AX アックス

  • 1155人登録
  • 4.27評価
    • (125)
    • (152)
    • (37)
    • (1)
    • (0)
  • 137レビュー
著者 : 伊坂幸太郎
  • KADOKAWA (2017年7月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041059463

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

AX アックスの感想・レビュー・書評

  • 超一流の殺し屋「兜」・・・家では妻に頭が上がらない恐妻家。
    一人息子の克巳もあきれてるw

    こんな物騒な仕事をしているなんて、家族はもちろん、知らない。

    殺し屋なのに!凄腕なのに!なんて愛しいやつ!www

    でもね、でもね・・・もう~~、泣いちゃいました!
    そこで、いったん読めなくなりました!
    なんで?なんで!?って思って。

    でも、大好きな伊坂作品・・・また、手に取って読み進めました。

    哀しかった涙、切なかった涙が、温かい涙に変わりました。

    もう、もう、号泣・・・とまではいかないけど、気持ちはそんな感じ。

    最高の伊坂作品なんじゃないかな?と思う次第。

    最初の3作と後の2作で感じが変わったな、と思ったら
    間がずいぶん開いたみたいですね。

    兜も、奥さんも、克巳も、周りの殺し屋たちも、あのクソ医者以外は、みんな素敵。

    殺し屋シリーズ、読み返したくなっちゃったなぁ。

    いや、その前に、再読しちゃう気がする、なーw

  • 兜のための物語ですね。面白かったな〜。突っ走るような話の流れでもないんだけれど、一気読み。
    シリーズ出てくる名前が出てきて、今度この人たちのことで書いてくれないかとも思った。そして、スズメバチは…?
    恐妻家による妻の分析が素晴らしい。

  • 虫の殺し屋シリーズ第3弾。マリアビートルを読む前にこちらを読んでしまいました。でも面白かった。主人公の、凄腕の殺し屋で仕事っぷりはカッコいいのに家では妻に頭の上がらないヘタレ、というギャップがとても微笑ましい。でもカマキリの斧は確かに甘くない。相変わらずお見事で華麗な伏線の数々に惚れ惚れ。気持ちの良い読後感です。伊坂さんの描く悪党はいつも魅力的で、人は必ずしも善悪に分けられる存在ではないのだなあと実感します。早くマリアビートルを読まなくては。

  • 最強の殺し屋「兜」は恐妻家。妻の機嫌をうかがい、口答えなんてとんでもない…優しい家族思いのお父さん。父親がこんな物騒な仕事をしていることを家族はもちろん知らない。家族の存在から、仕事を辞めたいと考え始めた兜だが、この世界から簡単に逃れられるはずがなく、次々と異変がおこる。そして突然の死! 主人公の途中退場に驚く。後半は、息子が父の死の真相を追う。自らも父となり、自身の息子への愛情を通し、父に思いを巡らせる終盤。少し切なくも爽やかなエピローグが感動的!

  • なんだ、殺し屋の話だと思ったら
    家族愛の物語だったのね
    参った参った。

  • めちゃくちゃ面白かった。伊坂作品でかなりの上位に入るほど。殺し屋の兜がこの世で一番恐れているもの、それは妻。
    夜遅くに仕事を終え、物静かに食べるものに適したものはバナナでもおにぎりでもない。魚肉ソーセージ、、、ってのには笑いが止まらなかった笑。それをまたクールに淡々と話す兜を想像するだけで面白かった。
    このシリーズ続くのかな、と思いきやわりとあっさり兜が死ぬものだからびっくり。そして息子目線での語りに泣けた。面白すぎて一気に読んだし、まだまだ読みたい。

  • 殺し屋シリーズの最新作。
    過去作品の登場人物の名前なども出てきたりしてニヤリとする。
    伏線の張り型、回収はやはり見事でとても楽しく読めた。
    恐妻家っぷりが面白い。
    魚肉ソーセージは試してみたい。

  • 伊坂作品に慣れてしまって、面白いが物足りない。読みやすくて、サクサク読めちゃうし、さすがだなぁと思わせる展開と伏線。

  • 腕利きの殺し屋なのに尋常じゃない恐妻家という意表を突く設定。「AX」「BEE」「Crayon」でその恐妻家ぶりに笑い、「EXIT」の不穏な流れにショックを受け「FINE」で兜に泣かされる。そんな小説でした。「Crayon」の次は「DRIVE」の予定だったそうですが(どんな話か気になりますが)この五篇から成る「AX」が最高です!殺し屋の中では「マリアビートル」の檸檬と蜜柑が一番好きでしたが、兜に変わりました。殺し屋シリーズが続くなら、槿が主役の話も読んでみたいです。

  • 一気読みで、あっという間に読了しました!
    グラスホッパーシリーズともいうべき本作は5つの短編から構成されてます。短編タイトルがA,B,C,E,Fで始まり、なぜDは無かったのか?気になりました。
    そんな本作は兜という普段は恐妻家という不思議なタイプの殺し屋を主人公に雇い主の医師との対決がメインの作品でした。兜の家族との付き合い方や兜と同じ稼業の殺し屋との対峙の描き方が伊坂作品らしくて面白く最高でした!
    また続編に期待したいですね!

  • 過去に読んだ話が続いたので、「やられた」と思ったけど、今までの「殺し屋」の話を集めて、「最後にうまくまとめてくれた!」って感じです。

    それも、普通に思うような、LASTに向けて色んな話が集まってゆくのではなく「違うまとめ方」で、読んでて新鮮でした!

    さすがです!

  • 大好きなシリーズの新作。前作2作品が最高だっただけに短編集のようで物足りなさがありましたが、最終話は主人公の兜と息子の克己の物語視点が切り替わるので、そこは往年の殺し屋シリーズとして楽しめました。周りに人居なかったらラスト泣いてた。

  • 伊坂幸太郎さんの小説って何かはかなく、たとえば殺し屋の話でもそこまでの残虐性?はなく、なのですが、何がそうしているのだろうか、と考えて、「身近な人への愛情」なのかなー、と。
    今作で言うと、「奥さんと息子」への愛情が殺し屋を記号ではなく、人間にしているのかなあ、と。。

    殺し屋のお話なのに、人情味ある話になっているのがすごい。

  • 家族を守ろうとする殺し屋「兜」のひたむきな真面目さに切なくなった.

  • 伊坂作品に出てくる殺し屋の中でも、兜はトップクラスなんだろうな。会話の中で聞き覚えのある殺し屋が出てきてたな(^_^)意外な最期だったけど、そうするしかなかったんだよな。ただ人を見る目は確かだったから、蟷螂の斧を活かすことができたんだろうな。

    兜の妻も他の作品に出てるのかな。マリアビートルの、なのかな。

  • 初めは必殺仕事人のような恐妻家の殺し屋の話かと思ったが後半から雲行きが怪しくなる.伊坂らしい軽妙な語り口とともにカギをめぐるミステリーが展開する.

  • これまた傑作だった。
    殺し屋の「兜」の話。
    殺し屋として、夫として、父親としての面がそれぞれ交錯する。
    笑いあり、涙ありですぐに読み切ってしまった。
    笑いの部分では久しぶりに小説読んで声を出して笑ってしまった。

    一応他の作品に出た登場人物等もあるけど、それほど話に絡んでこないため、これだけ読んでも問題なし。
    かなりおすすめの一冊です。

  • ★2017年10月15日読了『AX』伊坂幸太郎著 評価A
    如何にも伊坂らしい切れのある展開を最後に見せてくれる作品。息もつかせず、一気に読ませるところはさすが。過去の秀作『マリアビートル』の続編と言えるような一部の繋がりがある。

    それにしても、恐妻家の三宅の妻に対する描写はやけに念が入っている。思わず大きくうなずいて、笑ってしまった。伊坂自身も恐妻家か?(笑)

    (備忘)
    兜と呼ばれるベテラン暗殺者の三宅は、普段は文房具会社の中堅営業部員。妻と息子1人と家庭生活を営むサラリーマン。
    彼が一番緊張するのは、妻との会話、やり取りという超恐妻家。
    彼は裏の業界からの引退を求めて、仲介ブローカーたるある内科診療所の医師と交渉を続けるもなかなか足が洗えない。
    ある日とうとう三宅は意を決して行動を開始するが、その結果は、非情なものだった。
    そしてそれから10年、三宅の息子克巳は、事の真相の一端を思わぬ展開から知ることとなる。また、思わぬ結末。

    (印象的なフレーズ)
    P12 虎の尾ならぬ妻の尾は、家の床中に這っており、しかも見えない、いつ踏むかも分からない。

    P105 妻に限らず女性は、いや人間は、と言うべきかもしれないが、とかく裏メッセージに敏感だ。相手の発した言葉の裏には、別の思惑、嫌みや批判、依頼が込められているのではないかと推察し、受け取める。おそらく、言葉が最大のコミュニケーション方法となった人間ならではの、生き残るための能力の一つなのだろう。

    P107  「私は十九年の結婚生活で学びましたよ。妻の話にはとにかく『大変だねー』の相槌、一択なんですよ。愚痴はもちろん、疑問形の言葉に対してもね、『大変だねえ』と言うことがもっとも妻を癒やします。」

    P109 息子克巳のセリフ 親父もいつか爆発するような気がするんだよ。お袋との仲はいいんだろうけど、いつだって親父が我慢する側だろ。

  • 殺し屋で恐妻家という伊坂氏らしい主人公設定がまずツボ。殺しの途中でさえ妻の機嫌を優先するなんて面白すぎる。 今回は伏線の妙よりまさかのストーリー展開にびっくり。 テーマは家族愛。同じような家族を持つ身として、主人公・兜の思いにただただ同意しながら読み終えた。 でもさすがにここまで恐妻家ではないよ、僕は。

  • 恐妻家の殺し屋「兜」にまつわる連作(タイトルの頭ががAからFまで)の短編。兜が妻や息子、友、そして自分の人生に対する想い(モノローグ)が面白くもチョッピリ切なく悲しい。EXITで退場し、FINEの扉のイラストではカマキリが消えてしまうが、蟷螂の斧(AX)がついには効力をなし、エピローグはそれかいというもので、すごくスッキリというほどではないが、著者ならではの独語の爽快感を味わった。
    兜の本名以上に、妻、母、おかあさんの名前やパーソナリティが気になった。
    17-112

  • さすが伊坂幸太郎
    面白かった
    恐妻家の殺し屋 
    短編を収束していく
    息子がいいな
    楽しませてもらいました

    ≪ カマキリは 斧AXに 命懸け ≫

  • 「兜」は一流の殺し屋だが、家では妻に頭が上がらない恐妻家。引退を考えながらも爆弾職人を軽々と始末した兜は、意外な人物から襲撃を受け…。全5篇を収めた連作集。

    殺し屋シリーズの「グラスホッパー」を読んだのが11年前、「マリアビートル」を読んだのが6年前。どちらもユーモアたっぷりで楽しかった記憶だけは残っているけど、本作は家族愛を描いてユーモアだけでなくシンミリさせる作品。
    中盤で驚くような転機を迎えるが、ラストでなるほどと…。
    久々の快作だった。
    (A)

  • 伊坂さんの本は読むのつらいなぁってなるようなダークなのもあって、あまりにも暴力的なのは好きじゃないんだけど、これはなんだか良かったな。
    殺し屋シリーズの登場人物が多すぎて正直よく覚えてないんだけども、、、
    子どもに限らず、家族愛ってこういうものかもなって思った。
    ちょうどスズメバチのあたりを電車で読みながら出かけたので、出かけた先でスズメバチがいたと言われてちょっと怖い偶然ね笑

    兜という恐妻家の殺し屋

  • クレヨンが良かったし、全部読み終わったあとの色んな繋がり具合が流石の伊坂幸太郎さんという感じ。ちゃんと納得のいく終わらせ方にしてくれて精神衛生上も良いです。
    あさがおが活躍してくれなくてちょっと残念。蝉とか懐かしい。殺し屋シリーズもう1度読み直そうかなあ。

  • 「最終的に行き着くのはソーセージ」、蟷螂の斧、出血させずに肉を切れ、相手を労う、基本の第一だ、古山高麗雄…やはり伊坂キャラはいい味出してますね。

全137件中 1 - 25件を表示

AX アックスに関連する談話室の質問

AX アックスを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

AX アックスを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

AX アックスを本棚に「積読」で登録しているひと

AX アックスの作品紹介

【伊坂幸太郎史上最強のエンタメ小説<殺し屋シリーズ>、『グラスホッパー』『マリアビートル』に連なる、待望の最新作!】

最強の殺し屋は――恐妻家。

物騒な奴がまた現れた!
新たなエンタメの可能性を切り開く、娯楽小説の最高峰!

「兜」は超一流の殺し屋だが、家では妻に頭が上がらない。
一人息子の克巳もあきれるほどだ。
兜がこの仕事を辞めたい、と考えはじめたのは、克巳が生まれた頃だった。
引退に必要な金を稼ぐため、仕方なく仕事を続けていたある日、爆弾職人を軽々と始末した兜は、意外な人物から襲撃を受ける。

こんな物騒な仕事をしていることは、家族はもちろん、知らない。

書き下ろし2篇を加えた計5篇。シリーズ初の連作集!

ツイートする