図解 先送りできない日本 日本の課題40

  • 113人登録
  • 3.15評価
    • (3)
    • (3)
    • (16)
    • (5)
    • (0)
  • 15レビュー
著者 : 池上彰
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011年12月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041100776

図解 先送りできない日本 日本の課題40の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 朱と黒の2色刷りで、学校の教材みたい。実際、現代社会の授業で使えばいいのに、と思う。東日本震災、野田首相の頃の時事ではあるが、今の日本を理解するうえでのざっくりとした復習として読むといいと思う。

  • 学べるニュースの方が分かりやすかった。
    そっちと内容重複してるところも多くて。

    ▼グローバル社会
    30年もすればG7はBRICsに抜かれる
    ▼TPPと日本の農業
    日本の農業の高齢化問題
    りんごなどは輸出好調
    ▼日本の変化
    いろいろ民営化
    製造業の六重苦(高い法人税率、高い人件費、関税、厳しい環境制約、円高、電力不足)
    ▼巨龍
    レアアースは中国独占
    中国、インド、ASEANは世界の工場から世界の市場へ
    ▼ものづくり日本
    起業リスク高くて起業割合低い
    GNTでがんばってる

  • 2015/7/14読了。

    なんか、いつもの池上さんの本に比べたら読みにくかったような気もする。

  • 池上さんの本はいつもシンプルにわかりやすく説明されていますので、現在の日本の問題を理解するには、初心者にも理解しやすく良い1冊だと思います。

  • 政権交代前に書かれた本なので一部古くなってしまった情報もありますが、まだまだこれからの課題として日本人全員が考えていかねばならない情報もたくさん載っています。たとえば、海外へ進出する日本の製造業企業について、その背景にある六つの理由(最近は四つでしょうか)をご存知ですか。民営化の意義とそのメリット・デメリットは何でしょうか。この本では、そういった事柄が豊富に図を用いてわかりやすく説明されています。
    (創造エネルギー専攻 M1)

  • アメリカはブッシュの自d債にトウモロコシをい食べ物としてではなくバイオエタノールとして使い政策を推進したから、世界中で穀物が不足した。
    日本の野菜、果物は台湾、香港で人気がある。
    グローバルニッチトップ企業には日本企業が多い。

  • 似たような著作を以前読んだので、それの詳細版かと思ったのですが、
    それとほぼ似たような内容でした。

    もう少し突っ込んだ内容を期待してましたが、それは難しいようで。
    各論に当たるしかないのかなと。

  • 内容が薄すぎる

  • 少子高齢化や世界一の国債など、国民としてキチンと考えないといけない事を分かりやすく解説してくれている本でした。

全15件中 1 - 10件を表示

池上彰の作品

図解 先送りできない日本 日本の課題40はこんな本です

図解 先送りできない日本 日本の課題40を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

図解 先送りできない日本 日本の課題40を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

図解 先送りできない日本 日本の課題40の作品紹介

TPP、原発、ものづくり、財政問題…解決を先送りにしてきた山積みの日本の課題たち。わたしたちの問題を総解説。

ツイートする