最後の晩ごはん 海の花火とかき氷 (角川文庫)

  • 111人登録
  • 3.68評価
    • (1)
    • (15)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 椹野道流
  • KADOKAWA (2017年12月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041062548

最後の晩ごはん 海の花火とかき氷 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シリーズ、第9弾。
    今までで一番主張が激しい“お客さん”?!

    消え入りそうで…寂しそうで…
    言いたいことがあるのだけれど、はっきり話すこともできなくて…「ばんめし屋」の片隅に座ることでかろうじて、心残りがあることを主張できる。
    今までのお客さんはそんな感じでした。

    この子すごいな!
    私が男だったら、彼女にしたくないな!(笑)
    しかし、海里も夏神さんもロイドも、本当にいい人たち。
    エピソードも盛りだくさんだし、動きも多いし、ドラマ化されたけれど(おめでとうございます)、このお話はアニメになったらおもしろそう。

    バターチキンカレー、早速作ってみたいです。

  • そろそろ主人公に進展が欲しい。

  • 面白かったー。高野豆腐のそぼろ食べたい。

  • 夜だけ営業の定食屋「ばんめし屋」は、
    人間だけでなく幽霊も常連客という不思議な店。
    元俳優で店員の海里は、後輩の李英と芝居を
    観に行った帰り、「シネ」という言葉とともに
    突き飛ばされる。その犯人は「重い女」の幽霊で…。

  • 【ドラマ化】
    まさかまさかのドラマ化ですよ!
    って、
    BSかぁー。
    でも凄いな!
    が、
    夏神留二が「杉浦太陽」さんで、知った顔。
    でも、
    どちらかといえば「五十嵐海里」じゃないか?
    と、
    思いつつ年齢か?
    で、
    五十嵐海里はというと「中村優一」さんって誰?
    かぐりんうとくってわからないです。。。
    って、
    でもどっかで聞いた名前なんですよねぇ。。。
    と、
    夏神留二でしょう?
    五十嵐海里でしょう?
    あれ?
    ロイドは?ロイドは誰がやるん?メガネは?メガネはどこのメガネ屋が提供するんだ笑


    【感想】
    冷やし中華のときと、
    ホットケーキの時に思ったんですが簡単すぎない料理?
    と、
    思ってたんですが、
    今回は「かき氷」ですよ!
    もう、
    料理ですらないレベル。。。
    大丈夫かと思ったらかき氷がメインじゃなくないか?
    これ、
    バターチキンカレーじゃダメだったのか?
    かき氷じゃないとアカン理由があからんかった。。。

    「五十嵐海里」x「ロイド」ですが、
    今までは、
    「ロイド」が「五十嵐海里」に助けてもらったという関係でしたが、
    今回から「友達」というか「親友」な関係になりました!
    どうだろう?

    ただ、
    かぐりんも年の離れた友達が結構いますが、
    そういう存在がない人は作った方がいいぞ!
    間違いなく世界が広がるし、楽しい!
    でも、
    男性同士に限る。
    かぐりんだ男子なんで、男子のみの話しな。
    これ、
    客観的に見てですが、
    女子には当てはまらない気がするんです。。。
    どうですかね?


    今回登場した霊な。
    悪霊化してる感じの、
    生きてる人間を傷つけることができる系の霊はアカンな。
    なかなか、
    お目にかかれないけど、
    って、
    お目にしたら本当に怖いだろうなぁー。
    生きてるときもめんどくさそうで嫌。
    死んでも、
    生きてても、
    嫌な奴ってのは嫌な奴のままなんでしょうかね?
    来世はステキな人になってください!


    夏神さんがお墓参りに行ってる!
    それはいい。
    つか、
    今回は本当に居ても居なくてもいい感じになってないか?
    扱いが・・・。


    良いことなのか悪いことなのか、
    「五十嵐海里」の芸能人時代と、
    今のばんめし屋時代にギャップがありすぎて、
    微妙に、
    違和感があってキモイ。


    そうそう!
    なんで今まで気が付かなったのかと自分自身に疑問を感じた。。。
    「ばんめし屋」って、
    いわゆる、
    新宿だったら「めしや」ってことで、
    深夜食堂じゃないか!
    と、
    気がついて、
    なんだかどっちに通い方か考えちゃったら・・・。
    「みづは」が1番通いたいお店でふ笑

全5件中 1 - 5件を表示

椹野道流の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

最後の晩ごはん 海の花火とかき氷 (角川文庫)はこんな本です

最後の晩ごはん 海の花火とかき氷 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

最後の晩ごはん 海の花火とかき氷 (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

最後の晩ごはん 海の花火とかき氷 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

最後の晩ごはん 海の花火とかき氷 (角川文庫)のKindle版

ツイートする