバチは…?
    恐妻家による妻の分析が素晴らしい。

  • 殺し屋シリーズの最新作。
    過去作品の登場人物の名前なども出てきたりしてニヤリとする。
    伏線の張り型、回収はやはり見事でとても楽しく読めた。
    恐妻家っぷりが面白い。
    魚肉ソーセージは試してみたい。

  • 伊坂作品に慣れてしまって、面白いが物足りない。読みやすくて、サクサク読めちゃうし、さすがだなぁと思わせる展開と伏線。

  • 腕利きの殺し屋なのに尋常じゃない恐妻家という意表を突く設定。「AX」「BEE」「Crayon」でその恐妻家ぶりに笑い、「EXIT」の不穏な流れにショックを受け「FINE」で兜に泣かされる。そんな小説でした。「Crayon」の次は「DRIVE」の予定だったそうですが(どんな話か気になりますが)この五篇から成る「AX」が最高です!殺し屋の中では「マリアビートル」の檸檬と蜜柑が一番好きでしたが、兜に変わりました。殺し屋シリーズが続くなら、槿が主役の話も読んでみたいです。

  • 一気読みで、あっという間に読了しました!
    グラスホッパーシリーズともいうべき本作は5つの短編から構成されてます。短編タイトルがA,B,C,E,Fで始まり、なぜDは無かったのか?気になりました。
    そんな本作は兜という普段は恐妻家という不思議なタイプの殺し屋を主人公に雇い主の医師との対決がメインの作品でした。兜の家族との付き合い方や兜と同じ稼業の殺し屋との対峙の描き方が伊坂作品らしくて面白く最高でした!
    また続編に期待したいですね!

  • 過去に読んだ話が続いたので、「やられた」と思ったけど、今までの「殺し屋」の話を集めて、「最後にうまくまとめてくれた!」って感じです。

    それも、普通に思うような、LASTに向けて色んな話が集まってゆくのではなく「違うまとめ方」で、読んでて新鮮でした!

    さすがです!

  • 大好きなシリーズの新作。前作2作品が最高だっただけに短編集のようで物足りなさがありましたが、最終話は主人公の兜と息子の克己の物語視点が切り替わるので、そこは往年の殺し屋シリーズとして楽しめました。周りに人居なかったらラスト泣いてた。

  • 伊坂幸太郎さんの小説って何かはかなく、たとえば殺し屋の話でもそこまでの残虐性?はなく、なのですが、何がそうしているのだろうか、と考えて、「身近な人への愛情」なのかなー、と。
    今作で言うと、「奥さんと息子」への愛情が殺し屋を記号ではなく、人間にしているのかなあ、と。。

    殺し屋のお話なのに、人情味ある話になっているのがすごい。

  • 前半部分はなかなか読み進めなかったが後半一気に読むことができた。ラストの一歩手前で「えっ!?」って思わせるけど家族愛に満ちたお話だった。次作が楽しみ!

  • 恐妻家の兜の話し。殺し屋シリーズの最新作のため前の内容もちょくちょく出てきて楽しめた(^^)
    ただ、やっぱり最後がもう少し欲しかった(^^;

  • 殺し屋の裏稼業 と文具メーカーの営業マン
    そして恐妻家
    これだけで良さそう 実際面白かったとても
    ずっと飽きさせない 伊坂さんのはどれも飽きさせない

  • めちゃくちゃ面白かった。伊坂作品でかなりの上位に入るほど。殺し屋の兜がこの世で一番恐れているもの、それは妻。
    夜遅くに仕事を終え、物静かに食べるものに適したものはバナナでもおにぎりでもない。魚肉ソーセージ、、、ってのには笑いが止まらなかった笑。それをまたクールに淡々と話す兜を想像するだけで面白かった。
    このシリーズ続くのかな、と思いきやわりとあっさり兜が死ぬものだからびっくり。そして息子目線での語りに泣けた。面白すぎて一気に読んだし、まだまだ読みたい。

  • 冒頭から伊坂作品読んでる人には懐かしい名前が出てきて、すぐに伊坂ワールドへ引き込まれました。

    もう何か新しい登場人物出てくると全ての人を殺し屋ではないかと疑ってしまうくらい疑心暗鬼になりながら読み進めました。
    ラストはスッキリしたー!!

    【妄想キャスティング】
    兜 ➡ 大森南朋
    妻 ➡ 吉田羊
    克巳(高校生) ➡ 北村匠海
    克巳(大人) ➡ 生田斗真
    医師 ➡ 佐野史郎
    奈野村 ➡ 眞島秀和
    管理人 ➡ でんでん

  • 恐妻家の兜。
    彼が書く妻用メモは世に出すべきかもしれない。フローチャート、見てみたい。

    少し千葉をほうふつとさせる、抜けたところのある兜の言葉。
    千葉とは違って、豊かな感情を持っていて、それを抑えているだけのようだが。
    とぼけたような、コミカルなやりとりは、伊坂さんならでは。
    殺し屋という、殺人という怖いテーマを扱っていても、暗く感じさせない。

    最後の最後までどう終わるのか想像もつかなかったけれど、殺し屋シリーズらしいハッピーエンドだった。

  • 久々の伊坂さん
    軽やかで、読みやすい
    家族愛がじんわりと
    前のシリーズも読み返したくなる

  • 面白おかしく、ちょっと哀しいけと、心暖まるストーリーです。ラストへのつなげかたは、さすが伊坂作品です。

  • 殺し屋の話なのに
    なぜかちょっと笑えたりして、
    伊坂さんらしい、
    力が入っていない感じの文体で
    なかなかのハードボイルドの展開。

    でも、きちんと回収の気持ち良さはあって、
    やっぱり面白かった。

    未読の『グラスホッパー』読まなくちゃ。

    兜、あんたはいいお父さんだったし、
    いい夫だったよ。
    最後まで、10年後も。

  • 家族に会いたくなる本

  • 伊坂幸太郎さんの最新作。
    本屋で見つけ、即購入。
    大ファンのマリアビートルの続編だったので、他の積読を無視して読了。

    「最強の殺し屋はー恐妻家」という面白そうな設定。
    最初のページから檸檬・蜜柑の登場、そして「最終的に行き着くのは魚肉ソーセージ」の流れがなにせハンパではなく、一人でニヤニヤしながら読んだ(笑)

    マリアビートルよりも、殺し屋本人の気持ちに目を向けた作品という印象。
    マリアビートルのようなジェットコースター的なスピード+ハラハラ感に期待をしていたので、思っていた感じとは若干違ったかも…
    また、いつものようなお洒落+ウィットに富むようなセリフは少ない。
    伊坂さんだっただけに、自分が過度に期待してしまっていたかな…

    最終的に、妻が「兜が気を使いっぱなしだったこと」に全く気付いていなかったところも笑えた。
    でも、現実って意外とそんなものなのかもしれない。
    そして最後の2人の出会いシーン、凄く素敵だった。

    <印象に残った言葉>
    ・ 時々、深夜のコンビニでいかにも俺と同じような、仕事帰りの父親が、おにぎりやらバナナを買っていこうとするけどな、それを見るといつも、まだまぁだな、と感じずにはいられないんだ。最後に行き着くのは、魚肉ソーセージだ。(P10、兜)

    ・いいか、その悪口を言った相手は、そこで何かポイントを取ったか?おまえの父親が駄目社員であるのは、そいつの功績なのか?違う。そいつはただ単に、事実を指摘しただけだ。事実ですらないかもしれない。事実を声に出す。そんなことは誰にでもできる。けれど、誰もやらない。分別と常識があるからだ。強いて言えば、そいつは、感情に任せて、分別を失って、言ってもどうにもならない事実を発声しただけだ。その件に関して、おまえは、そいつにポイントを取られていない。逆に言い返せばいい。おまえの先祖は猿じゃねえか、とかな。これも事実だ。(P40、兜)

    ・ ただ、俺も。家族を守らなくてはいけないのだ。(P87、兜)

    ・ おまえの武器は毒の針だろ?だけど、無理だぞ。この恰好を見ろ。刺さるわけがない。おまえが来ることは分かっていたからな。俺は準備をして、待っていた。(P92、兜)

    ・ 「やれるだけのことはやりなさい」それで駄目ならしょうがないんだから。その通りだ。(P250)

    ・ でも、いいお父さんになれそうだけどね。(P306・妻)

  • 「兜」の殺し屋なのに恐妻家というギャップ
    家族への愛が出てきて泣ける…。大真面目な兜が面白いです。

    キッズパーク開園の下りが最高に泣ける

  • 文句なしに最高!!
    殺し屋なのに、愛しい。
    どこにでもいそうなちょっと情けないパパなのが愛しい。

    でも、やる時はやる。
    家族を守るためにやる。
    最後はちょっとだけ予想がついていたのですが、
    そんなの関係なく良いラストです。
    ラストがステキな小説に悪い作品はない。
    さすが伊坂先生。

  • 2017/9/3

    恐妻家の兜。
    殺し屋の話なのに涙腺刺激してくる。
    すき。

    反省したら楽しい人生送っていいのかしら?

  • ああ。そうか。
    うれしい裏切り。感無量です。

  • 久しぶりにこんな素敵な綺麗な作品に出会いました。
    本を読むと割とすぐ泣いてしまうのでこの作品でも泣いてしまいました←

    やっぱり伊坂さんの作品は長編が好きだなぁとつくづく思いました。

    背表紙を読んで、殺人鬼の話で内容結構グロいのかななんて勝手に予想してたのですが、全くそんなことありませんでした。
    主人公目線での話が8割ほどで、最後には途中では分かり切らなかったことが解決してスッキリしました。
    というか私は結構スッキリできました。

    人間の心にある綺麗な部分が本当に上手く表現されてて、周りの人との愛を大切にしようって改めて感じました。

    文句なし!最高に良かったです!

全99件中 1 - 25件を表示

AX アックスに関連する談話室の質問

AX アックスを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

AX アックスの作品紹介

【伊坂幸太郎史上最強のエンタメ小説<殺し屋シリーズ>、『グラスホッパー』『マリアビートル』に連なる、待望の最新作!】

最強の殺し屋は――恐妻家。

物騒な奴がまた現れた!
新たなエンタメの可能性を切り開く、娯楽小説の最高峰!

「兜」は超一流の殺し屋だが、家では妻に頭が上がらない。
一人息子の克巳もあきれるほどだ。
兜がこの仕事を辞めたい、と考えはじめたのは、克巳が生まれた頃だった。
引退に必要な金を稼ぐため、仕方なく仕事を続けていたある日、爆弾職人を軽々と始末した兜は、意外な人物から襲撃を受ける。

こんな物騒な仕事をしていることは、家族はもちろん、知らない。

書き下ろし2篇を加えた計5篇。シリーズ初の連作集!

ツイートする