AX アックス

  • 1585人登録
  • 4.22評価
    • (191)
    • (233)
    • (78)
    • (1)
    • (0)
  • 216レビュー
著者 : 伊坂幸太郎
  • KADOKAWA (2017年7月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041059463

AX アックスの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 超一流の殺し屋「兜」・・・家では妻に頭が上がらない恐妻家。
    一人息子の克巳もあきれてるw

    こんな物騒な仕事をしているなんて、家族はもちろん、知らない。

    殺し屋なのに!凄腕なのに!なんて愛しいやつ!www

    でもね、でもね・・・もう~~、泣いちゃいました!
    そこで、いったん読めなくなりました!
    なんで?なんで!?って思って。

    でも、大好きな伊坂作品・・・また、手に取って読み進めました。

    哀しかった涙、切なかった涙が、温かい涙に変わりました。

    もう、もう、号泣・・・とまではいかないけど、気持ちはそんな感じ。

    最高の伊坂作品なんじゃないかな?と思う次第。

    最初の3作と後の2作で感じが変わったな、と思ったら
    間がずいぶん開いたみたいですね。

    兜も、奥さんも、克巳も、周りの殺し屋たちも、あのクソ医者以外は、みんな素敵。

    殺し屋シリーズ、読み返したくなっちゃったなぁ。

    いや、その前に、再読しちゃう気がする、なーw

  • 兜のための物語ですね。面白かったな〜。突っ走るような話の流れでもないんだけれど、一気読み。
    シリーズ出てくる名前が出てきて、今度この人たちのことで書いてくれないかとも思った。そして、スズメバチは…?
    恐妻家による妻の分析が素晴らしい。

  • 「グラスホッパー」「マリアビートル」に続くシリーズ最新作。

    今回も面白くて最後まで一気に読んでしまいました。

    やっぱり伊坂幸太郎はいい!!

  • 殺し屋シリーズ 良かったです。
    今回は、家族愛にあふれていて 泣きそうになる場面もあって。兜さんにキュンとしちゃいました。
    奥さんとか、息子との会話もクスッと笑えたり、伊坂幸太郎さん独特の名言があったりと、楽しかったです。
    今までの殺し屋の名前も出て来て 読み返したくなりました。
    音が鳴らず 日持ちのする魚肉ソーセージ なは、笑いました。

  • 虫の殺し屋シリーズ第3弾。マリアビートルを読む前にこちらを読んでしまいました。でも面白かった。主人公の、凄腕の殺し屋で仕事っぷりはカッコいいのに家では妻に頭の上がらないヘタレ、というギャップがとても微笑ましい。でもカマキリの斧は確かに甘くない。相変わらずお見事で華麗な伏線の数々に惚れ惚れ。気持ちの良い読後感です。伊坂さんの描く悪党はいつも魅力的で、人は必ずしも善悪に分けられる存在ではないのだなあと実感します。早くマリアビートルを読まなくては。

  • 殺し屋シリーズ初の?ウェットな風味。「人を殺しちゃダメだよね⁈」という当たり前っちゃあ当たり前のこと、そして「因果応報」という普遍に立ち向かう殺し屋、兜の闘いに最期は不覚にも涙した。私も歳をとったってこと?

  • 兜がいい人なのに、半ばで舞台から立ち去る。
    ええー! ええー!!
    本当は生きてるとかそんなんじゃないんですかぁぁぁぁ!? いつものどんでん返しでしょ!?と最後まで疑いながら読んでしまった。

  • ストーリー的にはまったく意味不明wなのに。けっこう爽やか感。て、信じられないww 前に「どこが面白いんですか」って直球で聞かれて答えに困ったけど。なんだろうねえ...w

  • グラスホッパー、マリアビートルの殺し屋シリーズ第三弾。今回もなんともとぼけた味わいでありながらそれなりに物騒なお話の連作短編。
    おもしろかったです。剣呑でありつつもコミカルでそしてほんのりとハートウォーミングなお話。そしてワンパターンになることなく、後半の展開は読んでいて結構びっくりしましたし。細かい伏線も最終的に綺麗に回収したりして読後感もすっきり。完成度の高い一冊かと思います。

  • 殺し屋シリーズの本作は、超一流の凄腕でありながら家では妻の顔色をうかがい続ける恐妻家が主人公。

    はじめのうちは、妻に怯える姿がやけに細かくリアルで、ハードボイルドでありながらコミカルな調子が笑いを誘う。過去の殺し屋の名前が出てきて懐かしかったりもしたけれど、これだけだと物足りないと思っていたところで、予想外の急展開に。
    たぶん家族愛に恵まれなかったであろう若い頃から、唯一生きていくための手段として何の疑問ももたずに続けてきた殺し屋稼業。妻と子どもへの愛情が主人公を変え、足を洗うことを決意させる。やがて訪れる結末には涙があふれた。
    相変わらず伏線のおさめ方も申し分ない。

    イベント続きの新年に、ようやく読めた第1作がこの作品でよかった。
    主人公と同世代のおじさん方にぜひ読んで欲しいと思い、身近な夫にすすめてみた。さて、感想はいかに。

全216件中 1 - 10件を表示

AX アックスのその他の作品

伊坂幸太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

AX アックスに関連する談話室の質問

AX アックスを本棚に「読みたい」で登録しているひと

AX アックスの作品紹介

【伊坂幸太郎史上最強のエンタメ小説<殺し屋シリーズ>、『グラスホッパー』『マリアビートル』に連なる、待望の最新作!】

最強の殺し屋は――恐妻家。

物騒な奴がまた現れた!
新たなエンタメの可能性を切り開く、娯楽小説の最高峰!

「兜」は超一流の殺し屋だが、家では妻に頭が上がらない。
一人息子の克巳もあきれるほどだ。
兜がこの仕事を辞めたい、と考えはじめたのは、克巳が生まれた頃だった。
引退に必要な金を稼ぐため、仕方なく仕事を続けていたある日、爆弾職人を軽々と始末した兜は、意外な人物から襲撃を受ける。

こんな物騒な仕事をしていることは、家族はもちろん、知らない。

書き下ろし2篇を加えた計5篇。シリーズ初の連作集!

ツイートする