TOKYO初夜ものがたり

  • 52人登録
  • 3.65評価
    • (2)
    • (13)
    • (6)
    • (2)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 梯久美子
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012年4月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041101506

TOKYO初夜ものがたりの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 誰にもあった最初のものがたり。どれも楽しく違う味があって一気に読んだ。

  • 281
    リリーフランキー、みうらじゅん、中村うさぎ、…

  • みうらじゅん、楳図かずお、中村うさぎ…夢と希望を抱いて上京し、東京で過ごす初めての日。彼らは何を思い、どうやって過ごしたのか。11人の有名人たちが語った無名時代の物語。

    今では各界で活躍している著名人も、田舎から東京へ出てきたばかりの頃はまだ若くて無名だった。「知らない」ことは当たり前で、それだけでなく「勘違い」から損をしたり迷惑を掛けたり・・・前へ進もうともがいて、なるようになれと流されて。笑いあり涙ありの「初めて」物語はどれもとても面白かった。皆10代後半から20代にかけて上京しており、今の私と年齢的に近いこともあって、有名人をぐっと近くに感じることができた。

    この本に登場している人々が上京した時代は70~80年代。現代と比べて、多少無茶をしても何とかなるし、そんな人がいても許してしまう寛容な人が多かった時代だったのではないだろうか。そのような、現代とは違う時代の空気をこの本から感じた。
    11人11色の生き方があり、それぞれが際立った色をして輝いている。現代は生き方の多様性が叫ばれているが、生き方が固定されているのは今と昔どちらなのだろうか。どのような人生を辿っていくかは時代や周りの環境よりも、本人の意思次第なのだろうと思った。

  • 各界の成功者の上京物語。予想以上に面白い。佐々木常夫さんの家庭環境に驚き。著書を読みたくなった。

  • 押しも押されもせぬ著名人達が無名時代、上京前後を赤裸に語る。成就に向って笑いあり涙ありのドラマ仕立てで構成されている。思いがけない素顔に触れることもでき貴重なひとときを過ごすことができた。

  • 11人の有名人の東京に出てきた頃の話を著者がインタビューして書き上げたもの。
    今は各分野で成功を収めている人たちが上京してきた当時のエピソードに思わず引き込まれてしまいました。それぞれの人の青春物語を耳元で語ってもらったような,そんなしみじみとした文章です。もっと他の人の上京物語も聞きたくなりました。

  • 私も上京してみたかったな・・・。
    リリーフランキーのが面白かった。

  • 11人の著名人の上京物語集。昭和のよき時代に上京した人が多い気がするが、駆け出しの頃の青春物語が詰まっていて面白い。つい自分が上京した時を思い浮かべてしまう。

  • 上京して初めての夜を、どこでどう過ごしたか? 11人の著名人のインタビュー集。「TOKYO初夜」は呼び水で、上京するまで、上京してからの思い出が次々あふれ出るように語られる。それぞれの話がそれぞれに味わい深く、青春っていいなと思えた好著。

全9件中 1 - 9件を表示

梯久美子の作品

TOKYO初夜ものがたりはこんな本です

TOKYO初夜ものがたりを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

TOKYO初夜ものがたりを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

TOKYO初夜ものがたりを本棚に「積読」で登録しているひと

TOKYO初夜ものがたりの作品紹介

11人が語った上京初日の出来事。

ツイートする