陽のあたる坂道 (角川文庫)

  • 50人登録
  • 3.50評価
    • (3)
    • (6)
    • (9)
    • (2)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 石坂洋次郎
  • 角川書店 (2006年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (574ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041095249

陽のあたる坂道 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • かなり前に書かれた本だけど、そんなに古さを感じなかった。
    若者らしいこだわりや、迷い、戸惑いなど、それぞれ人は迷いながら、手探りしながら、進んでいくんだろうと思う。
    どれだけ、自分の迷いとまっすぐ向かいあうか?真摯に向かい合うだけ、人は深くなっていけるのではないだろうか?
    一番わからないのは自分かもしれない。だからこそ、いっそう面白いのかも。

  • 2017/10/18

  • この言葉の言い回し。時代を感じる。気恥ずかく苦しささえ覚える。
    今は、感じたり考えたりしている事がらを、真正面から素直に言葉に置き換えるよりも、受け取る相手の気持ちも自分の気持ちもオブラードに包んで、雰囲気込みで感じ取りあう関係が多いように思うから。
    この小説のこの気恥ずかしい感じは、終戦後の自由を味わい始めた若者独特のものなのかな。

  • 超レトロな会話がとても新鮮。とても世間が狭くてご都合主義で話が進むが,娯楽小説としては面白い! 当時映画化され,主役を石原裕次郎がしたらしいというのを知っていたからか,どうもその顔が浮かんでしまい…あて書き? それにしても人物が面白い。特にすまして陰でめちゃくちゃな雄一〜

  • 何年か前に読んだ作品です。
    <石坂洋次郎>という作家は、
    お付き合いのあるおじさまたちに教えていただきました☆

    この本と出合えてよかったです♪

  • とにかくこの時代が雰囲気が好き。この頃に行ってしばらく生活してみたい。
    今よりちょっとだけゆるいテンポな気がする。


  • /時はたそがれ母よ 私の乳母車を押せ
     泣きぬれる夕陽にむかつて りんりんと私の乳母車を押せ

    という三好達治の《乳母車》が引用されていたことがとても新しい物へと導いてくれたような気がしました。
    陽のあたる坂道、これは石坂裕次郎をイメージして書かれた読売新聞に掲載された小説らしい(残念なことに映画はまだ拝見していない。)
    物語は女子大生のたか子が裕福で幸せそうな経営者の田代玉吉の娘、くみ子の家庭教師に抜擢され家へ田代家へ出入りするところから始まります。
    しかしその裕福で幸福そうな、一見どこにでもありそうな普通の家族にはいろいろな秘密が隠されていて、女子大生のたか子が関わること(それはたか子が望んでしていることではなく、どうしようもない人間関係に付き纏う物のこと。)で、また違った方向へと導かれていく家族たち。しかしその中でも懸命に人生を肯定的に切り開いていく人々の姿に心を打たれます。

    青春小説。
    と一言で言えてしまう爽やかで心満ちていく作品でした。

    (2009.05.09)

全8件中 1 - 8件を表示

石坂洋次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
梨木 香歩
村上 春樹
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

陽のあたる坂道 (角川文庫)はこんな本です

陽のあたる坂道 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

陽のあたる坂道 (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

陽のあたる坂道 (角川文庫)のKindle版

陽のあたる坂道 (角川文庫)の文庫

陽のあたる坂道 (角川文庫)の文庫

ツイートする