雪と珊瑚と

  • 1762人登録
  • 3.98評価
    • (217)
    • (295)
    • (176)
    • (24)
    • (3)
  • 350レビュー
著者 : 梨木香歩
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012年4月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041101438

雪と珊瑚との感想・レビュー・書評

  • 本当に丁寧に、ていねいに書かれた本だなあ、としみじみ感じる。最近お料理本ってすごく多いけど、基本となる物語部分がもっとずっとしっかりしてて一線を画すと思う。無理に全てに収集を付けない終わり方も好き。冬虫夏草みたいな感じでいつか続きのお話が読めたらいいな、と思った。

  • 「西の魔女が死んだ」や「家守綺譚」でプロットがしっかりとしたインパクトのあるある人の人生を描いた作品を各一だなあと印象のあった梨木香歩さんの「雪と珊瑚と」を読了。

    主人公は自信の母親からのネグレクトの経験があり、また自信はあまりに若い二人が結婚した故の行き詰まりからシングルマザーとなった21歳の珊瑚が、周りやさしい人たちに助けられながらしっかりと我が子珊瑚の子育てをしながら自らのカフェを開き頑張って行くお話だ。

    人の優しさ、珊瑚を助ける修道女であった経歴のあるくららさんとの出会い、彼女と珊瑚の生き方に関するコミュニケーションがこの本の大事なお話の中心ではあるのだろうが、もう一つ大きな魅力であり人が生きる上で大事な物と描かれているのが食べるという事だ。この本のメニュー本が欲しくなるくらいに次から次においしそうでかつ凄くヘルシーな感じの料理が描かれていて、それらの料理が確実に人を幸せにしていくだろうという予感があふれている作品で、食べる事大事さを伝えている料理の数々がすばらしい描写で読者に届けれるところが凄い。

    話の最後に珊瑚がはじめて言葉を話し始める下りは自分の娘のその時期の事を思い出させてくれ、歳により涙腺が緩んでいるのか電車の中で涙を落とさないようにあるのに困った心あたたまるシーンとなっている。

    そんな力強いシングルマザーの素敵な生き方が描かれた作品を読むBGMに選んだのはDiana Krallの"Live in Paris"。
    何度聞いてあきのこない素敵な歌声だなあ。

  • レシピ欲しいなぁ
    出てくるメニューの美味しそうなこと。
    レシピ本、欲しいんだが。
    珊瑚は那美が言うように、いい加減になれない性格だなぁ。カフェ開くモチベーションについても、疲れた働き人が元気になるようなご飯なんて大義名分掲げてるけど、その実、幼少期の食への渇望による単なる執着心だったんじゃないかとか、いろいろ自己分析してたけど、確実に半径数百メートル以内?の人々を食で幸せにしてるんだから、気にしなくていいのに。美知恵の手紙読んで、傷つくだけじゃなくていちいち内省してしまう。
    そういう時はウギャーバッキャーローって叫んで、手紙破り捨てて忘れちゃえばいいのに。最終的には、合わないってことも受け入れちゃうんでしょ。不器用なんだか、強いんだか。
    毎回だけど、梨木香歩さんの書くものは、大樹のように優しく。
    泰司とか、珊瑚の母保子とか、虐待する母親とかの話出てくるんだけど、無責任な人たちなんだけどさ、読んでて憎めないのは、梨木さんが、ハナからそういう人たちを否定するスタンスじゃなくて、だからって受け入れもしてないけど、見守るっていうのかな。眼差しが優しいから、読んでるこっちもいつの間にか同じ目線になってるってことなんだと思う。
    ラスト、雪がおいちいねぇって言ったところ、宝石姫の口からこぼれた宝石なんて、まさしくまさしく、なんてぴったりで可愛らしい表現。くららさんって、ウエスト夫人がモデル?とか、勝手にそんなイメージで読んでた。
    あと、リーズナブルの意味。貴行が言ってたことと同じようなこと、ちょうど考えてた、というか、別の本の受け売りだけど。
    もう少し掘り下げて考えたい。

  • 世界観がすき。
    小学校か中学校のころ西の魔女が死んだを読んだときもなんとなく感じていた世界観だけど、
    当時はそんなに惹かれなかった。

    いま、休日にカフェめぐりをしたり
    庭で植物を育てたりするのにはまっているから
    余計にすきだなぁと思うのでしょう。

  • 久しぶりに梨木香歩さんの小説が読める幸せ。
    シングルマザーで赤ん坊の雪を育てる珊瑚が、親友で助産婦の那美や、雪を預かってくれるくららさん、くららさんの甥らとの出会いを通して食べること 体に優しい食材 の大切さを感じ、有機野菜を使ったお惣菜カフェを始める。

    くららさんが昔修道院にいたという経歴が、なんだかとても梨木香歩さんらしく…

    丁寧に下調べをして書き上げられた作品、という印象が彼女の作品にはどれもある。

    体に染み込むような、優しくも力強い料理の数々。
    変に頑固で誇り高い珊瑚。珊瑚に悪意を向ける美恵子という人の黒さ。母に放棄された珊瑚自身の思い。



    やはりただの、美味しそうな、あたたかいだけのお話ではなかった。

  • 久しぶりの梨木香歩さんの小説。彼女の物語は、その展開というよりは、紡ぐ言葉の美しさゆえにページをめくる手が止まらなくなる。
    美味しそうなたくさんの料理、お店を開くまでの結構リアルな描写、信仰について、親子について。もう一度読み返したいところがたくさんあった。

    とりあえず言えるのは、赤ちゃんの描写がすごいってことかな(笑)言葉だけで「かわいい…」ってもだえてしまった…!

  • 「あんたの保証ならできる」

    いろいろ気になることが多くおわったけど、
    それでいいような気もしちゃう美味しいお話。
    自分が母だからか、親が子を信じてあげないとってセリフがすごくすとんと落ちた。
    信用される子でありたいし、こどもを信用できる親でありたい。
    オニオンスープ(P134)を作ったら夫にとっても好評だった♡

  • そうか、梨木香歩さんといえば「西の魔女が死んだ」の人だった。ハーブとか野菜作りや料理の話がたくさん出てきて気が付きました。いろんな問題が提起のままで話は終わってしまったけれど、一番大事なことはすとんと心に落ちる感じで終わりました。それが大事なんだよね。

  • 自身は、親からのネグレクトの経験のある21歳のシングルマザー珊瑚が、周りに助けられ、子育てをしながらカフェを開く話。

    カフェが軌道にのるまでの部分は、なんとも優しく、いいお話でした。
    終盤、珊瑚の生い立ちが明らかになるにつれて、やるせない気持ちになりましたが、珊瑚の強さに感心しつつ、雪と珊瑚親子を応援しながら読み進めていました。

    珊瑚の一番の協力者となったくららさんが素敵です。
    珊瑚のやっているカフェもとってもいい。近くだったら、絶対通うと思います。

  • 帯が大絶賛で、確かに梨木香歩さんは素晴らしいけれど!と、思いながらなんとなく西の魔女が死んだのような涙をイメージしていたのですが全く違いました。
    生きることってこういうことだ。と。
    最後に生きることに前向きになれました。

  • 「西の魔女が死んだ」を読んだ時と同じ感動を味わいました!

    誰にでも起こる気持ちの落ち込み、やる気の出なさ、スランプからゆっくりと元気を取り戻していく過程には、主人公をまるごと包み込む年配の女性の温かさ、心にも栄養を与えてくれる食事や生活スタイル。

    児童文学でもあり、大人の心にも沁みわたる物語です。

    食べ物には、その現実的な栄養素以外に、料理することで付け加えられる心に効く栄養が生まれることをしみじみ感じて、美味しいご飯作ろう!って気持ちになります。

  • 若きシングルマザーの珊瑚が、誰も頼れず見の保証もないどん底から、1人の優しい年配女性に出会ったことで自らの歩む道を切り開いていくお話。 梨木さんの文章には落ち着いた空気感が漂い、 緻密だけど控えめな心理描写があり、とても味わい深いです。 一人も悪い人が出てこない(珊瑚の性格がそうさせる?) 穏やかで優しいストーリーに癒されます。

  • 女手一つで雪を育てる珊瑚。
    でも、そんな珊瑚のまわりには、
    くららをはじめ、素敵な人たちがたくさん。
    近くに『雪と珊瑚』みたいなお店があると
    嬉しいんだけどねぇ。

  • 暖かい感じがする。

  • おかずケーキ美味しそうです。
    周りの人を味方につけることができるのも、周りの人に上手に頼ることができるのも、才能というか、能力だと思う。そういう生きる力って羨ましい。

  • 雪ちゃんと珊瑚さんの日々

  • 21歳、雪という子を持つシングルマザーの珊瑚が周囲の人々に支えられカフェを始める話。

    「西の魔女が死んだ」のおばあちゃんとくららの雰囲気が被る。あぁいう落ち着いた人生の先輩が身近にいるっていいなぁと思う。
    珊瑚が色々な人と関わる中で、自分の生い立ちを消化したり、プライドとどう向き合っていけばいいのか葛藤したり、相性の合わない人との関わり方を学んだりと成長していくところを読んで私も勉強させられた。
    心の書き方が丁寧で、黒いところも丁寧だから途中読みたくなるなるんだけど、それは私の黒い心と近いところだからだろうなと思った。なんども読み返すことで、私の気持ちにも変化が訪れそうな作品な気がする。


    物語の終わり方が、さぁ!駅の出店断り、色々あった美恵子や母が来店してくるかもしれないのに珊瑚の体がなかなか休まらない、これからどうなる⁉︎っていうところで終わってしまったので少しモヤモヤ。続編とかないのかなぁ。

    あと、珊瑚のやってるカフェみたいなのが近くにあったら私もそこに入り浸りたいっ!ってなった。
    雨の日の描写がなんとも素敵(´ω`)

  • だいぶ前に読んだものの登録し忘れ。
    珊瑚の状況があまりにするする行き過ぎて、安易なサクセスストーリーっぽい感じにどうしても乗れなかった。やんわりとはしているけれど、お説教をきかされている感じ。盛り込んである題材自体は興味深いのだけどな。それでも、「ピスタチオ」よりは好きかも。
    個人的に、アトピー=食物アレルギーみたいな書き方は少し気になった。

  • 「西の魔女が死んだ」が大好きなわりに、他の作品はほとんど読んだことがなかった梨木香歩さん。
    21歳、バツイチ子持ち、八方塞がり、ってなんだか他人事とは思えない…なんて(笑)

    くららさんとの出会いから、お惣菜とカフェのお店をオープンさせるまで、少しうまくいきすぎかなぁと感じるところも結構りましたが、純粋に応援したくなるのが不思議でした。
    珊瑚の達観していて落ち着いた性格がそうさせるのかもしれません。
    でてくるお料理は、食べる人を安心させるような優しいものばかり。
    農家の畑でのシーンもあり、素材そのものを味わえるような描写がとても良かったです。
    全体的に、とても丁寧に紡がれるお話でした。

    ただ、経営が軌道に乗り始め、新たな問題も出てきて、これからどうするの?といったところで終わってしまうのが残念。
    珊瑚と雪ちゃん、ここからの二人の成長が気になります。

  • 子どものころは虐待を受けて現在シングルマザーの珊瑚が突然習った料理でカフェを作る。奇跡的な周りの人の助けとか運のよさとかうまくいきすぎだけれど、つらいことばかりでなくてこんなことがあったらいいなあという話。美知恵さんがわざわざ手紙で辛辣なのがいい人だねえと思う。

  • 梨木香歩はりかさんや西の魔女~のあたり、多分児童向けなのかなという作品では女や人間の深部はわりと隠されている。少なくとも表面的には出てこない。
    どこかの作品からわっとそれを感じて遠ざかっていたのだけれど、この作品ではもやもやしたりやるせない薄暗い部分もはっきり描いてそれなりの落とし所をつけている風に感じた。

  • これ映画で、映像で見たい。とても美しい映画になるとおもう。

全350件中 1 - 25件を表示

雪と珊瑚とに関連するまとめ

雪と珊瑚とを本棚に登録しているひと

雪と珊瑚とを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

雪と珊瑚とを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

雪と珊瑚とを本棚に「積読」で登録しているひと

雪と珊瑚との作品紹介

珊瑚、21歳。生まれたばかりの赤ちゃん雪を抱え、途方に暮れていたところ、様々な人との出逢いや助けに支えられ、心にも体にもやさしい、惣菜カフェをオープンさせることになる……。

珊瑚(さんご)
21歳。家庭の事情により高校を中退し、20歳で結婚するが、約1年後に離婚。雪とふたりで暮らしている。

雪(ゆき)
珊瑚の子。生後約7ヶ月。

強くたくましく人生を切り開いていくシングルマザーのビルドゥングロマン!

ツイートする